想像外れの味と懐かしい味へ(京都府・綾部&美山ツーリング)

かんばやし のから見える風景

先週の日の曜日にツーリングに行ってきました。行き先はいつものように夫の希望を汲むように決定。目的地がないとお出かけする気にならない夫ですから…。

先週の頭では週末は雨になるという予報でしたが、その予報は見事に外れて良い天気に。そんな天気を目の当たりにしてすでに乗る気満々な夫は少し前からラーメンが食べたいと言ってたこともあって、まだ言ったことのないラーメン屋さんはないものかとグーグル先生に行き先のお伺いを立てて、今回は山間にあるというラーメン屋さんに行くことになりました。


その山間にあるラーメン屋さんとは京都府舞鶴市のお隣に位置する、京都府綾部市の山間にあるラーメン屋さん『かんばやし の』というお店。目的地を決めた頃にはすでにお昼になっていたので、ぐずぐずしてても仕方がないと早速準備して出かけることにしました。

舞鶴から京都府道51号を経て京都府道1号を北上。そこからまた京都府道51号に入ってすぐのところの、ラーメン屋さんの存在を気にかけながら走らないと見落としてしまいそうな、山間部の田園地帯に佇む一軒家がそのラーメン屋さんです。ラーメン屋さんの存在を知らせる看板と、幸い私たちが行ったときには駐車場に数台車が止まっていたのもあり、迷うことなくそのラーメン屋さんを見つけることができました。

かんばやし の の店先

店内は外見そのまま、田舎の親戚の家に招かれているような、普通の民家の風情を漂わせています。幼い子どもたちが描いた絵や一言ずつ書かれた紙が並べて貼られていたり、縁側の廊下に古いマッサージ器がおかれていたり、本当に普通の民家を思わせてくれます。本当にここはラーメン屋さんなのか?と、座ってラーメンを頼んで良いのかと躊躇ってしまうぐらいの雰囲気。もちろんきちんとメニューがおかれているので間違いなくラーメン屋さんですし、そのメニューの前には来店者が自由に書けるノートも置かれていました。私たちが座ってしばらくして水を持ってきてくださった方に早速注文。夫は醤油ラーメンのこいくちを、私は同じ醤油ラーメンのうすくちを頼むことにしました。

かんばやし の のメニュー かんばやし の のラーメン

出てきたラーメンは至って普通の醤油ラーメン。薬味としてメンマ、チャーシュー、もやし、ネギがのっていて、麺は黄色い縮れ麺、スープも至って普通の醤油ベースのラーメンです(ちなみにスープを除いて薬味・麺はこいくちを頼んだ夫と同じでした)。うすくちということだったのですが、私にとっては想像より濃いスープだったので個人的には…。決して美味しくないという訳ではありませんのであしからず。味の濃さはそれこそここの好みが分かれるものですからねぇ… 😳

そうしてお腹いっぱいになったところでラーメン屋さんを後に。そのまままっすぐおうちに戻るのもなぁ…ということで、日もまだまだ高いと言うこともあって久しぶりにお気に入りのケーキ屋さんに行くことにしました。そのケーキ屋さんは京都府の美山にある『フリアン』さん。そうと決まれば早速出発です。

『かんばやし の』さんからは京都府道51号から京都府道1号に出てさらに北上し、そこから国道162号に向かうため福井県道16号へ進むのですが、この福井県道16号がかなりの曲者。16号に入ってすぐはそうでもないのですが、すぐに急な上り坂になり、1.5車線の細い道になり、さらには細かいヘアピンカーブだらけに。あまりに急でヘアピンカーブなところは思わず足を付いてしまうぐらい。はっきり言ってBalius-2ではもう2度と通りたくないと思うぐらいです…。

そんな福井県道16号を経て国道162号へ。その国道162号沿いに『フリアン』さんがあります。この日は本当に良い天気ということもあり、国道162号はバイクでツーリングを楽しむ方々がたくさん通っていました。ただ私としては「残念だなぁ」と思ったことが。国道162号は周山街道とも呼ばれる道でツーリングやドライブを楽しむ方に人気のある道なんですが、法定速度を遙かに超えるスピードで通り過ぎたり、結構な音量の排気音を立てながら走っていく車やバイクが一部おられたこと。心の中で「そんなに急いでどこへ行く?」と思いながら、私たちは法定速度程度のスピードで周山街道の雰囲気を味わいながら進みました。

第2の目的地・『フリアン』も覚えてなかったら見落としてしまう佇まいのお店。もう少しで走行スピードに任せて通り過ぎてしまうところでした。早速お店の横にバイクを止めて店内へ。すると小さな店員さんがお出迎えをしてくださいました。

早速席についてケーキセットを2つ注文。ケーキはショーケースに並んでる手作りのケーキの中から、飲み物はコーヒーか紅茶をアイスかホットで頼むことができます。ショーケースを眺めて迷ったものの、私はショートケーキを、夫は生チョコケーキを頼みました。

フリアンのショートケーキ

ケーキ自体久しぶりに食べたのもあるのですが、ショートケーキは本当にふわふわでとっても幸せな気分になりました。生チョコケーキの方も一口もらいましたが、チョコレートの味はしっかりしているのに全くしつこくなく軽い味わい。このお店はやっぱり良いなぁと思いながら最後まで美味しくいただきました。

そうしてケーキを食べながら一息ついた後、日が暮れる前に家に着きたいと思い名残惜しい思いを持ちながらケーキ屋さんを後に。ここからはひたすら舞鶴へ。国道162号から京都府道12号を経て国道27号へ。ぐるりと回るような形で自宅へ戻りました。途中、西舞鶴から新たしくできた舞鶴国際埠頭、通称『みずなぎ埠頭』までの道を通過。埠頭のある程度内側まで入れるのかなぁ…と思っていたら、道路と埠頭を繋いでいるところでしっかりゲートが閉じられてました。…実はその手前のトンネルを抜けてすぐぐらいで関係者以外立ち入り禁止とは書かれていたんですけどね… 😛

そうして帰ってきたのは19時前。晴れていた上に夏に向かっていて日が高くなっていたおかげで、明るいうちに自宅にたどり着くことができました。計画通り明るいうちに帰ってこれたのは本当に良かったです。

ラーメンは私の思っていた味と違っていたのは残念でしたが、久しぶりにお気に入りのケーキ屋さんでお気に入りのケーキが食べられてとっても良い感じのツーリングとなりました。あのケーキはいつ食べても美味しいなぁと思ってしまいます。今度いついけるのかは分かりませんが、また行くチャンスに恵まれたらなぁ…と思ってます 🙂

この日の走行ルートはこちら。もし良かったら田舎の民家の雰囲気の中でラーメンを食べに行ってみてください 😉


より大きな地図で 京都府・綾部&美山ツーリング を表示

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です