結婚式に参列してきました

神官と巫女

お日柄も良かった5月末、夫のお姉さんの結婚式に参列してきました。天気が悪かったら嫌だなーと思っていたのですが、幸いにもとても良い天気に恵まれました。もちろん私にとって義理の姉に当たる方ですから夫と一緒に参列してきました。いつもお供にしているデジタル一眼レフカメラを持って 😀

式は今では珍しいであろう神前式。それもキリスト様の前ではなく、宇治の大神様の前でのご報告。京都府北部に住んでる私たちは結婚式当日は朝から晩までのスケジュールということで、夫婦は前日から実家に帰り当日早朝からのスケジュールのために準備です。もちろん当日はお姉さんとお母さんは早朝から会場入り。主役は人より作業が多いのです 😛


夫とお父さん、そして私は2時間ほど遅れて会場へ。その頃には新郎さんのご親戚も到着されている方も居られてました。

宇治上神社の御前にて (front Ujigami shrine)

私たちも準備が整うまで控え室の外で待機。しばらくすると新婦さんの準備ができたという声が。早速控え室に入ってお話がてら写真を撮らせてもらいました。

一息入れる花嫁 主役たちの会話

白無垢姿の花嫁さんもステキです!

昨今は白無垢よりウェディングドレスで挙げる方の方が多いでしょうから、これは本当に絶好のチャンスという感じです。特にお姉さんは細身で色白なので白無垢姿がよく似合います!

その間にも神社専属のカメラマンさんによる撮影が進み、神社の巫女さんが新郎・新婦への説明に訪れたり。そうこうしている間に式の時間となり、神官の方に呼ばれるまま親戚一同、控え室から退室し神社の参道へ。

拝殿に向けて

…と、このときはそんなに疑問も感じてなかったのですが、その後はこれまで参列したことのある結婚式と全く違う手順に少々戸惑いました。やっぱり日本風神前式も厳かで良いものだなぁ…と思いました。ただ私の場合、「江戸時代の結婚式もこんな感じだったのかなぁ」なんて漠然と考えていましたが 😛 神社という場所柄、雅楽の生演奏も聴けましたし 🙂

式の内容はせっかくですが記すのは止めておきます。やっぱり「どんなんだろう」と好奇心を持って参列する方が良いでしょうしね。(細かいところは忘れてしまった、という話もありますが…)

式の後は近くの宇治川をバックに写真撮影。良かったら皆さんもという話だったので、もちろんついて行って写真を撮らせていただきました。この時期の宇治川は新緑に有名な赤い橋が良く映えるんですよね 🙂

その後は昼食を兼ねた披露宴。お姉さんは白無垢姿から振り袖姿に衣装替え。着付けを説いて再度着付けるという作業のため、結構な待ち時間に。大人は良かったんですが、3歳のお子さんが待ちくたびれて待ちくたびれて…。こればかりは仕方のないことなんですけどねぇ…。

…そしてこのときの写真はほとんど撮らず。というのも、これが「披露宴」だと聞いてなかったのが最大の汚点。てっきり夜にホテルで行うと聞いていたものが「披露宴」だと思い込んでたせい。新郎さんのお父さんやお祖父さんのご挨拶などがあったのに、すっかり取り逃してしまいました…。もちろん気づいたときには後の祭り。終盤の新郎・新婦からご両親への挨拶と花束贈呈だけは写真に納めさせていただきましたが、今振り返ってもやっぱりショック… 🙁

遅くなった昼食をゆっくり済ませた後はホテルで行うパーティーに向けての準備。新郎・新婦とご両親はここで貸衣装を返却、さらには借りている控え室も後ろの予定が詰まっているということで急いで帰り支度。私たちは夫のご両親といったん自宅に戻った後、パーティーの受付を仰せつかっている関係で参加する準備もそこそこにホテルへ向かいました。

ホテルの方は至って普通の披露宴。ちょっと違うのは親戚間の披露宴を済ませているということで、こちらは友人や勤め先の方々を呼んだパーティー。始まる前の雰囲気も写真に納めたかったんですが、夫とともに受付を頼まれていたので写真は撮れず。その代わりパーティーでの写真ももちろんしっかり撮らせていただきました。

…が、親族だけの披露宴以降、顔がばっちり写っているものばかりなため公開は…。期待していた方、ごめんなさい 😳

こうして夫のお姉さんの結婚式は朝から夜までびっちりとしたスケジュールでしたがつつがなく終えることができました。私としても幸せそうな笑顔がたくさん取れたのでそこそこ満足でした。

自宅に帰ってきたのは式の翌日。その次の日から早速RAW現像で写真の補正していきました。補正をしていると、とっさに撮ると水平がなかなか取れないという弱点が露見… 🙁
今後の課題はこれでしょうかねぇ…。

そんな慌ただしいくもすてきな1日を一緒に過ごすことができて良かったと思います。これから2人で歩まれる長い人生がすてきな人生になることを心から祈っている次第です。お姉さん、お幸せに! 😀

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です