Windows 8.1 アップグレードで内蔵無線 LAN が動作せず…

Windows 8.1 が2013年10月17日に公開されて約1ヶ月弱になりました。私の使っている Windows 8 をインストールして使っている HP nc2400 にも Windows 8.1 のアップブレードを施して使っています。

Windows 8 から Windows 8.1 へのアップグレードで機能の一部に不具合が出てしまうことになりましたが、外付けのもので代用することができているので何とか使い続けることができてます。その不具合が生じたものというのが intel(R) Pro/Wireless 3945ABG ネットワーク・コネクション という内蔵無線 LAN を担うデバイス。Windows 8 で動作していたので Windows 8.1 でも動くと思っていたのですが、そうは問屋が卸してくれませんでした。

どんな不具合かというと

このデバイスが使用できる空きリソースが不足しています。 (コード 12)
このデバイスを使用する場合は、このシステムのほかのデバイスの 1 つを無効にする必要があります。

というもの。でもデバイスのプロパティから「リソース」タブを選んでも、適応されているリソースが見られない状態で、「デバイスで使用できる空きリソースが見つかりません。このデバイスを使う場合は、このシステムの他のデバイスを無効にしてください」という指示が表示されるだけ。どうしたらこの内蔵無線 LAN デバイスを使えるようにできるのか、ぐーぐる先生に聞いても適切な情報を教えてくれませんでした…。

で、よくよく調べてみるとこのデバイス、Windows 8 ではすでに Intel からのサポートから除外されているのですが、Windows 8 の OS の中に含まれているドライバによってかろうじて動作していただけのようで、 Windows 8.1 ではついに OS にもドライバは含まれることはなくなったようです。ということで Windows 8.1 を使っている以上、このデバイスに不具合解消のための対策が公式に公開されることはないわけで。

まぁ、今は USB につけると使える無線 LAN アダプタというものが世にたくさん出回ってるし、それを使うことで内蔵無線 LAN による不具合から回避できているので良いかと思って使っています。他に不具合の出ているデバイスもないですしね 😉

…実は Windows 7 から Windows 8 へアップグレードし、さらに Windows 8.1 にアップグレードしたせいで内蔵無線 LAN が動作しなくなったのかと思い、Windows 8 のクリーンインストールをしてから Windows 8.1 へアップグレードをしてみたりしたんですよね。でもそんなことで解決するわけもなく、骨折り損のくたびれもうけ。不具合が見つかった時点で intel のサイトで確認したらクリーンインストールの手間もいらなかったのに 😆

ま、メーカーサポートが切れた機器に新しく何かを導入するときには「駄目で元々」と思って覚悟しとけってことなんででしょうね…。とにかく HP nc2400 へ Windows 8.1 を適応させようかと考えてる方はご注意くださいませ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です