シフォンカップケーキを作ってみました

カップシフォンケーキ (Cup of chiffon cake)

秋頃にたまたま寄った本屋さんでシフォンケーキの本を見かけました。手にとってなかなか良い感じだったのですが、見つけたその日は結局買わずに本屋さんを後に。その後しばらくは後ろ髪を引かれるような思いで見つけた本を買うべきだったかと悩んでいました。

それから日にちが開いたある日、自宅でお勉強がしたくなって本屋さんに行ったところ、良いなぁと思っていたその本がまだ店頭に置いてありました。この期に買い逃したら次に出会えることはないかも…と思い、勉強するための本と一緒にシフォンケーキの本も買うことにしました。そうして買った本というのがこれ。

で、この本のどこが気に入ったかというと…。

  • 紹介されているレシピのいずれも材料の中にベーキングパウダーが含まれていない。
  • 材料の分量が型のサイズごとに書かれている

ベーキングパウダーが付かれていないのが良いのは家にベーキングパウダーを買い置きしていないから。ケーキに使う分量はほんの少量だし、普段から頻繁に作っているなら買い置きしておいても無駄にならないと思います。が、私の家に限ればいつ作るか分からないし、頻繁に作ることもない。そんなのでベーキングパウダーを買うのは勿体ないという話で… 😳

型のサイズごとに分量が書かれている点もレシピに応じた型をいちいち買わなくてもすみますし、また型のサイズに応じて分量を算出するという手間もありません。願ったり適ったりとはこのことです。


そんなこんなで買った本ですが、しばらくこの本の出番はありませんでした。というのも、シフォンケーキ型を買っていないという状況だったもので。折角買ったんだから作りたいと思ってはいたものの、目に適うものがなかなか見つからず。店先で売っているものはテフロン加工が施された型なんですが、ネット上ではテフロン加工された型はあまりお勧めできないとの情報が。

テフロンを嫌がってる理由なんですが、シフォンケーキが型に貼り付かせた状態で形状を保たせたまま冷ます必要があり、型から簡単に剥がれる状態だとケーキを冷ます際に縮んでしまう原因になってしまうから。型に施されたテフロン加工は型の使用後にケーキが型から剥がしやすいようにと施されたものですから、シフォンケーキの特性とは相反することになる訳で…。

そんなテフロン加工のシフォンケーキ型とは別に紙のシフォンケーキ型も売ってるのですが、こちらは1回使えばそのままゴミになってしまうので勿体ない気がして手が出ません。もちろん複数枚セットにされてはいますがゴミになるという点が手を出しにくくて。

…と、しばらく葛藤していたのですが、それでもどうしても軽くて甘いケーキが食べたくなって悩んでいたところにピコンとひらめきが。家にあるココット皿を利用して焼いてみようと思い立ったのでした。

そこで問題が。ココット皿は家に2個しかありません。そこで本を頼りに卵1個分で作ろうと、卵2個を使用する配合を材料ごとにすべて半分にして作ることにしました。一番の懸念はメレンゲでしたが卵1個分だったおかげで、手立てでも苦することなくきめ細かいメレンゲにすることができました。

ココット皿に生地を移すと2皿でちょうど良い分量。それをオーブンに入れて焼くこと20分。思いの外良い感じで焼くことができました。そうして焼いたケーキを冷ましたものがトップの写真。良い感じです。

…なんですが、ケーキにフォークを入れてみるとケーキとココット皿の間に隙間が。空気が入らないように生地を流し込んだんですが、なぜか空間が空いていました。でも味と軽さはシフォンケーキそのものでした。どうしてケーキとココット皿の間に隙間ができたんでしょうねぇ… 😕

ちなみに陶器で焼いたシフォンケーキですが、型からだそうとすると折角膨らんでるケーキをつぶすことになってしまうので陶器に入れたまま食べることをお勧めします。陶器に入ったケーキをフォークで上品に食べるのも良いものだと思いますよ 😉

「シフォンカップケーキを作ってみました」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です