京都市内へ行ってきました -2日目-

青空にそびえ立つ京都タワー

2日目は電車までの時間に行きたいと思っていたところに行こうということにしました。私は取っても美味しいカフェが、夫は普段手に入れることの出来ない文具品を見たいということで、京都駅から最も親しみのある京阪電車を使って散策に行くことにしました。…といってもさほど散策はしてないんですけどね(^-^;

としても、何はともあれ朝食を取らねばなりません。泊まったホテルでは朝食を取るところを3カ所のうち1カ所を選ぶことが出来るシステムになっていました。これまでに利用したホテルは全部ブッフェタイプの朝食だったんですが、そうじゃないところも選べるということで少し冒険をすることにしました。…これが少々失敗する結果となるんですけどね…。

泊まったホテルはリーガロイヤルホテル京都でした。で、朝食が取れるところは次の3カ所。

  • トップオブキョウト(アメリカンブレックファスト)
  • 京料理 たん熊北店(和定食)
  • コーヒーハウス コルベーユ(和洋ブッフェ)

で、いつもブッフェで朝食を取っていたんで今回はアメリカンブレックファストにひかれてトップオブキョウトにしました。お野菜もそこそこ食べられることを期待して。というのも朝食は栄養のバランスを考えつつがっちり食べる方なので。

でも完全に期待はずれになってしまいました。というのも、注文は朝食券の裏にあるメニューに食べたいものをチェックして提出するんですが、追加でもらえるのはパンぐらい。卵は2個分を目玉焼きかスクランブルエッグかゆで卵かのいずれか1つ、ハムとベーコンは両方ともいただけますが追加は不可。お野菜はハッシュドポテトと葉物が少し。楽しみにしていたのに…って感じでした。量も私にとっては物足りない感じでした。

でもまぁ、絶対行こうと思っているカフェに行くんだから…と気を取り直してホテルをチェックアウト。荷物を京都駅付近の地下街にあるロッカーに預けて散策に出かけました。

京都駅から京阪 七条駅まで徒歩で移動し、そこから京阪電車で三条駅へ。京阪電車は最近『中之島線』という線が開通したこともあり、車両のカラーも変更されたようです。また駅内の案内板も白地だったのが紺色の時になってました。小さい頃から京阪電車を活用していた身としては懐かしさ半分、寂しさ半分な感じでした。…出来たら中之島線の車両を先頭から撮りたかった…(>_<)

京阪電鉄 中之島線の車両カラー京阪電鉄 京阪本線の新しい車両カラー

三条駅の上の飲食店街・KYOUENにあるカフェ『芋処 CHAIMON』に行きました。ここは自分でお茶を入れて楽しめるカフェで、お芋をメインにしたデザートや、お腹に優しい感じのランチやディナーもいただけるようになっています。

芋処 CHAIMON 店内

懐かしさを感じながら早速注文。私は宇治玉露とおいもとリンゴのパイ、夫は蜜柑烏龍茶とおいもと3味のケーキにしました。

芋処 CHAIMON 宇治玉露芋処 CHAIMON 蜜柑烏龍茶芋処 CHAIMON 鉄瓶

宇治玉露は急須の他、湯冷ましの器もあり、鉄瓶で沸かしたお湯を湯冷ましの器で少し冷ましてから急須に注いで楽しみます。蜜柑烏龍茶も鉄瓶のお湯をガラスのポットに注いで楽しみます。少しずつ何杯も楽しめるのはちょっとした贅沢な気分です。

芋処 CHAIMON おいもとリンゴのパイ芋処 CHAIMON おいもと3味のケーキ

久しぶりのカフェでのお茶とケーキは素朴でとても美味しく、やっぱり良いなぁと思いました。今住んでいるところにもこんなカフェがあればいいのに……。

こうして私の目的は終了。とっても満足できました。次は夫の文具品。ちょっと変わったものも見つけられるLOFTに行くことにしました。夫は文具品もさることながら、授業で必要な卓上ベルが欲しいということでした。文具を取り扱う買いに行って探したものの、卓上ベルは見つけられず。夫は店員さんにも聞いたそうですが、売り切れでないとのことであきらめるしかありませんでした。でも折角来たからと普段は手に入りにくい文具を買っていました。

そうこうしているうちに時刻は昼を大きく過ぎていました。帰りの電車のこともあるので来た道を戻る形で京阪電車に乗って京都駅へ。京都駅で昼食を取って地元から戻ってきました。

無い物ねだりかも知れませんが、やっぱり慣れ親しんだ地域の方が行動しやすいなぁと思いました。電車もさほど待たなくても移動できますし、どこに何があるかもだいたい把握できてますからね。そう思いながら久しぶりに軽いホームシックになってしまいそうな2日間でした。

今度、京都散策に行けるのはいつになるのかなぁ…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です