ジッパーの壊れたジーンズを鞄にリメイク

ジーンズのリメイクバッグ #1 (remade to the bag from broken jeans #1)

前々から「勿体ないなぁ…」と思っていたジッパーの壊れたジーンズを使って、リメイクバッグを作ってみました。元は夫が履いていた UNIQLO のジーンズ。履いているとたいていは膝がすり切れて抜けるぐらいなのが、夫が履いている UNIQLO のジーンズは膝に加えて、なぜか前のジッパーが壊れるものが多い感じが…。(ちなみに壊れたジーンズは学生の頃か、その後数年に買ったものだと思うので、今のものはもしかすると耐久性が上がってるかも)

ジーンズリペアの本によるとジーンズのジッパーも交換したら問題なく履けるようになるとの記載があり、試しにジッパーを外してみようと縫い目をほどいていったのですが、これがなかなか複雑だったので交換することは断念。でもすでに外してしまったジッパーを再度つけるのもなぁ…というところから、リメイクバッグに作り替えることにした、というのが事の発端です。

でも参考にできるようなレシピはないのでトライ&エラーで作っていくことに。これがなかなか難しかったんですよ。もう1回作ってって言われても、同じものを作る自信はほぼ皆無 😛

簡単に手順を記すと次のような感じです。

  1. 鞄にしたい向きにジーンズをたたんで、鞄にしたい長さに合わせて足を落とす
  2. 股上をほどいて袋状になるように合わせ直して縫う
  3. ジーンズの縫い目を傷めないように、また鞄の強度を補強するため中袋を作る
  4. 切り落とした足の部分を利用して取っ手を作る
  5. 取っ手を鞄に縫い付ける
  6. 中袋を縫い付ける

…と、並べると意外に簡単w

でも実際は記した手順を頭で考えながら、確かめるように作っていくのでサクサク進むこともなく。特に中袋は型紙らしいものもないので、袋状に縫ったジーンズを参考に作りました。…サイズが合わず切り落とした布を再度接いで足したりしたので、中袋についてはよくよく見ると酷いことになってます。途中、作るのに飽きてしまって中途半端な状態で1年ほど放置してたりも 😆

それでも何とか最後まで作ったのが写真の鞄です。自分でもよく作れたと思ってます。

ジーンズのリメイクバッグ #2 (remade to the bag from broken jeans #2)

当初は作った鞄が日の目を見るか分からなかったのですが、幸いにも夫が仕事道具を入れるために使ってくれています。そうなると心配なのが耐久性。家庭用ミシンを使って、本来なら厚い布用の糸にすべきところを一般的な布を縫う糸を使って作ったので。一応、取っ手の縫い付けの時は重ね縫いをして強くはしていますが。

とりあえず捨てるには勿体ないと思っていたジーンズを再利用することができ、また作成途中で放棄することなく完成できてちょっと嬉しく思ってます 🙂

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です