コーヒープレスを入手しました

Hario コーヒープレス Harior Bright (Hario Coffee press)

このところコーヒー豆をミルで挽き、ペーパードリッパーで入れる…ということをしているのですが、この手法でコーヒーを入れられるのは私だけ、夫はもっぱらコーヒーを飲む人になっていました。私はコーヒーより紅茶の方が良いし、コーヒーを挽いて入れるという行為は好きなのでこれはこれでいいのですが、私が体調不良だったり手が離せない用事をしていたりしたときには、夫は美味しいコーヒーにありつけないという状態。私にお願いして入れてもらいのも気が引けるからと、夫が仕事から帰ってきてから飲むコーヒーがずっと缶コーヒーで我慢してるような状態が続いてました。

せっかくコーヒー豆をストックしているし、コーヒー豆1杯分と缶コーヒーの代金を比べると格段にコーヒー豆1杯分の方が安上がりの上に美味しいわけで、夫1人でも入れられる方法はないものかと考えたわけです。…で、その答えがコーヒープレス。入れ方も至極簡単。どれだけ簡単かといえば、

  1. お湯を沸かし、その間にコーヒー1杯分のコーヒー豆をミルで挽く (中挽き-中粗挽き)
  2. 挽いたコーヒー豆をコーヒープレスに入れる
  3. タイマーで4分をセットしてスタートしてからコーヒー豆が浸る程度の量のお湯を注いで30秒蒸らす
  4. コーヒー1杯分になるようにお湯を追加する (タイマーは計測したままで)
  5. タイマーが鳴ったらカップに注ぐ

これならコーヒードリップのような入れ方のコツのようなものはいらないので、そういうのが面倒という夫にももってこい。子供でも熱湯にさえ気をつければ簡単に入れられます 😀

…ただ、問題はコーヒーを入れた後のコーヒーかすの後始末。そのまま排水溝へ流すのも気が引けるし、だからといってコーヒープレス内のかすを掻き集めるのも手間だし…と思ってたら、ぐーぐる先生から良い方法を教えてもらいました。それがコーヒードリッパーでこす方法。ドリップペーパーが勿体ないですが、ドリップで入れるならどのみち1枚消費するわけですし。

そうして買ったのがこの商品。プラスチックの部品がないところが気に入って買うことにしました。

買ってきて次の日に早速使ってみることに。夫もこれまでドリップで入れたコーヒーしか飲んだ経験は無かったのですが、飲み慣れている夫曰く、ドリップコーヒーよりもしっかりした味わいだそうで、カフェオレにすると良い感じだと言ってました。ただ、このコーヒープレス、2人用とのことですがそれはコーヒーカップによる容量での話。マグカップで飲むのなら1杯分程度なので、もしマグカップで2杯分入れたいなら1サイズ上の4人用を購入するのが良いと思います。

コーヒープレスを買ってから、仕事から帰ってきた夫は自分でコーヒーを入れるようになりました。…が、その後のコーヒーかすの片付けは相変わらず私の仕事。この後始末も夫の仕事になってくれれば万々歳なのですが、それはいつの話になるのやら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です