XREAサーバーでのプラグイン自動アップグレード

WordPressがバージョンアップしてからプラグインが自動でアップデートできるようになっていました。早速試してみたのですが、

SAFE MODE Restriction in effect.

というWarningが出て最終的に自動アップデートが出来ない状態でした。XREAサーバー特有のセーフモードの影響というものです。

早速対策を…ということで、.htaccessでCGIとして動くように設定することにしました。…が、どのファイルをターゲットにして良いのか分からなかったのでググってみたら早々に出てきました。

/wordpress/wp-admin/フォルダ内に次の内容を書いた.htaccessをアップロードしてやればOKだそうです。

<file update.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
</file>

ちなみにうちのブログではupload.phpとプラグインのiimage-browser.phpも同様に動作しているので

<file upload.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
</file>
<file iimage-browser.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
</file>
<file update.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
</file>

となります。

XREAサーバーを使っていてプラグインの自動アップデートが出来ない…とお困りの方、参考になれば幸いです(^-^)

情報は次のサイトを参考にさせていただきました。

インターネットって困ったときには大助かりですね、やっぱり(^-^)

「XREAサーバーでのプラグイン自動アップグレード」への2件のフィードバック

    1. ご指摘ありがとうございます。

      …ですが、どのあたりが間違っているのか分からず悩んでおります。折角のご指摘が読解力のなさで無駄になってしまってます。

      もしかするとと思うのですが、以下の部分がいらないという意味でしょうか?

      <file ******.php>

      この部分を付けている理由は指定したファイルだけCGIとして動いて欲しいからです。セーフモードの影響を受けないPHPファイルはPHPとして問題なく動作していますし、どこかのサイトでPHPファイルすべてをCGIで動かすとサーバーの負担が大きいとあった記憶がありますので……。

      もし私がしたこのコメントとは違う意図があるのでしたらもう少し詳しくご教授していただけたらと思います。

      よろしくお願いしますm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です