台所の魔物・換気扇の掃除 (すでに3回目)

越してきてから4年もの間ずっと放置してきたシロッコファンを掃除してから1年が経ち、今年もシロッコファンを掃除することにしました。以前のように油汚れが固形物となってシロッコファンにこってり付かれるのはもう嫌ですから…。

実は今回と同じような考えで、半年ほど前の秋にも掃除は敢行してました。本当のところ夫の長期休暇に合わせてしようかとも思ったのですが、それだと確実に寒い時期になってしまって油汚れが堅くなってしまいそうだったし、1年も溜めちゃうと余計に手間がかかりそうな気がしたので。その半年前の掃除したときに手間が言うほどかからなかったのもあって、最初のような苦労はしたくないからと今回決行するに至りました。

そして今回も以前と同じく重曹を溶かした液とトロトロ石けんを準備。フードカバーなど外せるものは外してしまって、シロッコファンやその付属品、フィルターはシンクの中へ。シロッコファンと付属品とフィルターにはトロトロ石けんをまんべんなくつけて放置。水洗いができそうにないフードカバーやフード内部は重曹を溶かした液で拭き上げていきました。

…でもシロッコファンが収まってるファン内部はあまりのコッテリ汚れのせいで1年前の掃除でも断念してしまった経緯もあって、こびりついた油を厚紙などで掻いて剥がすぐらいがやっと。その後、気休め程度に重曹液で拭いて終わりにしました…。ヘラを買ってきて掻くか、業者に頼むしかないのかなぁ、ここは…。

一通り拭き掃除が終わった頃にはシロッコファンにつけたトロトロ石けんが油汚れを浮かせてくれてるので、毛を短くカットした使い古しの歯ブラシでコシコシとこすり落とします。こするたびに酸化した油の臭いがぷーんと漂うものの、汚れが落ちてる証拠と思えばさほど苦ではなく。1年前に初めて掃除しようと決行したときに比べれば、軽くこするだけでスルスルと落ちてくれるので嬉しい限り!

一通りこすり終わったら油を包んでくれてる石けんを流してしまうだけ。水だと石けんカスがたくさん発生するのでお湯で洗い流しました。その方が流した後の水分の乾きも早いですからね。

1年前の苦労と半年前の掃除のおかげで、ファンとその付属品の油汚れはこれだけでスッキリ綺麗になりました。そして外したときとは逆の順序で組み立て。半年程度に1回掃除しているおかげもあって、今の家に越してきて初めて掃除したとき2日がかりだった行程が半日で終わりました。

でも逆に、初めて掃除した後で換気扇を動かしたときの動作音の静かさに感動したというような「おおっ!」と思える変化はほぼなく、「頻繁にすると掃除が楽だなぁ、やっぱり」ぐらいの感動しかありませんでした。…まぁ、そりゃそうなんでしょうけど。

ちなみに夫の長期休暇にかこつけて手をつけましたが、夫は持ち帰ってきた仕事が忙しいからと一切手伝ってくれませんでした。仕方ないと言えば仕方ないんでしょうが、なんかちょっと寂しい気分を味わったのは言うまでもなく。…あ、手伝うよって言う声かけはいただいていましたけどね(と弁護しておく)。

次はヘラを買ってファン内部を掃除するためにお盆頃にまた決行しようか、涼しくなり出す半年後の秋あたりに今回ぐらいの比重でしようか考え中…。住んでるのが賃貸だということもあって、業者に頼むのも気が引けるですよねー。汚れを溜めて苦労するのは嫌だしなぁ…。

「台所の魔物・換気扇の掃除 (すでに3回目)」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です