初詣と久々の風景の鑑賞

見つめる狛狐 (the guardian fox of Fushimi inari taisha Shrine)

1ヶ月も前の話ではありますが、今年も例に漏れることなく去年の年末から夫の実家へ帰省し、夫のご両親と一緒に伏見稲荷へ初詣に行ってきました。去年の大晦日は京都市内も雪が積もるほど雪が降り、次の日の元旦には雪化粧をした景色を愛でることができました。

その京都市内の積雪よりも、今年は久しぶりの出来事に出会いました。それは…。


初日の出 😀
2011年の初日の出 その1 (the first sunrise of 2011 #1)2011年の初日の出 その2 (the first sunrise of 2011 #2)
結婚する前に1度は見たのですが、結婚してからは全く見る機会がありませんでした。夫のお父さんも「初詣するようになって始めてみた」ととても感激してらっしゃいました。

夫の実家付近も大晦日に降った雪が残っていたのですが、伏見稲荷はそれよりも多く残っていました。おかげで神社の社も狛狐も雪帽子をかぶった姿をカメラに納めることができました。

伏見稲荷には表参道だけでなく奥社でも護符やお守りなどが売られているのですが、奥社だけでしか売ってない護符やお守りがあることを今年になって初めて知りました。特に車に付ける護符のデザインが良い感じだったので奥社で購入しちゃいました。

伏見稲荷大社の表参道門 (the gate of Fushimi inari taisha Shrine)雪帽子をかぶる狛狐 (the guardian fox of Fushimi inari taisha Shrine)見守る狛狐 (the guardian fox of Fushimi inari taisha Shrine)伏見稲荷の千本鳥居雪帽子をかぶったお社 (the building of the shrine is covered with snow)輝く表参道門 (the shining gate of Fushimi inari taisha Shrine)

そうして表参道まで戻り、今年もおみくじを引きました。結果は凶のち吉。吉は良いけど凶の出来事には出会いたくないなぁと願っているところです… 😕

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です