モチーフ編みでショートジャケット

モチーフ編みのオリジナルショートジャケット

年末から作り始めていたショートジャケットが編み終わりました。今回はモチーフのデザイン以外はほぼオリジナルの作品となりました。


今回これを作った理由は夫が寝るときに首と肩が冷えて頭痛がすると言っていたため。いつ見たのか忘れましたが、TV通販で見た肩口を温めるダウンのジャケットがヒントです。それは肩当たりだけにはおるもので、そのまま布団に入って寝ることが出来るという代物。これと同じものを作れば肩も首も温かくして眠ることが出来ると考えたんです。

で、まずどういう形で作るかを考えたんですが、女性の原型の資料は比較的容易に手に入るものの、男性の原型の作り方は限られた本からしか得られないことが判明。そこで原型から型紙を起こして作ることを断念し、モチーフをはぎ合わせて作ることにしました。元々体に合わせてさっくりつくる予定だったので。

モチーフはモチーフパターンの本の中から実際に着る夫に選んでもらって編み貯めました。トータルで92枚。ショートジャケット風にはぎ合わせて、首回りは引き上げ編みで、それ以外の縁はうね編みで仕上げました。ショートジャケットとして作ったはずなのに毛糸は買った10玉では足らず、縁編み用にもう1玉買わざるを得なくなるぐらいの量に。おかげで結構ずっしり来るものになりました。

当の夫は肩が暖かいと喜んでました。こんな喜びの顔を見ていると、最後まで編んで良かったなぁって思います。…ただ仕上がったのはもうすぐ春って時期になってしまいましたけどね。

次はカーテンの掛かっていない窓にレースカーテンを編んでみようかと思案中。サイズがサイズでなかなか進まないので完成する前にお引っ越し…って事になりそうで躊躇していたりもするんですけどねぇ。

モチーフは次の本を参考にしました。300種類も載っているので見ているだけでも楽しくなりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です