XubuntuのファイルマネージャでWindows共有フォルダを開きたい!

最近Xubuntがご無沙汰になってしまってます。色々予定が入っていたのもありますが、大きいのはXubuntuからWindowsの共有フォルダを自動的に開けないこと。Google先生に聞いて探してみるとXubuntuからWindowsの共有フォルダを見る方法としてfusesmbを使う方法が紹介されているのですが、この方法だとWindowsの共有フォルダを手動でXubuntuのディレクトリにマウントしてやらないといけないようです。

…ですが、更に調べると最近のUbuntuやXubuntでは別の方法を使うことができるようです。それがgvfs-fuseを使う方法。読んでみるとその後の接続も簡単なようなのでこの方法でやってみることにしました。

まずパッケージとして次のものをインストールします。

  • gvfs
  • gigolo
  • thunar

でも私が入れたXubunt 9.04ではすでにいずれも入ってました。Thunarは『ファイルマネージャ』、Gigoloは『Remote Filesystem』として『Applications』から呼び出せます。gvfsを使って接続するのに必要なgvfs-fuseも調べるとすでに入っていることが確認できました。

で、gigoloからWindowsの共有フォルダへの接続は凡ミスのおかげで苦労はしたものの、凡ミスに気づいた後はすんなり接続できました(凡ミスの中身は共有フォルダ名の間違い…)。でもGigoloで表示されているアイコンから共有フォルダを開こうとしてもthunarが自動で開いてくれません。どうしたものかとGigoloのヘルプを見たり、Google先生に聞いてみたりしたものの結局解決策は見つけられず…。

更に調べてみるとgvfsを使うと~/.gvfsというディレクトリ内に自動で共有フォルダをマウントしているという情報をつかみ、Thunarからこのフォルダ内を確認してみると確かに共有フォルダがマウントされていました。ちなみに~/.gvfsはユーザーディレクトリの隠しディレクトリとなっているので、Thunarの設定で隠しディレクトリを表示するように変更する必要があります。

現状として確認できたことはこんな感じです。

  • gigoloによるWindowsの共有フォルダへの接続OK
  • gigoloからThunarが立ち上がらない
  • gvfsによって~/.gvfsディレクトリには自動でマウントされている

…さてさて。ユーザーディレクトリないの~/.gvfsディレクトリないに自動マウントされていることは確認できたものの、GigoloからThunarでその~/.gvfsディレクトリを開く設定方法がわかりません。色々調べてもGigoloから共有フォルダを選択すれば自動でThunar似て中身が見られるという内容ばかり。そんな訳で現状では手詰まり状態です。Gigoloの設定でファイルマネージャという項目には『gvfs-open』が設定されているのでそのままにしているのですが、ここを変えねばならぬのか…と『Thunar』と設定しても無駄でしたし…。

何か情報があればご教授願いたいものです……(T-T)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です