メインPCにメモリを増設しました

私のメインPCはHPのノートパソコン・Conpaq nc2400です。個人モデルではCPUがCeleronしか選べなかったので、あえて法人モデルからCore Duoを選択。その他にも色々とカスタマイズをして頼みました。メモリももちろん選択できて、たまたまキャンペーンでデフォルト512MByteから1GByteのメモリに格安でアップグレード。XPだし1GByteもあれば充分だと当時思っていたんですよね。

…で、今はというと、パソコン専用のユーティリティー(タッチパネル型ボタン用ソフトやHDDプロテクションソフトなど)の他、無線LAN接続ソフトやBluetooth(使ってないけれど…)、インスタントメッセンジャーソフトなどなど、常駐ソフトのおかげで1GByteのメモリのうち起動直後ですでに半分を占めてしまっている状態。そこへTwitterクライアントを立ち上げ、ブラウザを立ち上げ…とすると、使用メモリはもう1GByte近い状態になってしまっていました。メモリがパンパンの時なんかは日本語変換がもたついたりして「うひー… 😐 」と思うほど。

これじゃぁ、もうストレスが溜まる一方な訳で、メモリを買ってしまおうかしら…と悩むことになるのです。nc2400は最大2GByteのメモリが積めるのですが、スロットが1つだけで空きはなし。メモリを増設するには今刺さっている1GByteのメモリから入れ替える形で増設する必要があります。が、近くの家電量販店でメモリを見ると2GByteのメモリは5,000円から10,000円ほどの代物。パート勤務の主婦には非常にイタい出費となるわけで、買うかどうかかなり迷っていました。

で、このところのWindows7のお祭り(要はMicrosoftの先行予約販売)もあり、使っているPCをXPからWindows7にアップグレードするのに必要なスペックを調べると、最低1GByteから2GByteが必要とのこと。ショックを覚えつつも、近い将来必要になるからとメモリの型番を記録しておく意味でDel.icio.usにブックマークをしておいたんです。で、私の場合、Del.icio.usのブックマークをTwitterに流すように設定していたため、そのブックマークがつぶやきとして流れることになり、このブックマークのつぶやきを見た ひろまさ さんが結構安くメモリを販売している通販・「上海問屋」を紹介してくださいました。

そのメモリのお値段は送料込みでも想定金額の半額以下。お値段から夫の「買っても良いんじゃない?」という後押しもあって、情報取得からものの1時間ほどで購入を決定してしまいました。…ま、もし相性とかで合わなくてもこのお値段なら…というのもあったりしたのもあったんですけどね。

購入したのが週末で、届いたのは2日後の昨日。届いて早速メモリを交換。こういう時のわくわく感・ドキドキ感はやっぱり好きです。…理系っ子の血が騒ぎます 😛
新しく買った2GByteのメモリをセットして一抹の不安を覚えつつもパソコンを起動して無事に立ち上がることを確認。晴れてスペックアップを果たしたのでした。

で、使用感はといいますと、もたつき感もなくサクサクとストレスなく動いてます。途中、ウイルスバスターの週1回実施している予約検索も動きましたが、メモリ交換前は2時間から3時間かかってたのが今回は1時間も掛からず終了。それもTwitterクライアントとブラウザ立ち上げた状態で1時間、です。はっきり言ってメモリに掛かったお値段から考えて、このサクサク感はかなり得した気分です。

メモリの増設でますますかわいくなったnc2400君、これからもよろしくお願いしますって感じです。もうしばらくは大事に使っていきたいなぁって思っている次第です 🙂

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です