ブログを使ったアフィリエイトを考えてみた ものの…

今住んでるところに越してきて、初めて馴染みのカフェができました。越してきて5年でようやくです。

たまたまTwitterで同じ市区町村に馴染みのある方をフォローし、たまたまその方々のツイートから知ったカフェです。何となく興味を持って行ってみたら居心地が良く、また同じように通っていらっしゃる方や店のオーナーさんからも声をかけて貰ったりして、週に1度のペースで通うようになってます。

元々地元じゃない土地で知り合いもなく、勤めにも出てない・子供もいないということで社会との接点がほぼない状態ではやっぱり寂しいと思うわけで、今のカフェでの交流が救いになっていることを実感してます。1人で過ごすのは苦痛じゃない質だったはずなんですが、やっぱり人との交流は大事なようです。

そこで問題となるのがカフェに通うと必然的に発生するカフェ代。高いとか安いとか、何とかケチりたいとか、そういうネガティブな話ではなく、自分の勝手でやりたいことに家計費を使うのが何となく後ろめたいなぁ…と思うのでして。

勤めに出るのが手っ取り早いのですが、夫の仕事の多忙さと夫の意向を踏まえるとなかなか適わないのです。そこでピピッと考えたのが在宅での仕事。早速グーグル先生に聞いてみたものの、美味しい誘い文句の割に問題多々ありな状況の模様。私も実際に資料請求したのですが、最終的にお断りすることにしたぐらい。個人情報渡しちゃう結果になっちゃいました…。

で、今度は換金可能なポイントがためられるサイトを物色。アンケートに答えるとポイントが貯まるという複数のサイトに登録。でも効率は良くないとのことでブログライターなるものに目がいき、記事を書くだけで報酬が貰えるという謳い文句に誘われて、こちらも複数のサイトに登録しました。ブログライターといえば聞こえは良いものの、要は自分のブログを使って紹介しているサイトの宣伝してくださいっていう、ブログを使ったアフィリエイトです。

…が、そんな折に見つけたのが次の記事。はっきり言ってブログアフィリエイトサイトに登録する前に出会いたかった記事でした…。

これらの記事を読んで自分の中でしっくりこなかったことがストンと腑に落ちたというか。それが何かというと、宣伝記事はどうやっても宣伝記事にしかならないということ。

宣伝メインで書いた記事には、ブログ管理者の気持ちというか、人柄というか、人間味のある感じがない気がするのです。特に宣伝であることをひた隠しにして書かれた記事でも人間味のなさは何となくにじみ出てる感じがあって漠然とした嫌悪感があったのですが、ここに来てようやくアフィリエイトをにおわしている記事やブログに漠然とした嫌悪感を持っていた理由が分かった感じがします。

今までもアフィリエイトをメインに考えて当ブログを書いてきたわけではなのですが、この嫌悪感の正体が分かった今、これからもアフィリエイトをメインにこのブログを続けることはやりたくないなぁと思いました。どうせ宣伝するなら私自身が良いと思い、他の人にも勧めたいと思うものを宣伝したいと思います。

ということで、ブログライターとしてデビューしようと右往左往してましたが思いとどまることになりそうです。どうせなら自分が実際に触れてみて本当に良いと思うものを勧めたいですからね。

最後に。
当ブログにもアフィリエイトは設置していますが、「もし気になるようでしたらクリックしてみてください」的な意味合いぐらいしかありません。設置したアフィリエイトで稼げれば嬉しいですけど、それよりは私の書いた記事が役に立ったよって言われる方が嬉しいです。「あわよくば」的な気持ちがないわけではないですけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です