今年初のツーリング for 帰省 (大阪北東部ツーリング)

大雪でひどいことになってた京都北部も、2月末からの気温の上昇に伴って雪も含めてどんどん解けていき、3月上旬には白い姿はすっかり姿を消していきました。そして気温もそれまでとは違って震えるほどではなくなっている状態。

…ということで、久々にがっちりバイクに乗りたい!と思い立ったのです。まぁ、それだけではなく夫が仕事の都合で4日ほどの出張に行っていて、食事の心配は自分自身だけですむということもあったのですが。

そうなると行き先をどうするか…ということになるのです。いろいろ考えあぐねたのですが、結局ピンとくるところが思いつかず。でもバイクには乗りたい…。

そうだ、実家に行こう!

ということでバイクで自分の実家に帰ることにしました。下道で片道3時間の道のりですから立派なツーリングです。

そうして迎えた3月8日。夫が仕事に向かう日と変わらない時間に起きたものの、朝食や準備で家を出たのは9時。そこから国道を伝って南下していきます。途中で休憩がてら実家に電話。

「もしもしー。今からそっち向かうから。…うん。途中で引き返すかもしれんし、ばあちゃんがっかりさせたくないから今から向かうことはばあちゃんに内緒で。…うん。

…あー、あの道? 京都市内から抜けようと思ってたけど、やっぱりそっちの方が良い? …うん、確かにバイクだから楽かも。…うん、分かったー。その道で行ってみるー」

ここでヘッドライトのロービーム側の電球が切れていることに気づいたり。道中のどこかで整備すりゃいいさ!

実家に連絡した後さらに京都市内方面へ国道沿いに南下。そして途中で脇道に逸れることに。あの道から実家方面へ向かうためです。

その、あの道とは京都府道・大阪府道6号。府道枚方亀岡線とも呼ばれる道です。国道9号から多量の車でごった返す京都市内を通らずに大阪府へ抜けられるものの、一部が1.5車線だったり途中にある採石場から出入りするダンプが通ったりします。でも車通りは少なく風景を愉しみながら走れる道でバイクの方にはお勧めできる道の一つです。

…が、今回は道中を写真を撮る余裕は時間的にありませんでした。気になる方は足を運んでみてください。

実はこの道、南から北へは向かったことがあるものの逆は今回が初めて。途中で一方通行に出くわして躊躇いはしたものの、それ以外は順調に走り抜けて無事に大阪府高槻市側へ抜けることができました。

後は道に沿って国道170号線に乗って橋を渡れば実家まではすぐそこ。…なのですが、ロービームの電球切れが気になって。道中で寄ったところは原付&自転車専門の店でバリオス用の電球はないと言われる始末。結局入りやすいところに大きいバイクショップが見当たらず、少し遠回りして引っ越す前にお世話になってたバイクショップにはせ参じることにしました。

ショップについて状況を説明し、ついでにタイヤの空気圧点検もお願いしました。そして久々に顔を出した旨をちらりと話すと覚えててくれてましたよ! 「キャブレターの整備とかしましたよね」って。夫のバイクもお店で買った話が出ると名前も思い出していただけました。やっぱり覚えてていただけてると嬉しいものですねぇ。

整備はすぐに終了しその足で実家へ。当初の予定より30分ほど遅く着くことになりましたが父も祖母も温かく迎えてくれました。母はというと朝から出かけてて、私が向かう旨を伝えたからすぐに帰るとのこと。ですが、そうすぐには買えってこれず、私が到着した1時間後ぐらいに帰ってきました。そこから家族みんなで遅い昼食。ワイワイ言いながら食べてました。

そんなこんなで当初予定していた実家から出発時間を1時間遅らせることになってしまうことに。両親には泊まっていけと言われたのですが、次の日が朝から雨という予報だったため遠慮することにしました。晴れる予報なら確実に泊まって帰ったのに!

帰路は何のひねりもなく来た道をただそのまま戻るだけ。まっすぐ帰っても家に着く頃には薄暗くなってると思うとどこにも寄る気にはなれません…。

往き道で休憩した場所に戻ってきた頃にはすでにあたりは薄暗くなってました。出先でロービームの整備をしておいて良かったと胸をなで下ろしてたのは言うまでもありません。そうして順調に自宅へ。なぜか往き道でかかった時間より1時間も遅い到着。まぁ、いつもは私がペースカーになることが多いのに、今回はさらに遅いペースカーが前を走っていたせいかなと…。

自宅に到着した旨を電話で実家に伝えると連絡が遅いから少々心配したと。ごめんと謝りつつ途中に捕まったペースカーがゆっくりだった話をし、また電話口から祖母がえらく喜んでくれたことを聞いて短時間でも帰って良かったなぁって思いました。

こうして今年初のツーリングは滞りなく順調に終わりました。懸念は冬を越えて未だ1年点検に出してない上にブレーキパッドの交換目安が来ている状態のバイクだったことですが、往き道の途中で1度だけエンストを起こしたこと以外は元気に私を運んでくれました。

去年はそれほど乗ってあげることができなかった我が愛車・Balius 2。今年は去年よりはしっかり乗ってあげたいなーと思ってます。ま、その前に1年点検とブレーキパッドの交換が待っているのですがね。

整備費、いくら飛んでいくのかなぁ…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です