2017年 秋の写真

晴天と赤いモミジ

月日も巡り、もう数日寝ると年が明けるという所まで来ました。…ということでお久しぶりです。

近畿北部も年末ということもあり、地域によっては雪が降り積もっているという所もありますが、幸か不幸か住んでいる地域は12月に入り数回雪が降っただけ、積もったのも1日ばかりで雪かきもすることなく終わりました。冷え込みが急で厳しかっただけに年末から雪かきかと思っていたのですが。

さてさて、雪も降り出し本格的な冬へと向かっている今日この頃ですが、これまでに撮りためた今年の秋の写真を一部ご紹介いたします。今年の夏にカメラを D70 から D7500 に新調したら、撮影意欲がちょっと上がってカメラを持ち出す機会が少しばかり増えました。自分でもびっくりです。

ですが、写真1枚のデータ量が約4倍になり、今までのように撮ってたら保存領域を圧迫するように…。さらに D70 では写真を撮った後 RAW 現像を施していたのですが、D7500 にしてから RAW 現像で調整しなくても良い気がしてきたのです。それぐらい10数年のカメラの進歩はすごかった。

だからといって RAW ファイルの保存を止めたわけではないです。今まで通り RAW + JPEG で保存しています。RAW ファイルの保存はもしもの時のための保険です。後で修正したいと思ったときに悔しい思いをかみしめるのは最低限にしたいですし。代わりに気が済むまで1つの景色を構図や設定をいろいろ変えて撮った後、気に入ったもの以外バスバス消していこうと。実際、今までの写真は手ぶれなど明らかに失敗した写真以外は全て保存していますが、気に入った写真以外振り返ってみているかと言えば NO ですから…。

…と、新旧カメラによるカメラ談義はここまで。

で、今年の秋の葉の色付きは、はっとするほどではなかった気がします。特にモミジが。傍目には良い色だと思っていたら、近づいてみるとくすんだ赤色だったこと多数…。でも代わりに光に透かすと鮮やかな色になって、これをありがたく写真に収めたりしてました。

また、軒先の柿の実がなってる様を写真に収めてたら、家主さんから柿の実をお裾分けしてもらうということも。もちろん美味しくいただきました。期待していなかっただけに意外に美味しかったですよ。

あと、出先で人なつっこい、まだらなしましまネコに出会いましたね。釣り桟橋でおこぼれを狙っていたみたいだったので、しばらく近くにいてくれたものの目当てのものがもらえないと分かると離れてしまいまいたが、おかげで少しほっこりした記憶があります。

続きを読む 2017年 秋の写真