2014年から2015年の雪景色

手すりから滴る雪解け水 (the Snowmelt falling down from the handrail)

2014年から2015年の冬は8年前に京都北部へ越してきて以来、最も期間が長い冬だったように思います。

例年なら12月中頃に降り出す雪が、この年は12月初旬に降るようになり、雪の終わりも3月に入るとほぼ降らなくなる雪も3月の下旬までちらつく年となりました。寒さも例年より早くやってきて、春先には気温のアップダウンのやたら激しい時期が長く続いたように思います。


今年は2015年の元日には京阪神でも結構積もり、そこら中の道路で雪による交通渋滞が発生してましたっけ。次の日に帰省先から帰ろうとしてら高速道は閉鎖され、唯一の国道は大渋滞で裏道へ抜けない限り全く動かない状態でしたからねぇ…。

それももう終わりを迎え、今となっては春を告げる桜もすっかり葉桜に。気温もようやく春らしい暖かさが訪れてくれて、洗濯物も外に干せばその日のうちに乾くようになって。京都北部に住んでから春の訪れはありがたいことの1つになってきました。

そんな春をありがたく感じられる、京都北部の雪の様子を少しばかり写真に収めたものを紹介します。良かったらクリックして雪の様子を楽しんでみてくださいませ。

今度の冬はどんな感じになるんだろうか。例年通りの冬が一番良いかなぁ…なんて今から思っています。

舞い落ちる雪 (snow) しんしんと降る雪 (snow) 雪 (snow) Snow Snow 庭の木々の積雪 (Snow) 手すりに積もる雪 (Snow covered on the handrail) 奥の山も雪で見えず… (Many falling Snow...) この時期としては珍しい積雪 (Snow falling on March)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です