色遊びができそうなインクを入手しました

パイロット インク 色彩雫 mini (Pilot Ink "iroshizuku" mini)

先日ガラスペンを入手したことを記事にしたとき、いつもメインで使っているブルーブラックの色とは違う色を使いたいと記していましたが、ガラスペンを入手してからすぐにインクも入手しました。ガラスペンに付けて使うインクは万年筆用のインクで良いとのことで、気になっていたインクを購入することにしました。

それが PILOT iroshizuku 【色彩雫】 というインク。 現在24色用意されていて、それぞれに日本の情景を思わせる名前が付けてあります。

ただ、この色彩雫なんですが、ボトルインクでしか発売しておらず容量も50mlとなかなかの量が入っているんです。現在、万年筆で使っているブルーブラックのインクは70mlのボトルインクなんですが、使い始めて1年ほどでまだ1/3ぐらいしか使っていないんですよ。日記代わりの手帳に、家計簿に、手紙に、はがきに…と使っているにもかかわらず、です。

どうしたものかと思っていたら、15mlのボトルを3本セットにした iroshizuku 【色彩雫】 mini という商品も展開しているということで、こちらを買うことにしたのです。

で、ここで問題になるのが色の選択。この iroshizuku mini は3本セットでしか購入できず、店によっては固定された色のセットしか販売していないという代物。地元の店舗で問い合わせたら取り寄せになると即答されたので、ネットで3本の色を好きに選択できるところ見つけて購入することに。青系はブルーブラックを持ってるから選択肢から外し、それ以外で落ち着いた色をえらぶことにしました。

そうして注文したのが次の3本。左から

  • shin-ryoko 【深緑】
  • yama-budo 【山葡萄】
  • fuyu-gaki 【冬柿】

です。深緑と山葡萄は良い色だと思って買おうと思ってすぐに決めたんですが、残りの1色がどうにも決められず。夫に相談したら夕焼けか冬柿が良いといったので、そのうちの落ち着いた色味に感じた冬柿を選択しました。
パイロット インク 色彩雫 (Pilot Ink "iroshizuku")

届いて早速ガラスペンを取り出して1色ずつ試し書き…。(使用した紙はミドリカンパニーのMD用紙)

ガラスペンと色彩雫による筆跡

思っていたとおり自分で選んだ2色はなかなか落ち着いた色味で、形式張った手紙で無い限り相手を選ばずに使えそう。夫が選んだ冬柿も暖かい色合いで、寒々しい時期でも暖かい気持ちにさせてもらえそうです。

…と、こうして購入した色インク、手元にあった便せんに対しては全く問題が無かったのですが、一番の目的にしていた写真を印刷したハガキの宛名面に使ったらやたらとにじむんですよ。文字のトメなどインクが溜まりやすい部分なんか特に酷くて、小さめの文字ならにじみでつぶれて読めないぐらいに。万年筆でもにじむもののガラスペンほどではないので、使うペンとハガキに使われている紙質との相性なんでしょう。うぅ…。

せっかく買ったのに便せんだけにしか使えないのは嫌だなぁと思っているので、何か工夫しようかなぁと模索中です。今のところの対策の候補はメッセージを別の紙に書いてハガキに貼るという方法。なら便せんに書いて印刷したハガキを同封したらってところなんですが、絵はがきの良いところは短いメッセージでも良いってところですし、気軽に投函できる根拠であるそのメリットをできるだけ活用したいと思うのですよ、やっぱり。

思っていた使い道に暗雲が立ちこめてる現在ですが、せっかく気に入って買ったインクですし、たくさん活用できるよういろいろ考えようと思います 🙂

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です