2017-2018年の冬の写真

窓枠に積もる雪
例年より厳しい冬が続いていると思っていたら、急に暖かくなって例年よりもかなり早く桜の季節となり、GWには1週間以上もあるのに、すでに初夏の陽気となっている今日この頃ですね。春があっという間に駆け抜けてる気がして、もう少し春を満喫したい気持ちがあります。

そして春も本番と言うことで、そろそろこの冬に撮りためた写真をご紹介しておきます。さすがにもう冬の寒さに逆戻り…ということはないでしょうから。

この冬は本当に寒さが厳しかったと思います。自治体に登録したメールに水道管の凍結防止対策を促す通知が送られてくる頻度が格段に多かったですし。それに、今まで見たことのない長さのつららもお目にかかることができました。

雪に関しては京丹後や福井の方ではかなりの頻度で大雪に見舞われていましたが、大雪の時の風向きが西寄りの風だった日が多く雪雲の流れが丹後半島で遮られ、心配されていたほど大雪に見舞われることはありませんでした。大雪となるとその後が大変ですから、それが避けられたのはありがたいことです。おかげで真冬の中でも日を選べばバイクでフラリと乗り出すこともできましたし。乗り出すことがバイクへの最大のメンテナンスですからね。


舞鶴クレインブリッジのある景色 つらら さらに降り積もる雪 由良川沿いの残雪

この他にも 2017-2018年の冬の写真 をまとめています。家からの写真が多いのであまり代わり映えはしませんが、冬の様子を味わっていただければ嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です