Google Maps for WordPress日本語版

Google Mapsを記事やページに挿入するためのプラグインです。地図の指定に住所やスポット、緯度と経度による指定も可能となっています。

Google Maps for WordPress(英語版)を日本語化したものです。

ダウンロードはこちらから(公開場所:SourceForge.JP)

なおこのプラグインと一緒にLightbox 2と一緒に使用する場合、Safariによる表示で不具合が生じることがあるかも知れません。不具合があった場合ははlightbox-2-wordpress-pluginフォルダ内のlightbox.phpに、ブログで紹介した修正をご自身で施すか、下記のzip書庫を解凍すると生成されるphpファイルへ差し替えてご使用ください。

Lightbox 2 修正ソースコード(zip書庫)
(サイズ:910Byte / 公開2008.06.23)

なお、そのうち公開場所を WordPress Plugins/JSeries にするやも、です。その際にはまたお知らせいたします。
プラグインの公開場所を WordPress Plugins/JSeries に変更いたしました!(2008年8月6日 追記)

インストール

zip書庫を解凍後、生成されるファイルを/wp-content/plugins/にアップロードしてください。その後プラグイン一覧にて有効化してください。

使い方

使用する前にGoogle Maps API Keyを取得する必要があります。Google Maps API Keyは次のリンクから取得してください。

Google Maps API – Google Code

プラグインを有効化すると『プラグイン』のサブメニューとして『wpGoogleMaps設定』のサブメニューが現れます。そのメニューを選択後、上記のサイトで取得したAPI Keyを入力して設定してください。

Your Google API Key appears to be valid!

の文字が現れればAPI Keyが有効になった証拠です。

プラグインが有効化すると記事やページの投稿ページに『Google Maps for WordPress』のオプションが選択できるようになります。オプション内は次の設定が出来るようになっています。

  • 地点名
  • 住所
  • 地点の説明
  • 地図の表示幅
  • 地図の表示高さ
  • オプション

地点名と地点の説明は地図上で表示される吹き出しに記載されるデータです。住所はランドマークを配置する位置で、住所の他にランドマーク名や「35.65856,139.74547」という形での緯度経度による指定も可能です。地図の表示幅と高さは指定しなければ、幅:100% / 高さ:400px で表示されます。オプションと指定できる内容は次の通りです。

  • マウスホイールによるズームを有効にする
  • ズーム/パンの調整を有効にする
  • 地図タイプの設定を有効にする(地図・衛星写真・両方)
  • この位置への経路を取得するオプションを表示する
  • この位置からの経路を取得するオプションを表示する

これらのオプションのうち上から4つまではデフォルトでチェックが付いています。必要に応じて選択してください。

使用例

このプラグインによる表示例はこんな感じです。設定は次のようにしてます。

  • 地点名:東京タワー!!
  • 住所:東京タワー
  • 地点の説明:言わずと知れた東京のランドマーク(^-^)
  • 地図の表示幅:デフォルト(100%)
  • 地図の表示高さ:450px

オプションの設定は次の通り:

  • マウスホイールによるズームを有効にする:ON
  • ズーム/パンの調整を有効にする:ON
  • 地図タイプの設定を有効にする(地図・衛星写真・両方):ON
  • この位置への経路を取得するオプションを表示する:ON
  • この位置からの経路を取得するオプションを表示する:OFF

[googleMap name=”東京タワー!!” description=”言わずと知れた東京のランドマーク(^-^)” height=”450″]東京タワー[/googleMap]


もし当プラグインに於いて日本語表記がおかしいところがありましたらお知らせください。

「Google Maps for WordPress日本語版」への40件のフィードバック

  1. 便利そうなので早速WP2.8.4へ入れてみました。
    プラグインは認識してAPIコードも入りました、しかし…Your Google API Key appears to be valid!というコメントがでないのです。
    何回やり直してもダメでマップも表示されません。
    試しに英語版をインストールしましたらあっさりと表示されました
    ちなみにMacOS-XでFireFoxから操作しています
    何故でしょう?

    1. コメントありがとうございます。
      ご連絡が遅くなり申し訳ありません。

      早速、当方の環境であるWinXP、FireFox、WP2.8.4で確認したのですが、
      残念なことに再現させることが出来ませんでした…。
      ただ、英語版でAPIキーが登録できたなら、日本語版に入れ替えても使用すれば問題なく動作するはずです。
      (なおAPIキーが登録できてない状態では英語・日本語にかかわらずマップは表示されません)

      マップの表示についてはご使用になっているテーマやプラグインなどが影響して表示されないことがあります。
      デフォルトのテーマに戻してみたり、有効になっているプラグインを全て一時無効にしてみたりして、
      マップが表示されるか確認していただければと思います。

      ちなみに英語版ではInternet Explorerにてマップが表示が出来ないという不具合がありましたので、
      マップを表示するためのコードについては英語版と日本語版では異なるコードにしております。
      (マップの表示に関するコードの変更についてはWinXPにて
       Internet Explorer、FireFox、Safariそれぞれで動作確認済みです)
      マップ表示についてデフォルトのテーマ・他のプラグインを停止させた上で、
      英語では表示されるのに日本語では表示されないなら、この改変が問題かも知れません…。

  2. プラグインの公開ありがとうございます。

    私はwordpress バージョン2.9.2を使っているのですが、
    投稿ページで「地図をエディターに送る」ボタンをクリックしても、
    エディタ領域になにも反映されませんでした。
    Javascriptのエラーを見ると、必要なJSファイルが読み込まれていなかったようなので、
    headerのphpにてJSファイルを読み込むように記述したところ、動作するようになりました。

    エントリーの表示ページでも同様の現象が出ていましたので、
    同じような対応で、無事、地図を表示させることができました。

    老婆心ながらご報告させて頂きます。。
    (便利なプラグインなので、ありがたく使わせて頂きます)

    1. コメントありがとうございます。

      早速ご連絡いただいた不具合について確認してみましたが、
      当方の環境では再現させることができませんでした。
      また、HeaderにおけるJavascriptファイルの読み込みについても問題なく、
      残念ながらご報告いただいた現象を確認することができませんでした。
      せっかくご報告いただいたのに
      その現象を確認できないがために無駄にしてしまうのかと思うと残念です…。
      なお、日本語版は英語版を日本語表示する改変しかしておりません。

      もしよろしければオリジナルである英語版でも同様に問題が起きるかどうか、
      ならびに問題が発生したときの環境(ブラウザなど)をご報告いただけましたらと思います。
      (ご報告いただいたところで当方で再現できるかどうか
       分からないのが申し訳ないところなのですが……)

  3. 当初日本語版を使用して、前記の状態でしたので、英語版も試してみましたが、
    同様の現象でした。

    >なお、日本語版は英語版を日本語表示する改変しかしておりません。
    ああ。。ということは本件の報告すべき先は違うかもしれませんね。。
    申し訳ありません。。

    ちなみに利用した環境は
    windowsXP(SP3)+FireFox3.6.2
    wordpress バージョン2.9.2
    でした。

    レスありがとうございました。

    1. 再度コメントを頂きありがとうございます。

      お知らせいただいた環境がたまたま手元にありましたので
      表示されるかどうか確認したところ当方では問題なく表示されております。
      プラグインのコード上ではWordPress独自の関数を利用して
      JSファイルへのリンクの記述をHeaderに書き出すようになっているので、
      もしかするとご使用になっているテーマに依存する問題かもしれません。

      もしよろしければWordPressインストール時に付随しているテーマ(Default)にて
      地図が表示されるかどうか確認してみてください。

      …こういうかたちでしかお力になれず申し訳ありません。

  4. こんにちは、全然、ブログが判っていないオッチャンです。
    京都の街あるきをしていて、最近、GPSロガーなるものがあるときき、いろいろ調べていました。
    付属のソフトで、地図上に撮影した写真と軌跡を記録できるとありますが、通常のブログにそれを再現できるか?という疑問には、どの方も応えてくれませんでした。
    今回、御紹介のプラグインを使う事で、それらも解消できるのではと思っていますが、一つ質問です。
    これらのプラグインは、汎用性のある、アメブロとかFC2ブログとか、yahooブログといったところでも、「HTMLタグを有効につかえる」ところであればOKなんでしょうか?

    1. コメントありがとうございます。

      私が公開しているプラグインはWordPress というブログサイトを独自で構築・管理するためのツールに対して、
      機能を追加するためにインストールすることでより便利に使用するためのプラグインです。
      従いましてyuzurin♪ 様が汎用性にあるブログサイトとして挙げていただいた、
      アメブロやFC2ブログ、Yahooブログなどの『レンタルブログ』と呼ばれているブログサイトでは
      残念ながら当プラグインを使用することができないと思います。
      理由はそれぞれのサイトではWordPressというブログツールを使用せずに
      各々が独自でレンタルブログの構築・管理をしているためです。
      (ただし WordPress.com というレンタルブログサイトは
       WordPressにて構築されているので使用することが可能だと思います)
      また残念なことに当プラグインは地図上に写真や軌跡を掲載するものではなく、
      ランドマークをピンポイントに示すだけのプラグインです。

      もし汎用性のあるブログサイトにて写真と軌跡を記録した地図を表示したいということでありましたら、
      地図機能と連動している写真共有サイトを利用し、
      写真を貼り付けた地図をHTMLタグを利用してブログに反映する方法が簡単だと思います。
      これには写真共有サイトにアップロードする写真にあらかじめ
      GPSロガーなどから取得した撮影場所を示す位置情報を追加しておく必要があります。
      (これについては使用しているGPSロガーにより方法が異なるので説明書などで確認してください)

      ざっと調べてみましたが、
      ご希望の機能を使用するのなら『Picasa ウェブアルバム』という写真共有サイトと
      Googleマップのマイマップという機能を組み合わせて使用すると良さそうです。
      方法などは下記のサイトをご覧ください。

       Picasa ウェブアルバム Googleマップに写真の撮影場所を登録する Webアプリのいいところ

      また、このほかにもGoogleなどで検索を掛けると様々な方法が出てくるかと思います。
      いろいろ調べてみてくださいましたら幸いです。

  5. 大変、参考になりました!御親切に、サイトまで御案内いただき、感謝です。
    まず、GPSロガーを買ってから少しづつ、サイトを立上げて行きたいと思います。
    ありがとうございました♪

  6. プラグイン大変便利ですね、ありがとうございます!
    地図表示時にポイントの右上に表示される、住所や説明の吹き出しを
    デフォルトで非表示にさせる事は出来ないでしょうか?
    お忙しいところ恐縮ですが、ご回答のほどよろしくお願いいたします。

    1. コメントありがとうございます。

      吹き出しの件ですが、残念ながらプラグインの機能としてはありません。
      しかしながらプラグインに同梱されているJavaScriptファイルのうち、
      地図表示をさせているコードの一部をコメントアウトすると非表示にできるようです。

      その方法ですが、プラグインのソースが納められているフォルダ内にある
      jsフォルダにある wp-google-maps.js というファイルを改変します。
      改変箇所はこのファイルの103行目から115行目辺りにある
      if文からelse文までの条件文一式をコメントアウトさせるだけです。
      なお該当箇所を/**/で挟むことでコメントアウトとなります。
      これで吹き出しは表示されず、ポイントだけの表示になると思います。

      ただ、吹き出し表示用のコードを強制的にコメントアウトさせているだけなので
      プラグインのアップデートなどをした場合は
      この箇所を再度コメントアウトしておく必要が出てくると思います。
      その点だけお気を付けいただければと思います。

  7. はじめまして。
    じごぼうと申します。

    大変素晴らしいプラグインありがとうございます。

    実は、プラグイン導入に際して、うまくいかない点があって、
    ご相談させていただこうと思いました。

    何点かうまくいかない点を列挙いたします。
    1.「Your Google API Key appears to be valid!」というコメントが出ていません。
    (updated=true)にはなりますが。。。

    2.投稿する際にgoogle mapの入力するところは表示されますが、
      地図をエディターに送ると、

    メッセージ: ‘wpGMapsAdmin’ は宣言されていません。
    ○○○○○/wp-admin/post.php?post=28&action=edit

    という、エラーが発生しています。
    結果、画面表示されない状態です。

    環境は、
    IE8,Vista,バージョン Google Maps for WordPress1.0.3,WordPressバージョン 3.0.1です。

    お忙しいとは思いますが、
    なにとぞご教授くださいますようよろしくお願いいたします。

    1. コメントありがとうございます。

      お知らせいただいた不具合について私の環境で試したものの、
      いずれの不具合についても再現させることができませんでした。
      折角の情報を有効に利用することができず申し訳ありません…。
      なお、当方において確認を実施した環境は以下の通りです。
        Windows 7
        IE8 & Firefox
        WordPress 3.0.1
        Google Maps for WordPress 1.0.3
        Apache 2.2 / PHP 5.2.12. / MySQL 5.1.40

      私が公開している当プラグインですが
      基本的に英語表示を日本語表示にしているだけのため、
      プラグインの動作については把握し切れておりません。
      (投稿記事にて地図を表示する際にブラウザにより不具合がでたので
       地図表示に関するjavascriptコードのみは独自で改変しております)

      そこで大変お手数ではございますが、
      上記のリンクまたは管理画面の左にあるメニューのプラグインより
      Google Maps for WordPress英語版をダウンロードしていただき、
      インストールして同様の不具合が発生するか確認していただければ幸いです。

      なお英語版にてGoogle Maps API keyが設定できた場合は、
      その状態で日本語版に差し替えていただくと
      問題なく動作したという情報もありますのでお試しください。

  8. Google Maps for WordPress 日本語版プラグインを利用したくダウンロードしました。
    解凍後プラグインフォルダに設定しました。
    このプラグインを有効化しようとしたところ、次のメッセージが表示され有効化できませんでした。
    WordPres 3.1.3の元で有効化しようとしました。またブラウザはGoogle Chromeです。

    「Parse error: syntax error, unexpected T_STRING, expecting T_OLD_FUNCTION or T_FUNCTION or T_VAR or ‘}’ in /home/sites/heteml/users24/o/l/d/oldponta/web/wp3/wp-content/plugins/google-maps-for-WordPress_i10n/wp-google-maps.php on line 72」

    原因は何処にあるのでしょうか?お手数でもご教授ください。

    1. コメントありがとうございます。

      ご報告いただいたエラーについて検証しましたが再現することができませんでした。
      折角ご報告いただいたのに有効に活用できず誠に残念です。
      なお私が検証した際の環境は以下の通りです。

        Windows 7
        IE9 & Firefox4 & Google Chrome
        WordPress 3.1.3
        Google Maps for WordPress 1.0.3
        Apache 2.2 / PHP 5.2.12. / MySQL 5.1.40

      ちなみに当プラグインですが、
      オリジナルである英語版を当方にて日本語表記に変更しているだけのものです。
      英語版でも同様のエラーが発生した場合は英語版から引き継がれている不具合と考えられます。

      ただ、お知らせいただいたエラーについて懸念する点としまして、
      ご使用のサーバーにインストールされているPHPがPHP5ではなくPHP4ではないかという点です。
      というのも、オリジナルである英語版はPHP5以上で動くように作られているため、
      日本語版も同様にPHP5以上でしか動作しないことが考えられるからです。
      ご使用のサーバのPHPがPHP4であり、どうしてもPHP4にて動作させたいということでしたら
      下記のリンク先を参考にソースコードを変更していただけましたらと思います。

      おやじプログラマー日記: PHP5のソースをPHP4で動作させた時にはまったこと

      1. お返事有り難うございました。
        使用しているサーバー(ヘテムル)にはPHP5がインストールされています。
        現在使用しているのはWindowsXP SP3の環境です。

        Windows7の環境下で英語版もインストールして確かめたいと思います。
        何か判明したらまたお知らせいたします。
        返信が遅れ申し訳ありません。

      2. WindowsXPの環境で英語版のプラグインを組み込んでみました。
        エラーなどが発生せず有効化できました。

        まだWindows7での環境で確かめてはいません。

        取り敢えず中間報告まで。

        1. お忙しい中、動作確認していただきありがとうございます。

          英語版なら動作するとのご報告から、日本語表示するためのコードに問題があると考えられます。

          ダウンロードしたファイルの中にある wp-google-maps.php をメモ帳などで開き、
          61行目あたりにある、次の2行をコメントアウトして有効化してエラーが発生するか確認してみてください。
          (行の先頭に 「//」 を付けるだけでコメントアウトすることができます)

          define('GGLMAPWP_DIR_PATH', dirname(__FILE__));
          load_plugin_textdomain('GoogleMapsWP', 'wp-content/plugins/' . basename(GGLMAPWP_DIR_PATH) .'/languages');

          また、コメントアウトして動作するようであれば上記で行ったコメントアウトを解除して、
          2行目の load_plugin_textdomain… の行を次の行に差し替えて実行してみてください。

          load_plugin_textdomain('GoogleMapsWP', false, basename(GGLMAPWP_DIR_PATH) .'/languages');

          お手数をおかけしますがよろしくお願いいたします。

          1. お返事有り難うございました。
            所要で外出していて確認が遅れて申し訳ありません。

            ご指摘の通り61行目からの2行をコメントアウトして有効化してみました。
            結果は当初と同じエラーが発生して有効化できませんでした。

            まずは中間報告まで。

        2. 度重なる動作確認ありがとうございます。

          当方が公開している日本語版のソースでのみエラーが出るということで
          1つ気になる点がでてきましたのでお試しいただければ幸いです。

          上記の返信にて示したコードの前後に次のような記述があります。

          // <-- 20080528 kny Edit

          このコードの先頭にある「//」を「#」に変更してみてください。
          それでもエラーが発生するようでしたら上のコードがある行をまるまる削除して実行してみてください。

          英語版では発生しない点から考えられる箇所としてあげてみました。
          お時間がございましたらお試しください。

  9. 本日、プラグインを利用させて頂きました。ありがとうござます。

    私も、Your Google API Key appears to be valid!が表示されず、エディターに送るを押しても反応しませんせんでした。解決済みかもしれませんが、参考までに投稿させて頂きます。。

    日本語版をダウロードし、プラグイン-アップロードでインストールすると、プラグインのフォルダ名が「google-maps-for-WordPress_i10n」となり、有効化になっても動作しません。

    そこで、解凍してpluginフォルダに「google-maps-for-WordPress」を作り手動でアップロードしてから、有効化すると動作します。

    [CMS] WordPress 3.1.3
    [レンタルサーバ] ISLE infinito
    [サーバOS] Windows
    [PHP] 5.2.9-2
    [データベース] MySQL 5.0.83-community
    [WEBサーバ] Microsoft-IIS/6.0

    1. コメントありがとうございます。

      ご報告いただいた事象について確認の上、早速修正をかけさせていただきました。
      今まで気づけなかったので大変助かっております。

      また何かありましたらご報告いただけましたら幸いです。

  10. はじめまして。Crystaと申します。
    WordPressフォーラムに投稿してしまってからこちらを見つけました。
    マルチポストの失礼を承知でご連絡いたします。
    よろしくお願いいたします。

    [以下、フォーラムの投稿内容と同じです]
    新規にWP3.2をインストールしてプラグインの動作チェックをしたところ、Google Maps for WordPress(日本語版)で以下のエラーを確認しました。
    マップ自体は正常に表示しますし、動作にも不具合はないのですが…

    Warning: call_user_func_array() [function.call-user-func-array]: First argument is expected to be a valid callback, ‘wpGoogleMaps::setLinkCSS’ was given in /インストールルート/wp-includes/plugin.php on line 405

    ちなみに、本家版ではどうかなと試したところ、新規インストールでは、目に見えるエラーは何も発生しませんでした。
    本家版・日本語版ともに、3.1xから3.2にアップグレードした場合のテストはしていません。
    頼りないご報告でごめんなさい…

    このテストの動作環境は以下のとおりです。
    WordPress3.2(新規インストール)
    サーバ:CPI
    OS:FreeBSD 6.2
    Apache/1.3.37 Ben-SSL/1.57 (Unix)
    PHP:5.2.8
    MySQL:5.0.45

    1. コメントありがとうございます。
      ご返答が遅くなり申し訳ありません。

      ご報告を受けて早速調査させていただきましたところ、
      当方が独自に組み込んだコードが中途半端だったために発生していることが判明しました。
      修正としましてはwp-google-maps.phpの421行目ほどにある、
      次の記述をコメントアウトしていただけましたらWarningが出ないようになると思います。

      add_action('wp_head', array($wpGoogleMaps, 'setLinkCSS'));

      なお当不具合を修正したものは上記ダウンロード先において
      最新版として公開しましたので差し替えてご使用いただいても構いません。

      最後になりましたが、ご報告くださいましてありがとうございました。

  11. とても便利に利用させていただいておりますが、表示地点を住所ではなく、緯度経度で指定できないのでしょうか?Google Maps Anywhereというプラグインでは、緯度経度の指定となっておりますが、こちらのプラグインの方が気に入っているので、これが可能だと最高です!

    1. コメントありがとうございます。
      ご返答が遅くなり申し訳ありません。

      緯度経度による地点の指定も可能です。
      記事投稿欄の下部にある「Google Maps for WordPress」内の「住所」の欄に、
      緯度、経度の順に「,(半角のコンマ)」で区切って入力してみてください。
      具体的には「35.65856,139.74547」というような値です。
      なお、「地点名」ならびに「地点の説明」に何も入力しなければ
      吹き出しの中には緯度と経度が表示されます。
      必要に応じて入力してください。

  12. こんにちは。ninoと申します。
    マップを表示させると以下のダイアログがでてしまいます。
    Google has disabled use of the Maps API for this application. The provided key is not a valid Google API Key, or it is not authorized for the Google Maps Javascript API v2 on this site. If you are the owner of this application, you can learn about obtaining a valid key here: http://code.google.com/apis/maps/documentation/javascript/v2/introduction.html#Obtaining_Key

    ただ「wpGoogleMaps設定」では
    Your Google API Key appears to be valid!
    とでています。
    Google Maps for WordPress 1.0.3-ja1.0.3
    WordPressは3.5.1日本語版です。

    是非使わせて頂きたいと思っておりますので、何かわかることがありましたら
    アドバイス頂けるとうれしいです。
    宜しくお願い致します。

    1. 色々調べて色々試して、何故か直りました。。。
      Googleの設定のようです。
      おそらく「Google Maps Coordinate API」と「Google Maps Geolocation API」を有効にさせたことで直ったのだと思います。
      検索するとスクリプトのせいかもしれないと書かれているところもあり、何がいけないのかまったくわからずv2やv3に切り替えたり指定siteのURLを色々試したり。
      すみませんでした。
      どなたかの参考になればうれしいです。

      1. コメント並びに問題解決のご報告ありがとうございます。
        ご返答が遅くなり申し訳ありません…。

        ご報告いただいたところ誠に恐縮なのですが、
        当方ではプラグインの表記を英語から日本語に変更するための改変のみ実施しているため、
        プラグインの根本的な動作に関わるスクリプト等に関しては把握しておりません。
        nino さんのご報告に対して直接お役に立てそうになく申し訳なく思います。

        日本語化させたことによる不具合でしたら当方にて対応いたします。
        日本語版において不具合がありましたら遠慮なくご報告ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です