写真共有サイトの引っ越しと、それに伴うプラグインの導入

…を検討中です。

というのは最近展開しだした Google+ という新たなSNSによって、Googleが提供している写真共有サイト・Picasaの仕様が変更されたから。その中でも魅力的なのがGoogle+登録者は2048×2048pixel以下のサイズの画像ならPicasaへ無制限にアップロードできるというところです。(詳しくはPicasaウェブアルバムのヘルプをご覧ください)

現在Flickrの無料アカウントを利用しています。Flickrも1ヶ月間にアップロードできる総量が決まっているものの、アップロードした画像や動画の全総量は無制限で無料・有料で区別はありません。ですが、無料アカウントだとそのアカウントの写真としてまとめて表示してくれる上限が最新のアップロードから200枚分までなのです。残りの写真は消去されているわけではなく一覧にまとめて表示されないだけなのです。その写真ピンポイントだったり、アカウントに関係なくFlickr上で検索すると問題なく表示されます。

また画像のアップロードについて1枚の画像サイズには制限はありませんが、これを表示したりダウンロードしようとすると上限が1024×1024pixelまでになってしまいます。たとえばフルサイズが3000×2000pixelの写真をアップロードしても、表示・ダウンロードは1024×681pixelサイズが上限になってしまうのです。

これに対して年間使用量として24ドル払って有料アカウントにするとアップロードした写真すべてを一覧にまとめて表示されるようになり、また写真の表示やダウンロードのサイズの上限がアップロードしたオリジナルのサイズで可能となるのです。

年間24ドルなんて換算すると1ヶ月約200円程度。勤め人の立場ならさほど気にならない金額ですが、夫に稼いでいただいている身で趣味に使うと思うと気が重くて。すでにネットにレンタルサーバ+ドメイン管理費を捻出していただいていますし…。

そこで出てきたのが Google+ & Picasa というわけです。

Google+は個人アカウントはもちろん、企業や団体向けに Google+ページ というものがあり、Google+ページでも個人アカウント同様に写真を扱うことができます(ただし2011年12月現在ではPicasaウェブアルバムなど一部のサービスは個人アカウントのみのようです)。このGoogle+ページを利用すればプライバシーとか気にせず運営できるなぁ…と。

続きを読む 写真共有サイトの引っ越しと、それに伴うプラグインの導入

Lightbox 2の本家バージョンアップに伴って日本語版も

今日、ブログの管理画面にログインしたところ、Rupert Morris氏によるLightbox 2がバージョンアップしてました。それに合わせて私が公開しているLightbox 2日本語版もバージョンアップしました。

なお、本家の方はJavaScriptを一部改変されているようで、日本語版は本家Lightbox 2のソースコードに日本語表示に必要なコードを埋め込んだだけです。

興味のある方はバージョンアップしてみてください 😀

Lightbox 2 日本語版 2種類を公開しました

最近Lightbox2プラグインをアップデートしたら設定画面が新たに増えていました。もちろん英語…。そこで早速日本語に翻訳してササッと公開することにしました。公開先はこちら。

公開先:WordPress Plugins/JSeries

ちなみにLightbox2プラグイン、2種類あって2種類とも日本語化しておきました。Giuseppe Argento氏が作ったプラグインとRupert Morris氏が作ったプラグインです。

この2種のプラグイン、Lightboxエフェクトを加えるという大本の機能は一緒なんですが、設定できる項目が違います。Rupert Morris氏が作ったプラグインはLightboxの外観が4種類の中から選べます。Giuseppe Argento氏が作ったものはLightboxの背景色の他、透過率やリサイズの速度、項目ごとにLightboxエフェクトを有効にするかも設定できます。また両方とも画像のタグの中へ自動的に『rel=”lightbox[ ]”』を挿入する機能が入っています。ちなみにそれぞれの公開先は下のリンクです。

…が、どの機能も試していません(^-^;;
私が欲しかったのはLightboxエフェクトのみだったので。ということで設定機能がきちんと動いているのかは確認していませんのであしからず。そして設定機能が働かないという件については今のところ対応する予定はないです。気が向けば勉強がてら研究するかも知れませんが。

あとGiuseppe Argento氏が作ったプラグインとGoogle Maps for WordPressの両方を使った際にブラウザ・Safariで不具合が出る件についてはGiuseppe Argento氏が作ったプラグインの日本語版では対応しています。原因はは以前ブログで公開したjavascriptを吐き出す部分が問題となっているので、その部分をちょこっといじれば終わりです。英語版のまま使いたいけど対策箇所が詳しく知りたいという方はお知らせください。追って改変部分のソースコードを公開しますので(^-^)