ほぼクリアしました

最近買ってきたニンテンドーDSソフトの話です。題名は『レイトン教授と最後の時間旅行』で、ゲームの内容はナゾとして出される頭の体操のような問題を解きながらストーリーを進めていくというものです。このレイトン教授シリーズは『レイトン教授と不思議な街』『レイトン教授と悪魔の箱』に続く3作目となってます。

主人公は謎解きが大好きな考古学者・レイトン教授と、いつもレイトン教授と共に行動しているルーク少年。ある日レイトン教授の下に手紙が届きます。その手紙の差出人は未来のルーク。10年後のロンドンで大変なことが起きていることを知らせる手紙でした。レイトン教授は手紙が届く数日前に起きた事件–タイムマシンの発表会場で起きたタイムマシンの爆発事故–と関係があるのだろうかと考えつつ、手紙で指定された時計店を訪ねます。時計店の中には巨大な時計が置かれていて、レイトン教授とルーク少年は店主に言われてその巨大な時計の修理を手伝うため手を貸します。修理をするのに店主が巨大な時計を動かすと店が揺れて外の様子に変化が。店の外に飛び出したレイトン教授とルーク少年が見たものは10年後のロンドン。レイトン教授とルーク少年は10年後のロンドンにタイムスリップしたのです……というのが序盤のあらすじです。

私はストーリーの方はエンディングも迎え、ストーリーに納められたナゾとは別にボーナスとして納められているナゾも残すところあと2問といったところ。これななかなか難しいんですけどね

エンディングも向かえたということでストーリーについても言えるのですが、まだエンディングを見ていない人もおられるのであえて記しません。が、これまでの2作品がすったもんだしつつもハッピーエンドだったのに対して、今作は前作と対比するとハッピーエンドではなかったです。といってアンハッピーエンドって訳でもなかったのですが。まぁ、『時間』『タイムマシン』をストーリーの題材として扱っている点から、これに絡めてしまうとどうしても『人間が冒して良い領域と悪い領域』『人間の力ではどうすることも出来ないもの』が出てきてしまうので流れとしては仕方ないエンディングだよね…ってところです。でも個人的には出来ればほんわかとした幸せな気分に浸れるハッピーエンドで終わって欲しかった(>_<)

レイトン教授の過去も少し公開され、その関係での話なので感動屋さんならホロリと来ること間違いなしです。ナゾの解き応えも充分ですし、ヒントも前回までは1つの問いにヒントが3つまででしたが、今回はその他にスペシャルヒントまで付いていますから難解な問題も少しは解きやすくなっているかも。頭を使うって点でもなかなかオススメのソフトだと思います。

あ、そうそう。今回の作品に『最後の』って付いてますが、レイトン教授シリーズの最後って意味じゃなさそうですよ。『to be continued』って出てましたし。…ま、どういう事かはストーリーの最後まで進めてくださいってとこですね。

次回作はほんわかするハッピーエンドなストーリーになることを期待してます(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です