メーラー 「Shuriken」 の終了時に出るエラーを解決したお話

夫は普段 Justsystem の Shuriken 2014 というメーラーを使っています。

先日、ちょっとしたアクシデントでメーラーを以前のバックアップからリストアしたのですが、その後からメーラーの終了時に次のようなエラーを示すが出るようになりました。

フォルダ一覧のツリーの状態を保存することができませんでした

何でこのエラーが出るのか分からず、グーグル先生にお聞きしたら答えてくれた情報はたった1つ。某大型掲示板の過去ログのたった1つのスレッドに書き込まれた情報。

その情報によると、バックアップを取って CD-R など読み取り専用の媒体に保存した後、それをリストアする際に読み取り専用の媒体から直接リストアすると出るエラーとのこと。さらには別の人の書き込みにて、ファイルサーバーに保存したバックアップに直接アクセスしてリストアしたことでエラーが出るようになったという情報も。

それを回避するにはバックアップデータを読み取り専用媒体から HDD にコピーして、読み取り専用状態を解除してからリストアする必要があるそうです。

…そういえば今回メーラーのデーターをリストアするとき、 NAS に保存したバックアップデータから直接リストアしたなぁと。

そんなわけで改めてバックアップデータをリストアするパソコンの HDD にコピーして、そのコピーからリストアしたところ上に示した内容のダイアログが出ることなく終了しました。

エラーが出る状態になってから解決法が分かるまでの間にはすでに受信したメールがあったため、その受信メールデータを消したくないが為にエラーが出る状態でバックアップした後にそのデータでリストアしたら解決するかと思ったのですが、残念ながら1度エラーが出る状態になってしまうとその状態でバックアップとリストアを実施してもエラーは解消しませんでした。

幸いなことに、別のパソコンでも Shuriken 2014 を使ってメール管理をしていて、そのパソコンでは上記のエラーは出ていなかったので、そのパソコンでバックアップを取り、バックアップデータをリストアするパソコンへコピーしてからリストアしたところエラーを示すダイアログが出ることなく終了するようになりました。

この結果から、どうやらエラーになる状態のデータまでもバックアップされるようです。

ということで、このエラーを出さないようにするには以下の4つの条件をすべて満たしておかないといけないようです。

  • エラーが出ていない状態で作成したバックアップデータを使用する
  • リストアしたいバックアップデータを予めリストアするパソコンの内蔵 HDD か SSD に保存しておく
  • リストアする前に内蔵 HDD か SSD に保存したバックアップデータの読み取り専用状態を解除しておく
  • リストアするときは内蔵 HDD か SSD に保存したバックアップデータからリストアする

ちなみに参考にした某掲示板の過去ログは Shuriken Pro に関する書き込みで、今回解決したソフトのバージョンは Shuriken 2014 なので、他のバージョンの Shuriken でも同様に解決できるかと思います。もし同様の問題で悩んでおられるなら参考にしてみてくださいませ 😉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です