2018年 夏の写真

海水浴客で賑わう難波江浜

大阪北部地震から始まり、豪雨、猛暑、台風と災害が多かった今年の夏。それらも一段落したと思ったら今度は秋の長雨になり、ようやく清々しい秋が来たと思ったのも束の間、そろそろ晩秋を迎えようとしています。

今年は猛暑だったため、家から出るのはもっぱら朝の涼しい内。家での作業も同様に日が高くならないうちに済ませるようにしてました。…が、それでも最高気温が35℃前後の日が2週間ほど続き、さらに40℃近くにまで上がる日まであったため、とうとう家にエアコンを設置することになりました。

設置は家族がメインで過ごす居間に1台だけ。夜は幸い気温が下がるので、暑い日中の避暑地を1部屋作る感じです。でも設置した後でそれまでのように35℃前後の日が連続で到来することが無く、設置するのは早まったかと少しばかり後悔したり。

そんなわけで日の高い日中は炎天下と熱波を避けてもっぱら家を出ることがなかったため、今年の夏の写真は数えるほどしか撮れませんでした。出ていればもっと夏らしい景色に出会えて田かもしれないのですが。


紫陽花 (The Hydrangea) 国道178号線より高浜町内浦の高台から 朝靄の舞鶴クレインブリッジ 朝日を受ける棚田

もちろんここで紹介した意外にも数は少ないですが撮ってます。良ければ2018年の夏の写真もいつも通りまとめてるのでご覧ください 😉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください