我が家にもXperiaがやってきました

手編みのポーチにXperiaを納めて

とうとう私のおうちにもスマートフォンの新風が吹くようになりました。そして私の手元にやってきた今話題のソニー・エリクソン製Android携帯・Xperia君。

Xperiaの話題がネットを賑わすようになってから買おうかどうしようか悩んでいたんですよねー…。で、どうして手に入れることにしたかというと、夫の携帯の機種変更のついで買い 😳

夫の携帯がすでに3年以上使っていて外観はぼろぼろ、電池の持ちは悪いし…といった感じだったそうで。さらには夫が貯めてるdocomoポイントが今月末で2,000ポイントほど失効する旨の連絡もあり、さらには夫曰く「職業柄、最新の機能が付いた携帯が…」という話だったので夫の機種変更について行くことにしたんです。

最寄りのdocomoショップで夫が目を付けていたXperiaの在庫状況を聞くと白は予約になるものの、黒はそこそこ在庫があるという話。在庫1台というならあきらめが付いたんですが、そういう話なら「欲しい」という気持ちに火が付いてしまいます…。どうしたものかと悩んでいたら、

「じゃぁ、黒2台を機種変更で」

という夫の鶴の一声が。思わず「え、良いの?」と夫に聞き返してしまいました。それから20分ほど待った後、夫とともに機種変更の契約手続きに。基本的な契約内容は次のようにしました。

  • iモード接続(継続・iモードメールを維持したかったから)
  • iモード.net(新規・スマートフォンでiモードメールを確認するのに必要)
  • mopera U・Uライトプラン(新規・moperaメールは今のところいらないから)
  • パケ・ホーダイ ダブル(継続・これがないと出先でスマートフォンが怖くて使えません)
  • タイプSS・バリュー(継続・携帯からほとんど電話かけませんから)

そうして本体価格は…というと、本体が65,000円ほどでしたが、

  • docomoポイントで6,000円弱
  • 2年縛りのある端末購入サポートで21,000円
  • ケータイ保証サービスによるボーナスで3,000円
  • ご愛顧割の適応

という、もろもろの割引が適応されて30,000円ほどで購入できることになりました。実はこの前に夫の精算があったのですが、そこで見た金額が40,000円弱。私の方がdocomoポイントが少なかったので「絶対40,000円の大台に乗る」とかなりびびってたので拍子抜け。継続は力なりものは大切に使おうという効力の威力を体感する結果になったのでした。

(ケータイ保証サービスとは、購入した携帯について全損・破損・水濡れ・喪失・盗難に遭った場合、最大5,250円で同一機種を手配することができるサービスです。このサービスを使うことなく過ごしたら次回の機種変更時にボーナスポイントがもらえるようです)

…こうして私も晴れてスマートフォンデビューをした訳です 😀
購入して1週間、ガラパゴス携帯と呼ばれる従来の携帯と違って自分好みにカスタマイズできるというのは良いなぁ…と思いました。いろいろ試して触っているのはとても楽しい! 😉
と同時に、パソコンなどの機器をそれなりに扱える人じゃないと使いこなせないだろうなぁ…とも。従来の携帯を扱うのに右往左往している人なんてもってのほかな感じです。まぁ、一番はスマートフォンがiモードメールに対応していないという点が大きいでしょうねぇ。これが解消されるだけでも需要は出てくると思うのですが…。

そして買って早々に傷なんか付くと嫌なので液晶保護シートを買って貼り、せっかくなのでXperiaのポーチを得意(と言っていいのか分かりませんが… 😛 )のかぎ針編みで編むことにしました。そうしてできたのが写真のポーチ。ちなみにこの写真はXperiaで撮ったものでございます。Xperia本体から撮った画像を見てたときは「写真写り悪ー…」と思ってたのですが、パソコンの画面から見るとそうでもないようにも。ただ、Xperia標準搭載のアプリではカメラの撮影は2Mpixelまでしか画素数を抑えることができず、またリサイズも不可能。Xperia上で画素数を抑えたりリサイズがしたい場合は別途アプリを入手する必要がありそうです。

さてさて、こうして始まった私のスマートフォン生活。当面の目標は電池の消費のとパケット代金の抑制。従来の携帯よりお金がかからない方法を模索しながら過ごせたらなぁ…と思います 🙂

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です