生パスタに惹かれ、トラブルに見舞われて… (京都・福知山ランチツーリング)

ラ・トラビアータ (La Traviata)

先日、京都府福知山市までお昼を食べに行ってきました。私が親不知を抜歯したり、夫が仕事に追われてたりとバイクに乗る機会がほとんどなくって。バイクが機嫌を損ねて動かなくならないうちにちょっとでも動かしておこうとバイクで出かけることにしました。

その日は良い天気だった上、次の日からまた雨の日が続くということで、朝ご飯の後からお昼ご飯の目的地を検索。ネットやら地域情報紙とかを眺めながら目的地を福知山市の駅前にあるパスタのお店にしてお昼過ぎに出かけることにしました。


その目的地はLa Traviata (ラ・トラビアータ)で、場所は福知山駅前にあるホテル・R-inn福知山に隣接してます。国道27号から京都府道8号、国道9号を経てJR福知山駅前へ。迷ったらどうしよう…と思っていたのですが、ヤマダ電機やヒマラヤの前ということと、区画整理地域で周りにほとんど建物がないということで目的地はすぐに見つかりました。

駐車場にバイクを止めて早速店内へ。ちょうど席が空いたところだったようで、すぐに案内していただきました。店内はゆったりした感じで、店内の壁には遊び心を感じさせる棚があり、また道路に面したガラス窓からは自然光が入ってきていて、すてきな雰囲気でした。

ついた時間帯の関係でランチの他、カフェもやっていることを案内されましたが、私たちはランチが目的だったのでランチセットを注文。私はデザートも食べたかったので1人分だけ追加しました。

ランチセットはパスタと一緒にサラダとパンがついてきます。パンはロールパンと胚芽パンの2種類が提供され、サラダに掛けるドレッシングはフレンチドレッシングとゆずポン酢ドレッシングの2種類から選べます。またパスタはメニューの中から好きなものを、さらにパスタの種類もスパゲティとタリアテッレ(平たいパスタ)から選択することができます。私はホタテバターの醤油パスタをスパゲティで、夫は煮込み鶏肉のスパイシークリームをタリアテッレで注文しました。

サラダ&パン ホタテバターの醤油パスタ 煮込み鶏肉のスパイシークリーム

このお店ではパスタの上にお好みの量のチーズをその場ですり下ろしてくれます。私は粉チーズはあまり好きではなかったので遠慮しましたが、夫は定員さんに頼んでチーズをすり下ろしてもらってました。

ホタテバターの醤油パスタですが、小さなホタテ以外ににんじんと枝豆、ブロッコリーが入っています。上にかかっているのりがほんのり香り、食欲をそそってくれました。パスタは生麺というだけあってもちもち。ソースもホタテの風味が出ててとても美味しかったです。…でも残念ながら今回は夫のパスタは味見をしなかったのでどんな味か分かりません 😛

パスタの後はデザート。この日のお勧めデザートとして3種類が用意されていて、そのうちキウイのショートケーキを選択。イチゴのショートケーキは良く聞きますが、キウイが使われているのは初めて。ちょっとワクワクしながら持ってきてくださるのを待ってました。

キウイのショートケーキ

イチゴの代わりにキウイが使われていること以外は至って普通のショートケーキ。でもキウイの甘酸っぱさが思いの外生クリームに合ってて良い感じです。スポンジが意外にしっかりしていましたが、これはこれでありかなぁと。ランチセットだけなら980円、デザート付きなら100円追加の1,080円になります。ちなみにランチセットにはさらに100円追加でフリードリンクサービスを付けることができます。

お腹も心も満足しながらLa Traviataを後にし、国道9号から福知山市街を経て由良川沿いに京都府道55号を北上して帰宅することにしました。

…が、京都府道55号の途中で私のBalius-2がエンジントラブル。ギアを落としていつもより高めの回転数でエンジンを回していたのですが、カーブにかかる際にアクセルをゆるめるといつもとは違った排気音が。「これはやばいかも…」と思って指示を出して路肩により、クラッチを切って惰性で走りながらアクセルを戻すと回転数が下がったところでエンジンストール。

まぁ、ここまでは時々起こっていたことだからとそんなに深刻に考えていなかったのですが、それからエンジンを再始動させてみようとしたもののエンジンがかかりません。何度か試したのですが、試す度にセルモータの元気さがなくなっていき、最後にはホーンは鳴るしモニター類の電球はついているものの、セルモータは全くかからない状態になってしまいました。

こうなってはエンジン始動には押し掛けしか手がないのですが、私も夫も押し掛けなんてしたことがないこともあって掛けられる自信なし。ということで、いつもお世話になっているショップに電話を掛けてトラブル前後の状態を伝えて迎えに来てもらうことにしました。トラブルを起こしたところが1時間ほどのところだったのが不幸中の幸い…。

そうして電話から1時間半ほどで車載車で迎えに来ていただきました。ショップの方は様子を見るために早速エンジン始動…と、すんなりエンジンがかかってしまいました。その様子に私も夫もショップの方と顔を合わせて照れ笑い…。だって、しばらくしてからエンジンを掛けて乗って帰っても良かったのに…って感じですから。

それでもショップの方は電話で伝えていた症状と現状、そしてバッテリーの電圧を見て電気系統のトラブルということ(このトラブルの詳細は後日…)と、熱に影響するため走っている途中でサイド同様の症状に陥る可能性があるということでショップまで運んでもらうことに。車載車に乗っていくか、夫とタンデムで帰るかの二者択一になり、車載車で自宅まで送っていただくことにしました。理由は私も夫もタンデムの経験は全くなく、もしタンデムを選んだ場合は慣れないタンデムを1時間続けないと帰れないということ。かなりリスキーなことをするよりは安全に帰る方が良いと思ったので。

車載車に乗せていただき、ショップの方と他愛のない会話をしながら1時間。自宅まで送っていただき、そのままバリオスはショップに入院することになりました。それからしばらくして夫の帰宅。夫曰く、途中で挫けそうになってそうで1人で1時間の距離を走るのはやっぱり嫌だそうです…。まぁ、気持ちは分からなくはないのですが… 😐

美味しいパスタを食べて満足した後のトラブルで「あちゃー」と思いはしましたが、慌てたり落胆することなく対処ができたので良かった方かなぁ…と自分では思ってます。

ちなみに入院したバリオス君は出先での見立てでは部品交換になるらしく、その部品は取り寄せないとないのだそうです。数日前にチェーンを替えてもらったばかりというのもあり、どんだけのお値段がかかるのかと戦々恐々としてます。預けて2日、まだショップからの連絡はありませんが、そんなに費用がかさまないことだけを祈ってます。はぁ… 😥

今回お昼を食べた La Traviata の位置はこちらです。JR福知山駅前からすぐのホテル・R-inn福知山の1階ということもあり、またカウンターに配置されているトースターやポットヒーターなどから、このホテルに泊まった際はこのレストランで朝食を取ることになりそうです 🙂

「生パスタに惹かれ、トラブルに見舞われて… (京都・福知山ランチツーリング)」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です