ネットショップを始める前に必要なこと

夫の仕事の都合で引っ越してきてから、自分の活動にかかる費用だけでも稼ごうとパートに出ています。医療保険ぐらいなら夫の稼ぎでおんぶしてもらっても良いかなぁ…と思うのですが、バイクに乗ることでかかる費用や自分のしたいことにかかるお金まで夫の給料から出すのはちょっと…という思いからです。

勤務先は近所の個人商店。私の担当はそのお店が運営しているネットショップサイトの作成です。…作成といっても、私の場合は画像の操作の知識はほとんどないし、サイト構築も趣味で自分のサイトをHTMLで構築したことがあるぐらい。なので有名どころのような凝った作りが出来るほどの技術はありません。…が、そんなパートの立場からネットショップをするなら最低限これだけは何とかして欲しい!と思うものをあえて提言したいと思います。


ショップ運営に関する手腕

これについてはネットショップだろうが実店舗を持っていようが運営についてはさほど違いはないと思うので割愛。…てか、私自身がショップを運営しているわけではないのでこの辺りはよく分かりません。が、これがないならショップを始めても日の目を見る前に閉店に追い込まれると思います…。

パソコンと周辺機器に関する初歩的な知識

ネットショップをする上で必要になってくるのがパソコンと、プリンタやデジタルカメラなどの周辺機器です。パソコンがなければネットショップ用のサイト構築は出来ませんし、伝票や明細の表示や印刷、商品画像の取り込みなども必要になってきます。パソコンの起動の仕方、ブラウザやメールソフトの起動方法はもちろん、データの表示に必要なソフトウェアのインストールなどもしなければなりません。が、運営者が特殊なことを望まない限りは説明書などを頼りにすれば滞りなく作業は終了します。それらが出来る知識は持ち合わせておく必要があります。

インターネットに関する初歩的な知識

言ってしまえば「インターネット? それって食べられるんですか?」では話にならないわけです。だってインターネットを利用してショップを運営しようとしているわけですから。インターネットとは…という概念的で深い知識というよりは、インターネットを利用する上で必要な知識、例えばURLとは何かとか、欲しい情報を得るにはどうしたらいいのか…といったようなことを知っておく必要があると思います。

また最近は携帯電話からインターネットに繋いでいることについて、携帯電話で見ているサイトがインターネットのシステムのひとつだということを意識することなく操作している方が多いです。特に中高生や大学生など、インターネットについてあまり詳しくない方は携帯のサイトとインターネット上のサイトは別物と思っている人が多く、インターネットだと意識することなく繋いでます。が、同じインターネット上のシステムであることも知っておかなければなりません。

電子メールに関する初歩的な知識

こちらもインターネットに関する初歩的な知識と同様。例えば文末には誰が送ったか分かるような署名を付けるとか、件名も空白で送らないとか。また文章も顔を見て伝えられないことを考えて、より丁寧に、意図したことと違ったように受け取られないように考えて構成する必要があると思います。でも手紙のように季節に応じた挨拶より、必要な情報をしっかり盛り込む方が重要になります。

また、携帯電話への送信の場合は文字数の制限もさることながら、送信される側が携帯電話のメールが電子メールであることを意識することなく使用されていることもあります。こちらも中高生や大学生など、電子メールについてあまり詳しくない方は特にその傾向が強いです。さらに携帯特有のこととすれば、迷惑メールに対する設定によりパソコンからのメールを受け取らない設定にされている方がいることを考慮する必要があります。ただし、これについてはきちんと理解して設定されている方と、その辺りが分からないまま設定されている方がおられるので、送る側としては設定を変えていただくようお伝えする以外に方法はないのですが。

写真撮影に関する初歩的な知識

これは商品紹介に写真を使う場合の話。より良く撮るために機材を工夫することや揃えることも重要ですが、それだけでは綺麗に撮ることは難しいと思います。例えば被写界深度のことや露出補正について。コンパクトデジタルカメラでは被写界深度を考慮するほどのズームも出来ないことが多いですし、露出補正の出来ない機種が多いと思います。が、知らないより知っている方がより綺麗な写真を撮ることが出来ると思います。…知識としてでなくても経験として知っているという方法でも構わないのではないでしょうか。要は綺麗に撮るための探求をしておく必要があると思います。

HTMLに関する知識

インターネットでサイトを作ろうと思っているならHTMLに関する知識は必須でしょう。画像をサイトに表示させるにも、あるページへのリンクの構築にもサイトを運営するならHTMLの約束事はついて回ります。それがもしモール形式のオンラインショップであったとしても、です。また検索したときにより上位に検索結果を持っていきたいのなら、タイトルや見出し、本文といったサイトの構成を表記するHTMLの知識は最低限必要な知識になってくると思います。ここで必要な知識は記述に必要なHTMLタグを全部知っておくということではなく(というのもこんなのはネットや本で調べればいい話なので)、ブラウザで表示させる・インターネット検索で検索に引っかかりやすくするのに必要な最低限のお約束ごとの方が重要だと思います。具体的には『HTMLを記述するにはタグというものを使用する必要があり、<と>で挟まれた物がタグというものだ』といった具合のものです。

画像の編集に関する知識

これも商品紹介などに画像を使用するなら必要になってくるものです。オンラインショップを展開するのに使用する写真は大抵大きさに制限があるものが多く、デジタルカメラで撮った写真のデータではその制限より遙かに大きい状態のものが多いので、サイズ変更という作業をしなければなりません。また商品紹介のために撮った写真をより良く見せるために補正の必要が出てくる場合もあります。例えば明るさに問題があるなら明るさを、色味が違っていれば色味を修正しないといけません。そのためにはある程度の知識が必要になってきます。といっても、こちらについては理論としての知識よりは、むしろソフトウェアなどをどのように使ったら良いかといったことの方が必要かと思います。(まぁ、理論の方もないよりある方が良いと思いますけれど)

これらの問題とパソコンの不具合を解決しようとする意欲

ここが最も重要な話だと思います。特にパソコンの不具合が発生した場合はオンラインショップの業務が確実に滞ってしまうわけですから。画像の編集についても、HTMLの記述方法についても、インターネットで調べれば深い知識ではないにしろ、それらについて記されたサイトは出てきます。本などを購入してしっかり学ぶのももちろん良いことです。

またパソコンの不具合に関してですが、パソコンや周辺機器のサポートへ連絡するのもひとつの方法だと思います。が、電話によるサポートはなかなか繋がらないことが多いですし、電子メールによる連絡も応答が帰ってくるのに時間がかかります。そうしている間にもオンラインショップは稼働することになるわけで、急を要する連絡が来ている可能性もあるわけですから、一刻も早くシステムを復旧する必要があるわけです。もしその不具合が意外に簡単な作業で治るのなら自分で操作する方が早いですし、その解決方法がインターネット上の情報として公開されているかも知れないわけです。

要はHTMLやパソコンの知識の収集にしろ、不具合の解消法に関する情報の収集にしろ、『どうしたらいいのか』を求める意欲が最も必要なことだと思います。


…と、もし誰かに勧められたり、ネットショップシステム提供会社などからの営業を聞いて、「私の所でも始めてみよう」と思ってらっしゃる人にとって必要だと思われることを列挙してみました。もちろんここにはあげてない、パソコンは周辺機器などの機器類も必要ですが、それらは電気量販店やパソコンショップ、オークションなどを利用するといった方法で簡単に手に入ります。それをどのように利用して、また工夫してより良くするには最低限の知識は必要なものだと思います。最低限の知識があってこそ、利用や工夫をするといった、知恵が生まれてくると思いますし。

また、もしあなたがそこそこ大きな企業を経営していて、ネットショップの運営に対して展開している量に応じた人員を割いて『ネットショップ部門』を設けるというなら話は別になってくると思います。というのはネットショップに関することでちょっとした問題が発生したとしても、その部門内でまず解決すればいい話ですから。

しかし、雇用人数がそれほどでもない個人経営の小さな企業がネットショップをするというなら、ここに挙げた内容は必要なことだと思います。自分が出来ないならと出来る人を雇うのもひとつの手でしょうが、その雇われている方が病気や事故などで突然勤務することが出来なくなった場合を想定すれば、多くを語らずとも分かるはずです。そんな状態でも柔軟に対応するには個人経営なら経営者自らが滞りなく作業ができるようにしておく必要があると思うのです。でなければ、そのしわ寄せは間違いなく展開しているネットショップの顧客に行くことになり、強いては自らの評判に跳ね返ってくることになるのです。

ネットショップを開始する契約が先か、ネットショップに必要な知識などを得るのが先かは、それこそ自分にあった方法をとればいいと思います。しかしながら、ネットショップをするなら最低限必要な知識と情報を得るようにしてもらいたいと思います。

#…と、雇い主である個人経営者のオーナーには面と向かって言えない愚痴を書いてみました。出来るだけ建設的に書いたので許してください :mrgreen:
#てか、システムの管理&5サイトの技術的な管理をパートの私1人が担うのは厳しいっす 😥

「ネットショップを始める前に必要なこと」への3件のフィードバック

  1. 続けてコメ投稿しちゃいましたw

    いやー、ホントにこちらの記事、すごく同感です。
    そもそもウェブサイトはもちろんネットショップ立ち上げに対して、あまりにも簡単に考えてる方多いですよね。
    ネットが自由に利用できるからと言って、その背景にある労力を知らない人が多過ぎます。
    って、私も愚痴みたいなコメなんですが(汗)

    とにかく学ぶ姿勢っていうのは、ネットショップ運営のみならず、人とって忘れて行けない大事なものなのではないでしょうか。
    (と、なんだか理屈臭い終わり方になってしまいましたw)

    1. 連投コメント、ありがとうございます 🙂

      同感していただけるなんて光栄です!
      …まぁ、オーナーに面と向かっていう勇気がなかっただけっていう記事なんで愚痴っぽくなるのも仕方ないのかもです 😮

      物事を始めるとっかかりなら「簡単=私にも出来そう=やってみよう!」というのはむしろOKだと思いますが、
      その先の「もっと…したい!・何とか…出来ないかな?=じゃぁ、自分で…をしてみよう!」が出てこないのは辛いですね。

      ウェブサイトやネットショップに限ってですが、そういう探求心が出てこないのは
      さほど苦労せず「自分」が発信できるツールが増えたからかもしれませんね。
      レンタルブログとか、写真や動画の投稿サイトとか。
      「ネットって何? それって美味しいの?」って人でも
      管理も運営も簡単で、かつ見栄えも綺麗なサイトが構築できてしまうんですから。

      …と、こういう記事だとどうしても理屈っぽくなってしまいますね
      出来たらもっと面白可笑しく書けたら良いんですが、どうもそういう才能には恵まれなかったようでして。
      私も努力が足りないんでしょうかね 😛

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です