ジーンズのリペアをお試ししてみた

修繕が完了した夫のジーンズ

先日、気に入って履いているジーンズの膝部分が裂けてしまいました。ジーンズにはつきものの縦糸の擦り切れによるものです。

ジーンズが裂けてしまった当初、裂けてしまったなら裂けたところから下を切り離してサブリナパンツ風にリメイクして新たにジーンズを買い足そうと思ったんです。でも気に入って買ったジーンズだし、同じタイプのジーンズを買うとなると8,000円ぐらいの出費になるのでためらっていました。

そんなときに見つけたのがジーンズの穴をふさいで修繕するという方法。これなら気に入って買ったジーンズの形を変えることなく履き続けることができると。早速ぐーぐる先生に尋ねたところジーンズの修繕にも結構なお値段を取られる上、今の居住地近くでジーンズのリペアを扱ってるお店を見つけることができませんでした。

そんなときにジーンズのリペアは自分でできるという謳い文句を発見。自分でするなら材料費以外かかんないよねー!ってことで、情報を集めて修繕することにしました。


でも自分のお気に入りのジーンズをぶっつけ本番で修繕する勇気ははっきり言ってありません!

そこで夫の膝がすっかり抜けてしまい、裾も擦り切れてぼろぼろになったジーンズをお試しで修繕することに。もう廃棄かウェスにする心積もりのジーンズらしいので失敗しても心は痛みませんし。

でもネットの情報だけでは心許なかったので、まずは隣の市にある少し大きい本屋さんでジーンズのカスタムとリペアについて書かれた本を購入。

本とネットで仕入れた情報を元に以下の材料を購入。

  • グレーブルー系の糸(修繕するジーンズに合わせた色がベスト)
  • スレーキという種類の布(ブロードまたはシーチングでも代用可能)
  • 膝の穴をふさぐための布

膝の穴はどうしても布が顔を出すので、それを逆手にとることにして龍の柄の布を購入。龍の柄を穴から上手に顔を出してやると格好いい?なんて思って買ってみました。

まずは膝の穴から良い具合に龍が顔を出すように柄布を裁断。その柄布だけでは弱いので、すれて薄くなった箇所を覆うようにスレーキを大きく裁断。
端がほつれてこないように処理をした後、しつけ代わりに水性の木工ボンドで縫い付ける場所に止めました。

また擦り切れた裾は裾のステッチを解いて折り目を広げて裂けた箇所を切り取り、別のジーンズを接いで修繕することに。こっちもしつけ代わりに水性の木工ボンドで止めました。

その後はミシンの直線縫いを使って当て布全体にキルトのように5mm間隔ぐらいにステッチをかけるだけ。専門的にはたたきという処理になるらしいです。ジーンズの穴の部分はそれだけだと弱いので、さらに細かくミシンをかけます。

そうして修理した夫のジーンズがこちら。

これが修理前後の膝部分。糸が見えるのはご愛敬…。
修繕前の夫のジーンズの膝部分修繕が完了した夫のジーンズの膝部分

修理途中と完了後の裾。
修繕途中のジーンズの裾修繕が完了したジーンズの裾

そうして本番となる私のジーンズ。

私のジーンズは膝が少し裂けただけなので、裂けた箇所とすれて薄くなった部分を覆うようにスレーキを裁断。裂けたのは片膝だけですが、ついでなのでもう一方の膝にも当てぬのをすることにしました。後は同様に当て布全体に5mm間隔でステッチをかけ、裂けた箇所にはさらに細かく念入りにミシンをかけるだけ。

修繕前後はこんな感じ。
補修前の私のジーンズの膝部分修繕後の私のジーンズの膝部分

修理が終わった後はしつけ代わりにつけた木工ボンドを洗い流すべくジーンズを洗濯して完成。こうして裂けたり抜けたりした膝を無事ふさぐことができました。夫のジーンズも私のジーンズも多大な出費をかけることなく、購入時の形そのままにしばらくはまた履き続けることがきそうです。

実はここで紹介した以外に1着お試しで修繕しています。このときの修繕時は膝の横の縫い目を解いて、そこへミシンの作業台を差し入れて縫った後、解いた縫い目を再度綴じるという方法をとりました。…が、元の縫い目を寸分違わず復元するのは難しいということが改めてわかりました。

で、2着目からは脇の縫い目を解くことなく、目的の箇所までジーンズをたくし上げて縫うことに。脇の縫い直しがないのは良いのですが、膝周りの大きさでしか縫う箇所を確認できないので少しずつ縫い進めることに…。私としては少しずつ縫い進める方が精神衛生的に多少気楽でしたが、手間がかかるという点ではどっちもどっちって感じでした。

もしお気に入りのジーンズに穴が開いて捨てるしかないやって諦めているなら、捨てる前に修繕を試みるのも良いかもしれません。どうせ捨てるならお試しで修繕しても罰は当たらないし、うまく修繕できたらもう一度はいてあげることができるわけですからね 😉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です