普段使いのコップをタンブラーへ買い換えることに…

不慮の事故で欠けたカップ

先日、不慮の事故で大事にしていたカップが大きく欠けてしまいました。夫がカップを棚に直そうとしたときに手を滑らせて、置こうとしていたところの下の段にあった器の縁に落としてしまったとのこと。器同士がけんかした結果、カップの方が負けてしまったようです。…まぁ、厚みのある丼鉢が相手だったので負けても仕方ないかなぁ…と。

欠けてしまったこと自体には諦めることもできるのですが、欠けたカップには思い入れがあるんですよ。結婚に際して衣類などを持ち込むための衣装ケースなど備品を父と買い出していたとき、新居に自分のコップがないと話したら備品と一緒に父が買ってくれたものなんですよ。

そんな思い入れのカップなので欠けたところを補修して食器として再利用しようと考えて調べてみたら、補修箇所と補修材料によっては食器として使うことができないものもあるそうで…。

最もお手軽な方法は陶器用の補修パテを使う方法ですが、パテには有機溶剤が含まれているため食器には使えないとのこと(パテのパッケージにがっちり書かれてました)。じゃぁパテを使わない方法として調べてみたら日本古来からの補修方法である金継ぎという方法を見つけました。金継ぎとは漆と小麦粉などのつなぎと金粉を使って補修する方法なんですが、こちらも使う漆のよっては食器への使用はお勧めしないとのこと。

さら金継ぎについて調べてみたら食器用の漆はホビー用の漆より割高だということが判明。そして漆を固めるために温度と湿度を一定に保った室というものが必要な上に、漆が固まるのには最長10日ほどかかかり、漆を固めて行う行程が複数回あるため完了まで約1ヶ月かかるという…。金銭面と飽き性という性格から金継ぎによる補修も諦めることにしました。

となると、欠けたカップの代わりになる器が必要ということで、前々から気になってたステンレスタンブラーを買うことにしました。そのステンレスタンブラーというのがこれ。

ほかのステンレスタンブラーと違って縁が丸くなっていて飲むときに当たりが柔らかく、内側が光沢のある加工が施されているので入れた飲み物が映えるとの触れ込みの写真がきれいだったんですよ。もし何かで買う機会があるなら買いたいなぁと思ってたので今回のことを気に購入に踏み切ることにしました。

そうして届いたステンレスタンブラー。大きさが把握しにくいと思って、A6サイズの文庫本を横に置いて写真を撮ってみました。実際のところもう少し細身かと思っていたのですが意外と広口でがっちりした印象。でも真空断熱のためか見た目よりも結構軽く感じるので持ったときにふわっとした感じがするかもしれません。

ステンレスタンブラーと文庫本 (the Stainless Tumblar & A5 size Book)

そして普段よく飲んでる紅茶を入れてみたのが次の写真。触れ込み通りに紅茶の色がとてもきれいに見えます。牛乳などの透き通った飲み物を入れるのがもったいない感じですw

ステンレスタンブラーに紅茶を入れて (Tumblar of Tea)

実際に使った見た感想としては、冷たい飲み物は真空断熱のおかげで外側に結露もせず、そのおかげか冷たさも陶器のカップに比べたらしっかり保ってくれます。結露しないのでタンブラーを置いている周りが水で濡れることもないのがありがたい!

熱い飲み物に関してはタンブラーの口が広いためか陶器のカップとそう変わらない保温性能に感じました。蓋があれば熱い飲み物の保温性能は上がると思います。コーヒーチェーン店の紙コップについてくるような飲み口についた蓋がいいんでしょうけど、あれは飲み物によって火傷する危険性が高いんですよね…。特に紅茶のようなサラッとした熱い飲み物だと口の中が大やけど必至だったり…(すでに数回経験済み)。

使い勝手としては全くもって十分なタンブラーですが、残念な点が1つ。それはタンブラーの内側の溶接部分が製品ロットによって段差が顕著に生じてるところでしょうか。この段差のせいでよく洗っても茶渋が溜まってしまったりするんじゃないかと気が気でなく。まぁ、茶渋が溜まったら食器用漂白剤を使ってつけ置きすれば段差部分も苦労することなく除去できますけどね。

こうして新たに私の家の道具となったステンレスタンブラーですが末永く大事に使っていけたらいいなぁと思います。

…ところで欠けたカップはどうするのかってことですが、入手方法に思い入れのあるカップなので陶磁器用のボンドで欠けたところを接着して観葉植物か多肉植物の器にしようかと思ってます。現時点では補修だけして、植える植物の選定にすら至ってないのですが…。底に穴を開けないままでも長く楽に愉しめるものがいいなぁと思っているんですが、「これぞ!」って呼んでくれる植物に出会えなくて。植物個々と私との相性とかもあると思うので、こちらは気長に選定しようと思います 😀

ゆびさきトングという名の道具を使ってみました

先日、クレジットカードに貯まっていたポイントを消費するため、オークス株式会社が販売している ゆびさきトング なる商品と交換しました。主婦目線で作られた、手を汚さずに食材がつかめるという触れ込みの。朝のお弁当作りで下ごしらえや調理で肉や魚を触った後、手を洗う時間が勿体ないときがあるんですよ。特に油や粉で汚れた手だと洗うのに時間をとられてしまうので、それが何とかなればなぁ…と思っていたのです。

でも身銭を切って試すには少々勇気のいるところで、気にはなる物の買うにはちょっと…と思っていたんです。そんなときにクレジットカードの獲得ポイントがちょうど交換できるポイントに達していることを知り、そして何よりポイントの有効期限が迫っていたので物は試しと交換することにしたのですよ。

実際に何度か使ってみた感想はというと、確かに触れ込み通りに手を汚さずに食材をつかめます。想定通り、粉をつけた肉や魚を鍋に投入するときなんかは手に粉がつかずにすむので結構重宝します。またトングの先もそれなりに薄いので、ハムやベーコンなどの薄切りのものを1枚ずつつかむのもさほどストレスなく使えます。パンの上にハムやベーコンをのせてトーストするのには手を洗わずに次の作業に移れるのでありがたいです。

…が、先が尖ってはいないものの鋭角に加工されているので崩れやすい食材では神経を使います。たとえば鯖の切り身など身のほぐれやすい魚など。またつかむ場所が面ではなく点に近いので、鶏のもも肉などの大きく重たい食材になるとつかんで移動させるのも少し工夫がいります。感じとしては箸の細い面でつかむよりは多少マシなのかなぁといったところでしょうか。

そして「指の代わり」という紹介ですが、私の感覚としては指の代わりというのは言いすぎかなぁと。指先でつかむことに比べたら、このトングでつかむために効率よくつかむには…と少々頭を使います。思ったようにつかめなかったときなんか、ちょっとイラッとしてしまったり。自分の指なら食材の触感もあって、ほぼ直感で食材をつかめますからねぇ 😆

でもまぁ、当初の目的である 手を極力汚さずに次の作業に移れる ということは達成できる代物ですから、私としては充分な機能を持っているかなぁ…といったところです。この満足感はもしかするとクレジットカードのポイント交換で得た道具だからかもしれませんけどね…。

万年筆に魅せられて

万年筆 PILOT grance NC と手帳 (Fountain pen & Notebook 1)

つい3週間ほど前から1日1ページ手帳を買って日記をつけ始めました。でもメインは日記をつけることじゃなく、万年筆を使いたくなったから。ちょっと邪な感じがする動機ですが、それには理由がありまして… 😛

ことの始まりはふらりと寄った文具店。そのお店にたまたま PILOT kakuno という、初心者用の万年筆のお試し用が置いてあったんですよ。「万年筆って良さそうだねー」程度の気持ちしかなかったんですが、お試し用の kakuno を手にとって試し書きをしてみたら、その書き味が面白いぐらい書きやすくて。そこから急に万年筆熱が発生 😆

そこからグーグル先生にいっぱい聞きましたよ。万年筆のメーカーはもちろん、万年筆の扱い方から万年筆の種類、そして購入方法まで。そして3,000円も出せば国産メーカーならそれなりの品質の万年筆を手にすることができるという情報も Get しました。(ちなみに上で紹介した kakuno は1,000円ほどの価格のものですが PILOT 万年筆で発売されている3,000円台の万年筆に使われているペン先と同じ素材のものが使われているそうです)

…ですが、どうせ持つなら納得のいく品質のものを長く使っていきたいと思ってたので、安価な万年筆で妥協しようとは思いませんでした。同等品質の万年筆なら国内メーカーより海外メーカーの方が割高になるとのことから、国内メーカーの万年筆に絞って検討することに。ネット上ではたくさんの万年筆を扱うお店で、店員さんと相談しながら候補を決められるお店を勧める方もおられました。が、地方都市という制約のため簡単にそんなお店に向かうこともできない上に、購入後の長期使用に伴うアフターケアを考えると残念なことに PILOT にしか期待できない状況…。

そんなわけで試し書きのできる近くのお店へ出向いて試し書きをし、さらにどうするか悩んだ結果、 PILOT GRANCE NC を買うことに。サービスで黒のインクカートリッジを1本つけていただきました。

そうして買った万年筆ですが、毎日少しでも良いから書くようにしないとインクが乾いて書けなくなるとのこと。そこで思いついたのが万年筆で日記をつけるという方法。昔に日記を書こうとして3日坊主で終わらせた経験のある身としては、1日数行でいいなら万年筆を使うのに良い口実になると思ったのでして。それに毎日同じことの繰り返しと思っている日常が、実は意外と違う1日を毎日過ごしていることに気づけるようになるのかもと。

そうして最初は日記帳を見てみたのですが罫線の間隔がその日記帳も想定より広く、罫線いっぱいに文字を書く癖のある身としては候補から外すことに。代わりに手帳を日記帳代わりに使うことにしたのです。

そうして万年筆と手帳を使って日記らしきものを書くようになって3週間ほどになりましたが、万年筆で書くのが気持ちよいのか自分でも驚くぐらい続いています。また1日に数行書けたら良いと思っていたのですが、ページを埋めるほどにつらつらと書き込んでいます。こんなに書くのが楽しいと思う筆記具だとは思いませんでしたよ、万年筆 😀

ただ日記を書くようになって実感することは記したいと思ってる言葉の漢字がなかなか出てきてくれないこと。携帯などで調べないと書けないことがよくあります。書けない漢字も本などであらかじめ書かれていれば読むことはできるんですけどねぇ 😳

今は万年筆で何か書くのが楽しくて楽しくて仕方がない毎日。この3週間のことを手帳に書いたことから振り返っても、毎日何かしら異なった日々を送っているようです。このまま毎日手帳に書き込んでいって、1年後にはどんな手帳になっているのかと思うと今から振り返るのが少し楽しみになってます。まぁ、私も人間なのでたまにネガティブな内容というスパイスをきかせることもあるでしょうけどね 😉

錆びにくい鉄の炒め鍋を手に入れました

リバーライト 極ROOTS 炒め鍋 / 寸胴型 ミルクポット

先日お弁当を作るのに使ってた卵焼き器の取っ手が壊れてしまったので新しい卵焼き器を買いました。その卵焼き器は近所の大型量販店で見つけた京セラのセラブリッドフライパンというもの。

そのセラブリッドフライパンという代物、ネットで調べてみると買って数ヶ月でこびりつくようになったという、あんまりよろしくない評判ばかりが出てきました。ちなみに検索したのは買ってからだったのですが 😳
…ま、取っ手が壊れてしまったフッ素樹脂加工が施された卵焼き器は5年使っても表面はツルツルだったし、使い方を卵焼きや薄焼き卵を焼くことに限定してればたぶんセラブリッドの卵焼き器も長く使えるだろうと思うことにしました。
(ちなみに京セラの公式ページにて焦げ付いたときの対処法の動画も含めてセラブリッドフライパンの取り扱い方が紹介されてます)

で、卵焼き器の購入を機に家にあるフライパンについても気になったことが。それはフッ素樹脂加工がその機能を果たさなくなって久しい大小2本のフライパン。フライパンだから焼いたり炒めたりは確実にするわけで、用途を限定して使うわけにもいかないし…と困っていたところにぐーぐる先生の教えが。

錆びにくい加工が施されてる鉄のフライパンがあるよん」と。

続きを読む 錆びにくい鉄の炒め鍋を手に入れました

新たな道具・ヘラを入手してファン内部を掃除しちゃいました

前回、3回目と称して決行した換気扇の掃除から1ヶ月弱…。秋まで待とうかと思ったものの、固形物がさらに溜まってもっとげんなりするのは嫌だったのでヘラを買って再度掃除することにしました。

ファン内部の素材はアルミのようで表面を傷をつけたくなかったので、当初はポリエチレン製のヘラを近所のホームセンターや100円均一のお店で探しました。…が、ポリエチレン製どころかプラスチック製のヘラすら見当たらず金属製のヘラばかり。掃除に使うだけだから100円の安いのでも良いかなーと思ったものの、掃除以外にも使うかもしれないと思って結局ホームセンターで見つけた少し上等な「皮スキ」というものを買いました。…名前だけで見た目はどう見てもお馴染みのヘラなんですが。

そうして手に入れた新たな道具・ヘラを携え、いざファン内部の掃除へ。

ファンやその付属物は前回掃除したこともあって汚れらしい汚れは見られず。それでもファンは触ると油が少し付いてたので、それを軽く洗う程度で済ませました。フードカバーとかは前回の拭き残しが所々にあったので、今回も準備していた重曹水で吹き上げました。

で、今回の主役・ファン内部。まずは今回新たに投入したヘラでファン内部の壁に付着している固形物を除去。固形物といっても状態は水飴のような感じ。それをヘラで掻いては新聞紙で拭い取り、拭い取ってはまた掻いて…を繰り返し。前回までは廃品に出そうと溜めていた厚紙で掻いていたのですが、金属製のヘラだけあって汚れを掻き取る威力は桁違い。厚紙の時よりは格段にはかどりました。ただ金属製のヘラなので、やはりというか素材の表面を削ってしまったらしく所々キラキラ輝いている部分が出てしまいました…。

この固形物を取り除いてしまえば後は楽勝。重曹水をしみこませたキッチンペーパーをファン内部に貼り付けるように湿布をしてしばらく放置。これで表面に残ってる油が浮いてくるので、キッチンペーパーを取り除いた後に水拭きをして終了。これだけでファン内部の表面から油のヌルヌル・ベトベトはなくなりました。やっほーいっ!

掃除が一通り終われば後は組み上げるだけ。もう3回もしてたら組み上げなんてお手の物です。

こうして最大の懸念だった換気扇のファン内部に残ってた汚れはほとんどを除去することができました。これでやっと枕を高くして眠れる!なんて。

次はまだ暖かい日が続く秋頃にしようかと模索中。汚れが少なく軽いうちに掃除した方が作業も少なくて済みますからね。今度の掃除の時には今回の苦労が報われてくれることを祈りたいものです。