錆びにくい鉄の炒め鍋を手に入れました

リバーライト 極ROOTS 炒め鍋 / 寸胴型 ミルクポット

先日お弁当を作るのに使ってた卵焼き器の取っ手が壊れてしまったので新しい卵焼き器を買いました。その卵焼き器は近所の大型量販店で見つけた京セラのセラブリッドフライパンというもの。

そのセラブリッドフライパンという代物、ネットで調べてみると買って数ヶ月でこびりつくようになったという、あんまりよろしくない評判ばかりが出てきました。ちなみに検索したのは買ってからだったのですが 😳
…ま、取っ手が壊れてしまったフッ素樹脂加工が施された卵焼き器は5年使っても表面はツルツルだったし、使い方を卵焼きや薄焼き卵を焼くことに限定してればたぶんセラブリッドの卵焼き器も長く使えるだろうと思うことにしました。
(ちなみに京セラの公式ページにて焦げ付いたときの対処法の動画も含めてセラブリッドフライパンの取り扱い方が紹介されてます)

で、卵焼き器の購入を機に家にあるフライパンについても気になったことが。それはフッ素樹脂加工がその機能を果たさなくなって久しい大小2本のフライパン。フライパンだから焼いたり炒めたりは確実にするわけで、用途を限定して使うわけにもいかないし…と困っていたところにぐーぐる先生の教えが。

錆びにくい加工が施されてる鉄のフライパンがあるよん」と。

鉄のフライパンの良いところは

  • 加熱時の熱量がしっかり食材に入る
  • 鉄のフライパンで調理することで体に必要な鉄分を摂取することができる
  • 焦げ付かせてもガシガシこすってOKだし一度手に入れれば一生もの

といったところなんですが、逆に悪いところは

  • 素材が鉄なので錆びやすく水で洗った後は必ず油引きが必要
  • 購入直後は錆止め塗装がされているので使う前に強火で焼ききらないといけない

という点。鉄のフライパン欲しいなーと思ってたんですが、この難点が頭をもたげて実際に買うところまで行かなかったんですよ。ですが、錆びにくいから使用後の油引きが不要という鉄のフライパンなんて興味出るじゃないですか!

そしてぐーぐる先生の導きに沿って調べてみるとそのフライパンというのが リバーライト社が作っている「極」というフライパン です。(私が買ったのは「極 ROOTS」というものですが、違いは取っ手が国産樺材でできた白木の取っ手に変わっただけでお値段も一緒です)

ちなみにこれだけじゃ情報が全然足りなかったので フライパン倶楽部 というサイトの情報を元に吟味してました(このサイト、フッ素樹脂加工・セラミック加工のものも含めてフライパンに関する情報が多くて目から鱗でした)。また、このサイトからリバーライト社さんが公開している「極」の取扱説明書もPDFで紹介されていて、この説明書の内容も購入意欲に拍車をかけてくれました。

そして鉄のフライパンを使うには調理前に油返しという作業が必要ということで、その作業に必要なポットも一緒に購入。(油返しについては取扱説明書のほか、そのやり方についてもリバーライト社さんのサイトにて動画で紹介されています)

ちなみに買ったのは上に示した24cmの炒め鍋。22cmのものと迷いましたが、このサイズならお弁当のおかずのほか、夫婦2人のちょっとした炒め物なら十分に事足りると判断したから。実際何度か使ってみましたが、このサイズで良かったと思いました。

鉄のフライパンにして変わったことと言えば、

  • 炒め鍋で調理するのに最適な温度を考えるようになった。(取扱説明書などによると180度が最適な温度だそうです)
  • 使用後のお手入れに前ほど気を遣わなくなった。(使ってすぐに水かお湯とタワシでこするだけでOK)
  • 今まで嫌だと思っていた炒め調理に挑戦してみようと思えるようになった。(チャーハンとか)

でしょうか。自分でもびっくりです 😮

何より一番びっくりしたのはチャーハン。今までのフッ素樹脂加工のフライパンならどうやってもフライパンにこびりついてたんで、最終的にあらかじめ卵がけご飯状態にして炒めることでこびりつかないようにしてました。この炒め鍋でお店のチャーハンのように、卵を入れて周りが固まってからご飯を入れても、こびりつかないどころかヘラで刻むように炒めるだけでどんどんパラパラに。お店で食べるようなパラパラチャーハンがストレスなくできたことに感動してました。

新調した炒め鍋で作ったチャーハン

フッ素樹脂加工のように表面加工がなくなって…ということもなく手入れをきちんとすれば半永久的に使えるところも嬉しい点です。フライパンとしてはちょっと割高な価格ですが一生ものと思えば安いかなぁと。

私個人としてはとてもおすすめなフライパンです。できたら大きい炒め鍋やフライパンと買い換えて揃えたいところですが、お値段がお値段なので夫が許してくれたらになりそうです…。

その後、28cmの炒め鍋も購入しました。メインおかずの炒め物に重宝してます 😀

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です