足湯に浸かりに行ったけど(城崎温泉ツーリング)

一の湯前

久しぶりに夫が長期休暇になるということでとツーリングに行ってきました。行き先は城崎温泉。目的は温泉…といいたいところですが、夫婦2人で温泉に行っても結局ばらばらになるので個人的にはあんまり。だからといって混浴ならっていう訳ではなく、1人で知らない人ばかりのところの飛び込むのが苦手なんで…。夫も1人で温泉は嫌らしいので、それなら足湯にでも浸かろうかということで城崎温泉に行くことにしました。


出来れば城崎温泉によった後、豊岡に寄ろうともくろんでいました。…が、夫が朝起きることが出来ず、7時頃に主発する予定が11時頃になってしまいました。さらには出発してから免許を携帯していないことに気付いて引き返す始末。幸い家を出てすぐに気付いたので良かったんですけどね。

家を出てから国道175号で京都府福知山の方へ向かい、国道9号から国道426号の順で豊岡までまっしぐらに走り、さらに兵庫県道3号で城崎温泉へ。今回は休憩無しで2時間半ほど走りっぱなしでした。本当のところ途中で休憩したかったのですが、福知山で見つけたコンビニ以外に城崎温泉近くになるまでコンビニらしいコンビニながなかったのです…。とりあえず国道をひたすらたどっていったこともあり、思っていたより早い時間で城崎までたどり着くことが出来ました。

そうして13時半頃に城崎温泉に到着。平日ということで2時間1台300円の駐車場にバイクを預けて城崎を散策することにしました。…といってもまずはお昼ご飯。どこで食べるかを考えながら軽く散策することにしました。そうして見つけたのが『城崎温泉 木屋町小路』の横の木屋町通りの桜並木です。春らしい青空によく生える桜がとても印象的でした。

城崎温泉の桜並木

お昼ご飯を考えながら城崎温泉の大通りを端から端まで歩いたものの、最終的にお昼ご飯は城崎温泉駅前にある『山よし』に。カニ料理の看板が夫にとって印象的だったようです。早速中に入り、夫はカニ塩ラーメン、私はカニ玉丼を頼むことにしました。

山よしのカニ塩ラーメン 山よしのカニ玉丼(カニ味噌付き)

夫が食べたカニ塩ラーメンはカニが入っている以外は至って普通の塩ラーメンだったそう。カニの出しは出ていたそうですが。私の食べたカニ玉丼はちょこんとカニ味噌も添えられています。カニ味噌は言うほどクセはなかったので良かったです。味は特別美味しいというわけでも特別不味いというわけでもなかったです……。(正直あんまり印象に残ってないです)

腹ごしらえが終わった後はデザートが食べたいと言うことで、また来た道を戻ることに。去年に大学の友人と来たときに食べたソフトクリームがなかなか美味しかったので、いつか夫と一緒に…って思っていたんです。

その途中で見つけたかりんとうのお店『円山菓寮』にもよりました。折角城崎に来たのでおみやげに何かないかと思ったんです。中に入って試食用のかりんとうをいくつか食べました。味としては以外にあっさりした感じでした。が、お目に叶うものがなく、何も買わないまま退店。今から考えれば1品だけでも何か買っておけば良かったかもと少し思ってしまいます。

そうしてかりんとうのお店を後にして、ソフトクリームのお店へ。そのお店は『ソフトクリーム専門店 そふと工房』で、前は黒ごまソフトクリームを食べました。今回はたまたま目に付いたゆず茶ソフトクリームを頼むことに。夫は黒ごまソフトクリームを頼みました。味は一口食べて…ごめんなさいしてしまいました。お店の名誉のために記しておきますが、決して不味かったわけではないです。ただ、私が想像していた味とは全く異なっていたのが最大の原因。夫の頼んだ黒ごまソフトと交換してもらいました。夫はこれはこれで美味しいとゆず茶ソフトを堪能。逆に黒ごまソフトはちょっと…といってました。たぶん夫が少々難色を示したのは黒ごまの香ばしい風味が強いせいだと思います。

こうしているうちにあっという間に駐車時間の2時間が近づき、最後に木屋町小路に。たまたま目に付いた小さな中庭が気になってカメラを向けました。

木屋町小路の中庭
(撮ったすぐ後は納得できたんですが、帰ってきて見たら手ぶれっぽいボケが…)

こうして城崎温泉を後にして、帰りは兵庫県道9号から11号を経由して国道312号を通り、国道178号、国道175号と通って帰ってきました。帰り道は幸い峰山町を通ったおかげでコンビニが容易に見つかり、休憩も取ることが出来ました。15時半頃に城崎温泉を後にして帰ってきたのは18時頃。暗くなる前には無事に帰ってくることが出来ました。久しぶりに夫と一緒にバイクで遠出が出来て満足な一日となりました。

…と、ここで疑問が出てくるでしょう。そう、当初の目的の足湯はどこへ行ったのか、と。実は『一の湯』でも『柳湯』でも足湯が楽しめるところはあり、実際に足湯に浸かっておられる方も見られました。が、一番のんびりしてもらいたかった夫が足湯にも難色を示したのでした。何でもいろんな人が足を付けてるところに自分も足を付けるのに抵抗があるんだとか。いうほど潔癖症でもない夫ですが、つり革とかが気になる人なので足湯も気になってしまったのかも知れません。

ということで当初の目的は全く達成することの出来なかったツーリンツでした。ま、楽しめたことには変わりないのでそれで良しとします(^-^)

「足湯に浸かりに行ったけど(城崎温泉ツーリング)」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です