Windows RE パーティションのアンマウント

事の発端は夫が外付けHDDの設定やフォーマットをパソコンで実施して電源を落としてから。それまでは何でも無く動いていたものが、その後電源を入れるとWindowsが立ち上がらず、真っ黒な画面に

Boot Device Not Found
Please install an operating system on your hard disk.
Hard Disk (3F0)

という無機質なエラーメッセージが出るように。最初は何が悪いのか分からず、UEFI 設定画面に入るために再起動してショートカットキーで入って設定を一通り確認するも問題になりそうな項目はなし。UEFI 設定画面からエラーチェックができると言うことで実施してみるも、そんなことで改善せず。本当に大いに焦りました…。

幸いなことに Windows10 が動作しているパソコンがもう1台あって、夫はそれで仕事をしつつ、私は私で解決方法を調べてました。状況的にはクリーンインストールやむなしという感じでしたが、できることならサルベージしたいじゃないですか。インストール後のアップデートも使っているソフトの再インストールも時間がかかりますし、何よりパソコンの内蔵HDD内に貯めたデータを取り出せるのなら取り出したい!

…というわけで、問題なく稼働するもう1台のパソコンを利用して Windows10 のインストールメディアを Microsoft からダウンロードするところから始まり、それをDVDに焼いて起動しなくなったパソコンに挿入して再起動…。DVDから起動させた後「今すぐインストール」を選択せず、そのすぐ下の表示される「このコンピューターを修復する」という項目から「スタートアップの修復」を選択することで無事に起動するようになりました。HDD内に残したデータも問題なくアクセス可能! 万々歳!!

…と思ったのですが、その後でエクスプローラからPCの項目を確認すると見覚えのないドライブが2つ確認できるように。そのうちの1つに WINRE という名前がついてました。また、「ディスクの管理」からパーティションを確認してみると表示されているドライブの他に未割り当て領域も確認。いったいどうなってるのかと軽くパニック状態に。

どういうことよとグーグル先生に聞いてみたところ、未割り当て領域は Microsoft 予約パーティション (MSR) のなれの果てのようだということが、また見覚えのないドライブは Windows 回復環境 (Windows RE) が入っているパーティションでパソコンが正常に起動しないときの回復用のデータだと言うことが分かりました。

MSR はUEFI/GPT ベースのハード ドライブ パーティションやグーグル先生の情報を参考に、未割り当て領域を MSR 領域に指定するだけで解決。至極簡単な作業で修復できました。

で、問題となったのは Windows RE パーティション。こちらもグーグル先生に教えを請うたところ…

という情報が出てきました。で、Windows RE の展開 という、Microsoft さんがハードウェアデベロッパーさん向けに Windows RE 環境をHDD上に予め構築しておけるようにと公開している情報を元に、Windows RE パーティションを非表示にするよう早速設定。

…してみたのですが、diskpart コマンドを使ってドライブレターを削除してエクスプローラのPCの欄からドライブが非表示になったのを確認しても、パソコンを再起動したら再マウントされて表示されている状態。何度試してもゾンビのように復活してくる始末…。Windows に付属の「ディスクの管理」では回復パーティションに設定されてマウントもされていない状態になっているのに、です。

そうして右往左往しながら Windows RE パーティションが表示されたまま2週間が過ぎ、半ば諦めてたときにたまたまマウントを制御するためだけのコマンド mountvol を発見。mountvol コマンドのヘルプを見て、/p オプションでマウントを解除し、/r オプションで存在しないマウントポイント設定を削除しました。

…結果、エクスプローラの PC の項目からWindow RE パーティションの非表示に成功。これで誤って Windows RE パーティションのフォーマット…とかいう危険性がなくなりました。

Windows RE の展開に書かれている情報を元にすれば不要な Windows RE パーティションを削除したりHDD内の再構築もできるのでしょうが、容量1TbyteのHDDの1Gbyteにも満たない領域の再構築でパソコンが再起不能になるリスクを負うのも何だかなぁと思うので、クリーンインストールの機会が来ない限り状態を維持しておこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です