ゆびさきトングという名の道具を使ってみました

先日、クレジットカードに貯まっていたポイントを消費するため、オークス株式会社が販売している ゆびさきトング なる商品と交換しました。主婦目線で作られた、手を汚さずに食材がつかめるという触れ込みの。朝のお弁当作りで下ごしらえや調理で肉や魚を触った後、手を洗う時間が勿体ないときがあるんですよ。特に油や粉で汚れた手だと洗うのに時間をとられてしまうので、それが何とかなればなぁ…と思っていたのです。

でも身銭を切って試すには少々勇気のいるところで、気にはなる物の買うにはちょっと…と思っていたんです。そんなときにクレジットカードの獲得ポイントがちょうど交換できるポイントに達していることを知り、そして何よりポイントの有効期限が迫っていたので物は試しと交換することにしたのですよ。

実際に何度か使ってみた感想はというと、確かに触れ込み通りに手を汚さずに食材をつかめます。想定通り、粉をつけた肉や魚を鍋に投入するときなんかは手に粉がつかずにすむので結構重宝します。またトングの先もそれなりに薄いので、ハムやベーコンなどの薄切りのものを1枚ずつつかむのもさほどストレスなく使えます。パンの上にハムやベーコンをのせてトーストするのには手を洗わずに次の作業に移れるのでありがたいです。

…が、先が尖ってはいないものの鋭角に加工されているので崩れやすい食材では神経を使います。たとえば鯖の切り身など身のほぐれやすい魚など。またつかむ場所が面ではなく点に近いので、鶏のもも肉などの大きく重たい食材になるとつかんで移動させるのも少し工夫がいります。感じとしては箸の細い面でつかむよりは多少マシなのかなぁといったところでしょうか。

そして「指の代わり」という紹介ですが、私の感覚としては指の代わりというのは言いすぎかなぁと。指先でつかむことに比べたら、このトングでつかむために効率よくつかむには…と少々頭を使います。思ったようにつかめなかったときなんか、ちょっとイラッとしてしまったり。自分の指なら食材の触感もあって、ほぼ直感で食材をつかめますからねぇ 😆

でもまぁ、当初の目的である 手を極力汚さずに次の作業に移れる ということは達成できる代物ですから、私としては充分な機能を持っているかなぁ…といったところです。この満足感はもしかするとクレジットカードのポイント交換で得た道具だからかもしれませんけどね…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です