Ubuntuパソコンの有線LAN認識不良と回避方法

最初に断っておきますが、回避方法といっても代価機器を購入しただけですので大層なことは書いてません :mrgreen:

以前にLavie G君でXubuntuで有線LANが使えないと次の記事で書いてたと思います。

結局のところXubuntuにしようがUbuntuにしようが、オンボードの有線LANは使えないということが判明。というのも、Terminalから

$ ifconfig

を実行したところ、本来なら有線LAN・無線LANにかかわらずシステムがNIC(ネットワークカード)を認識していればeth*(*は数字が入ります)として出てくるところが出てこないから。無線LAN用のPCカードを挿して同様にコマンドを実行すればeth*と出てくるし、実際PCカードを挿せばネットワークに繋がりましたし。

で、その原因はというと、このLavie君に使われているIntel Corporation 82557/8/9/0/1 Ethernet Pro 100がNICとして自動認識してくれないから。Terminalから

$ sudo lshw

$ sudo lspci | grep Eth

などをを実行すると、Ethernet controllerとしてこの名前が出てきてるのでハードウェアとしては認識していると思うんですけどねぇ。ちなみにこのNICをUbuntu(9.04)上で認識させる方法を検索してみましたが、今のところ見つけることは出来てません 😛

…まぁ、家で使う分には無線LANでなんにも問題はないのですが、夫の職場へ半ドナドナ状態の上に職場では有線LANしか使えないとのこと。なのに有線LANが使えないとあってはアップデートやらなんやらで結構問題があると考えたわけで…。

そんなこんなで有線LANポートのPCカードを近くの家電量販店で新たに購入することにしました。実際に購入したのはこちら。

IOデータ製の同様機能を持つ機種もあったのですが、使用している無線LAN用PCカードがBUFFALOで、同じBUFFALO製の方が問題も少なかろうと思ってこちらにしました。

で、実際に接続したときの認識結果は問題なし。Ubuntuを起動させて購入したPCカードを挿すだけでUbuntu君はLANポートを認識してくれました。Terminalから

$ ifconfig

を叩いたときも問題なくeth0の文字が出てきてましたし。…ただ、ケーブルを繋いで実際に動作するかまでは試していませんけどね(夫が帰ってくるのと一緒に一時帰宅をしてるのでケーブルを繋いで試す暇がないのです…)。

最良の方法はオンボードのNICをUbuntuに認識させるのが良いのですが、職場で使っているものを一時帰宅させている以上手間はかけていられませんし、システムをいじって不具合が起きると目も当てられない状態になってしまうので。というのもLavie君に付いてるCD/DVDドライブがそろそろ限界のようで、読み取りにガチャガチャ言った後エラーを起こしてくれることがザラでして…。

今はこれで解決! …ということにしておきます。ま、1つの結果に対していろんなアプローチがありますからね 🙂

携帯からの連絡フォームの利用で文字化けしてました…

今日の14時前ぐらいに私のブログの連絡フォームを通じて携帯から連絡をくださった方がおられました。アドレスからソフトバンクを利用してお送りいただいたようなのですが、残念なことにタイトルと本文が完全に文字化けしてました。

で、「もしかして携帯から送るとそうなるのか?」と、自分の携帯から送るとビンゴ! 携帯から送るとどうも文字化けしてしまうようでした。

そこで早速グーグル先生に質問。連絡フォーム用のプラグインとして『Contact Form 7』をしようしているのですが、これだけでは携帯から連絡フォームを利用して連絡してもらうと文字化けが発生してしまう模様で、プラグインのソースで携帯使用時は文字コードを変換して送るようにを改変してあげなければならないとのこと。面倒だなぁ…と思ってたところ、それに対応したモジュールを公開してくださってる方が居ました。そのリンク先はこちら。

icoro : Contact Form 7 2.0用の携帯対応モジュール ? その2

ちなみにこのモジュールを使用する場合はContact Form 7だけでなく、『Ktai Style』というブログを携帯に合わせて最適化して表示してくれるプラグインも必要です。反映方法は意外に簡単。モジュールのzipファイルを解凍して、Contact Form 7のフォルダの中にあるmoduleフォルダに放り込むだけ。反映させて自分の携帯からテストをして問題なく送信できていることを確認してます。

…そんな訳で携帯からの連絡フォームを利用した連絡も可能になってます。安心して携帯からお送りくださいね。

#連絡をくださった E a さん、もしよろしければコメント欄や連絡フォームを通じてご連絡くださいますようお願いいたします m(_ _)m

Xubuntu君で電源が落ちない対策(for acpi対応でない古いパソコン)

先日、Xubuntu日記と称して家でお役ご免となったパソコン・LaVie G type M君にXubuntuをインストールしましたが、夫が職場でそこそこ動くパソコンが足りないからと持っていくことになりました。が、職場にはパソコンに疎い方も使う…ということで、XubuntuパソコンからUbuntuパソコンにLiveCDからインストールし直し、夫の職場へ半ドナドナ状態になりました。(半ドナドナ状態なのは、夫がもし退職することになったら帰ってくるため)

その後、職場での使い勝手を聞くと、職場の人たち曰く「Windowsと変わらない使い勝手」だそうで、文句も出ることなく使っているそうです。…まぁ、パソコンとかに親和性の高い比較的若い方が使っているそうですから。私としてもXubuntu入れただけで終わってしまいそうな状態から一変できたので良かったです。…ただ、職場には無線LANが構築されておらず、有線LANに繋がらないLaVie君なのでUbuntuのアップデートとか職場で一切出来ないのですが 😛

…で、今回は別のお話。

昨日、夫が職場からパソコンを持って帰ってきました。何でももう古くてどうしようもないからUbuntuを入れるとかで。…というより、入れた後OpenOfficeが途中で固まるからという理由だそうです。LaVie君にインストールした手応えとして、システム入れただけではそう固まることがなさそうな感じだったので、Ubuntuを入れたパソコンの基礎スペックを聞きました。が、「わからない」と。なんですとぉ!!といった感じです 😐

まぁ、パソコンのBIOS君に聞く方法もグーグル先生に聞く方法もありますから確認してみました。そうして判明したスペックがこちら。

  • Fujitsu FMV-6366NU4/L
  • CPU: Pentium 2 366MHz
  • メモリ: 128MByte(最小32M・最大256M)
  • HDD: 4.3GByte
  • OS: Windows 98

…てか、このスペックじゃあきついでしょ…。ということでデスクトップをXfec環境に変更することにしました。

続きを読む Xubuntu君で電源が落ちない対策(for acpi対応でない古いパソコン)

WordPress環境を吹っ飛ばす・そして個別記事表示不良の復活

…といっても吹っ飛ばしたのはテスト環境であるローカルのWordPressなのですが。

このところWordPressのバージョンが2.8になったということで、先に公開しているブログの方を自動でアップデートしてしまっていました。(自動アップデートでサーバ上のファイルが消えると聞いたのはその後なんですが。今から考えるとちと恐ろしい… 🙁 )

で、折角なのでローカルの方もバージョンを上げてしまえ! ということで、ローカルでも自動アップデートをしてみたんですが、なぜかアップグレードが動かない。ま、仕方ないし手動でアップデートしようと、WordPress2.8の書庫ファイルをダウンロードして来たところまでは良かったのです。WordPressをアップデートしようとローカルにあるWordPressのフォルダを見ながら「プラグインフォルダとテーマフォルダは残しておいて…」と思っていたのに、何を血迷ったか、wp-config.php以外をすべて削除してしまったのでした。そう、ゴミ箱へ移動ではなく消去。気付いたときには時すでに遅し。WordPressのあったフォルダにはwp-config.phpだけとなってしまったのでした。

…このローカル環境、実はプラグインの翻訳の確認やテーマの改変の確認に使っていたので、ある意味宝の山だったのです。お勉強を兼ねて公開を考えずに改変していたものもあったのです…。それが1つの操作ミスで水の泡に。あまりのことにしばし呆然としてしまっていました。が、大半はメインのブログに移行させてあるのでそこからFTPでダウンロードすれば終いな話。ということでローカル環境を復活させるべくダウンロードを開始しました。

で、この作業から罠にはまっていくのです…。

続きを読む WordPress環境を吹っ飛ばす・そして個別記事表示不良の復活

wp-tmkm-amazon改訂版に手を加えました(管理画面での設定機能の追加)

[追記]記事公開後にプラグイン付属の検索機能が働かないことが判明し、それに関する対策も記事下部に追記してます。(2009/06/20 17:26)

このサイトで商品を紹介するのに使っているプラグイン・wp-tmkm-amazonなんですが、内部で使用しているAPIがamazon側による仕様変更でそのままでは2009年8月15日以降は使えなくなる模様です。(詳細は下記から)

Amazon アソシエイト・プログラム(アフィリエイト) 公式ブログ: Amazon アソシエイト Web サービスの名称変更および署名認証についてのお知らせ
Product Advertising API

私としては結構使い勝手の良いプラグインなんですが開発者の都合で開発はすでに打ち切り。それでも諦めきれず検索すると、wp-tmkm-amazonに手を加えて電子認証に対応したプラグインを改良したという記事を見つけました。記事末には欲しい人はコメントをと記載されていたので早速コメント。…といっても個人的に欲しいというよりは出来たら公開して欲しいと。その後は改良者である Romeo さんと開発者である ともかめ さんとの間で協議され、晴れて改訂版として公開されることになりました。

で、本題はここから。
改良者である Romeo さんによると当初は電子認証に必要なAccess Key ID / Secret Access Keyを管理画面から入力/設定するようにしたかったそうですが、反映されなかったとのこと。そこで早速ソースコードを確認して改良してみました。

続きを読む wp-tmkm-amazon改訂版に手を加えました(管理画面での設定機能の追加)