ウクレレを楽しむ日々を送ってます

ウクレレ Famous FS-5G (Ukulele)

去年の後半からウクレレに手を出しています。きっかけは夫。

仕事から帰ってきた夫はほぼ毎日、仕事の愚痴も含めてその日のことを話してくださいます。その内容の中でしんどいと言いつつも楽しそうに話してる内容があって、それが音楽に関わることなんです。

私も中学の頃から吹奏楽部で音楽に関わってた手前、夫が余りに楽しそうに話してる様を見て私も再び楽器が演奏したくなって。でも私が演奏してたの、トランペットなんですよね…。あの特徴的な音色だと演奏場所が限られてしまうこともあって1人で気軽にふらっと…とはいかず。

そこで近隣に気兼ねなく演奏できる楽器はと気になったのはギター。夫に頼んで早速ギターを借りてきたものの、借りてくれたのはクラシックギター。アコースティックギターの代わりになるかと挑戦してみたのですが、ネックの幅など仕様の違いで断念。じゃあ、せめてクラシックギターとしてやってみようかと思ったら、クラシックギターは本格的に誰かに教えてもらわないと修得は難しいらしく…。

そんなときに気になったのがウクレレ。調べてみたら「世界で最も簡単に演奏できる楽器としてギネスに載ってる」だの、「ウクレレはあかんたれを救う」だのという謳い文句が目に入る。音量もそう大きくないらしいということも私の背中を押します。

できたらお試しでウクレレに触れたかったのですが、そんな伝は思いつかず結局ぶっつけで買うことに。リサーチすると安かろう悪かろうという品質のものもあり、楽器として安定して使える相場は1万円以上とのこと。近くに吟味できる大きな楽器店もないので、個体差が少ないという話の Famous というメーカーに絞り、YouTube の力も借りて聴き比べをした上で FS-5G という型番のものに決めて買いました。

…正確には本体の他、始めるのに必要なチューナーや入門書、ケースなどが付属したセットを買いました。演奏や運搬、保管に必要な小物を単品で買うよりお得だったので。
(気になる方はぐーぐる先生にでも聞いてみてください。いっぱい教えてくれると思います)

荷物が届いた日に早速付属の入門書とにらめっこしながら練習。中学校や高校の音楽の単元でギターを弾くことがあったおかげか躓くことなく弾けるように。ただ、この入門書だけでは物足りなかったのでレパートリーが複数載った指南書を別に購入。副題の通り120分で1曲マスターできました。

この本だけで終わらそうと思ったのですが載ってるレパートリーの曲の難易度が基本の曲よりちょっと難しく、でも基礎的な練習課題が少ない気がして物足らなくて基礎練習用の教本を買いました。でもすぐに飽きちゃって今では開いてすらいません 😆


さらに J-Pop や歌謡曲などのコード譜がたくさん載ってる本も買い、今は最初の指南書に載ってる曲をベースに、飽きたらコード譜集の中から知ってる曲をさらさらと流す程度に弾いて…を繰り返してます。毎日少しずつでも触ってるおかげか振り返れば、購入当初よりも確実に弾けるようになっていて楽しくウクレレ生活を満喫しています。本格的に極めるなら基礎練習用教本を活用すべきなんでしょうが、今は楽しさを優先していこうと思ってます。楽しくないと続かないし、課題が見えないと基礎練習にも身が入らない性分なのは分かってるので 😛

そのうち誰かと一緒に合奏したり、人前で演奏したりできたら良いなぁと思ってますが、その機会への伝ががないので1人でぼちぼち楽しむ日が続くかと(ぐーぐる先生に聞いても知らないと言われたので…)。人生の良い友達になってくれることを期待しながら長くつきあっていきたいと思います 🙂

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です