いつもの掃除に羽根ハタキを使ってみた

いつもの掃除に家のほこりを掃除用手袋で拭う方法を取り入れて早数年…。

これはこれでいいと思っていたのですが、面倒だなぁと思うことがちらほらと出てきました。

  • 物が沢山置いてある棚のほこりは手袋でいちいち拭うのは大変…
  • 手の届かない高いところ・狭いところは放置一択…
  • 壁のほこりを払うのが一苦労…

手の届かないところは普段の掃除では放置しかないのですが、例えばカーテンの洗濯のため台に上ってカーテンレールを見たときとか、電球が切れて電灯の傘をはずそうとしたときの傘の上とか、そのときに積もったほこりを見ると作業が一つ増えたと思いげんなりしてしまいます。

壁のほこりが気になったのはたまたま見ていたTV番組で、掃除してもすぐに湧いてくるほこりの原因の1つは壁にとどまっているものが落ちてくるからと放送されてたから。それを知ってから壁のほこりも何とかした方が良いのか?と考えるようになりました。それまでは気にもしていなかったんですけどねぇ。

そこで何か良い方法はないものかとネットの波を漂っていたところ、これはというものを見つけました。それが羽根ハタキです。

羽根ハタキに辿り着く前にはハンディモップや布ハタキなんかも考えたんですが、次の理由で候補から外しました。

  • ハンディモップはほこりを絡め取るものなので、使って汚れてきたら捨てるか洗濯する必要がある
  • 布ハタキは字のごとくほこりをたたき落とすので、デリケートな所や細かいところには使いにくい

羽根ハタキは細かい羽根のおかげで複雑な所もさっとなでるだけでほこりを除くことができます。掃除後のハタキの手入れも基本的に降って付いたほこりを落とすだけで洗濯の必要がなく、月に2回ほど風通しの良いところで10分ほど日干しするだけで良いそうで。めんどくさがりの私には持ってこいです。

で、羽根ハタキについて吟味した結果、私が買ったのは次のもの。

購入・使用して3ヶ月ほど経ちますが、期待以上に便利でした。

  • 羽根ハタキでさっと払うだけでほとんどのほこりは除いてしまえます。
  • 置物なども置いたまま羽根でサワサワするだけで羽根がほこりを払ってくれます。
  • 手の届かなかったカーテンレールの上や電灯の傘のほこりも溜めずに維持できています。
  • 壁のほこりも払うようにしたら、掃除機に溜まるほこりの量が思いの外減ったような気がします。

めんどくさがりな私には今のところ合ってるような気がします! 😀

ただ、羽根が柔らかいので狭いところへも入れることができるのですが、丁寧に入れないと羽根の根元に無理な力がかかり折れてしまいますので注意が必要です。実際、1本は折れて取れてしまい、さらに1本が取れかけてしまったので接着剤で補修することになりました…。

それでも使い捨てのものから考えれば、適切に使えば5~10年は持つそうなのでコストパフォーマンスも良いと思います。

ハタキという性質上、ほこりを払い落とすことやほこりが舞うことが嫌な方にはオススメできませんが、こまめにほこりを払うことで溜めてしまうことを防ぐにはもってこいの掃除道具だと思います 🙂

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.