フラワーバッター法でパウンドケーキを作ったのですが…

フラワーバッター法で作ってみましたが

先日焼いたパウンドケーキが無くなったので、またパウンドケーキを焼くことにしました。でも前と同じなのは何ともなぁ…と。

そこでいつもの作り方と違う作り方でパウンドケーキを作ってみることにしました。

その方法というのはフラワーバッター法という方法。

最も有名なパウンドケーキの作り方はシュガーバッター法というらしく、次の順で混ぜていきます。

  1. バターをクリーム状になるまで練る。
  2. バターに砂糖を加えて白っぽくふわっとするまですり混ぜる。
  3. 溶いた卵を少量ずつ加えて分離させないように混ぜる。
  4. ふるっておいた小麦粉を加え、つやが出るまでさっくりと混ぜる

それに対してフラワーバッター法はこんな感じ。

  1. 溶いた卵に砂糖を加えて混ぜておく。
  2. バターをクリーム状になるまで練る。
  3. バターにふるっておいた小麦粉を加え、空気を含ませるように混ぜる。
  4. 小麦粉を合わせたバターに、砂糖を混ぜた卵を加えて混ぜる。

シュガーバッター法はもろくて柔らかいのに対して、フラワーバッター法はシュガーバッター法よりも膨らむ上ソフトで柔らかいそうで。何よりシュガーバッター法ではバターと卵を混ぜるときに分離してしまうことが多いのに対し、フラワーバッター法は生地に卵を加える前に小麦粉を加えていることで、卵の水分を小麦粉が吸ってくれるおかげで分離することが少ない製法なんだとか。

卵が分離しない上にソフトで柔らかい仕上がりになるなら良いじゃん! 😀

…ということで早速作ってみることにしたのでした。ちなみにどれだけ違ってくるのかと比較したかったので、前回と同様の分量で作ってみることに。


卵を溶いて砂糖を加えたときはサトウキビ砂糖の色味が前面に出て卵液がカラメル色に。まぁ、これはなんの不思議もなく、そんなもんでしょという感じ。

次にバターをしっかり練って白っぽくなってから小麦粉をふるいながら加えたのですが、小麦粉を加えるほど糊のような状態に。生地は重いし、なにより小麦粉を加えてこんなに練って良いのか?という不安が。製菓本に載っていた小さな写真を参考に、違いが見られない気がしたので次の手順へ。

砂糖を加えた卵を生地へ少しずつ加えながら混ぜ合わせたのですが、すべて混ぜ合わせたときにはなーんとなく若干分離しているような感じが…。ま、まぁ、初めて作るし、こんなものかと思えなくもなかったし、小麦粉が入っている以上ここから分離状態を解消できそうにいし…と、そのまま型に流して焼くことに。

前回と同様にオーブンレンジのオーブン機能を使って170度で40分。焼きだして10分ぐらいで膨れてきだし、焼き上がる頃には割れ目も出てきていました。焼き上がりの確認に竹串を刺しても生の生地も付くことなく、うまく焼けたと取り出しました。

…のですが、前回焼いたケーキより明らかに膨らみが足らない感じが。確か今回の製法・フラワーバッター法は前のシュガーバッター法よりたくさん膨らむはずなのに… 😕

そしてケーキが冷めるにつれて割れ目が綴じていっているような感じが。なーんと無く嫌な予感がしたので粗熱が取れた頃に半分に割ってみました。

膨らみが悪くて…

ケーキの外側はさっくりしているものの、前回焼いたケーキとは明らかに中の様子が…。そしてケーキが完全に冷める頃には焼き立てのときにはあった割れ目は完全に綴じてしまったのでした 😥

どうもこれがが失敗というもののようで。前回よりもふんわりしたケーキを思い浮かべていたのに、高揚感が一気に消えてどっと疲れが……。やり直しがきくなら元に戻して最初からやり直したいところですが、混ぜ合わせて焼いてしまった以上はもう混ぜる前の材料に戻ることはありませんしねぇ 🙁

…で、今回の反省点をば。考えられることはこんなところかと。

  • バターと小麦粉の合わせ具合が良く分かっていなくて空気を含ませるがどんな状態になるのか分かっていなかった。
  • 卵を室温に戻していたものの、室温自体が低かったせいで結局卵が冷たいままだった。

なによりも初めての製法というのが最大の敗因かと。こんなことならシュガーバッター法を洗練させるべく、もう一度挑戦しておけば良かったかも…とも思ったりしてます。

そのためには手にマメを作らないように、そろそろハンドミキサーの力を借りたいところですが。

…そんなケーキでも「美味しい」と言ってパクパク食べている夫。合わせて不味くなるような材料は入れていないですから当たり前なんでしょうけど、失敗したと消沈している私にとってそんな夫の存在は不幸中の幸いといったところでしょうか 😳

「フラワーバッター法でパウンドケーキを作ったのですが…」への3件のフィードバック

  1. こんにちは、初めて書き込みします( ??? *)
    失敗とは思えないほどキメが細かくて とっても美味しそうです!!
    私も最近パウンドケーキを焼くのが好きなのですが、断面がこんなにキレイになったことがありません(笑)
    私から見ると充分成功ですよ?(●^o^●)b 旦那様がうらやましい☆

    1. コメントありがとうございます 🙂
      その上お褒めいただけるなんて…!

      パウンドケーキのキメはもしかすると混ぜ不足が原因かもです。
      フラワーバッター法はこの記事の時1回しか試していませんので何とも言えませんが、
      何度もチャレンジしているシュガーバッター法でなら考えられることが。

      シュガーバッター法の場合ならバターに砂糖を加えてクリーム状に混ぜる際に、
      しっかり混ぜて空気を含ませることできめが細かくなると思います。
      混ぜ初めの3倍ぐらいの量になるまでしっかり混ぜることがポイントです。
      この砂糖を加えた時点でなら混ぜすぎということは考えなくても良いと思います 😉
      ただ、このときのバターの温度が重要で、20度から24度の間で作業する必要があるようです。

      実は私も何度も挑戦してようやくここまで来たって感じなんですよ 😳
      これから夏にかけては作業にはちょっと不向きな温度ですが、
      秋になって涼しくなった頃にはまた挑戦してみたいです 😀

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です