絵文字という名の苦行…

現在、私は近くのお店のパートをしています。お店はアクセサリーショップでネットショップもしています。私の仕事はそのネットショップに商品のページを作って公開することがメインです。展開先は独自契約のサイトの他、Yahoo!や楽天に出品していて、最近になってBIDDERSというサイトでも展開するようになりました。

Yahoo!や楽天で展開している他のお店のサイトは商品に関する画像を『これでもかっ!』っていうぐらい表示しています。ぶっちゃけ「写真や画像だらけで商品の説明はどこに?」って思うぐらいです。画像加工技術とデザイン技術に乏しい私なので至ってシンプルな作りになってます。どれぐらいシンプルかというと、商品の写真数点と商品の説明、あとはオススメ商品だけ…といったところです。なんせ1人ですべてのサイトの管理をしているので。管理を簡素化しないとはっきりいってやっていけません。まぁ、どんどん新しい商品を投入するよう言付かるっていうのも理由のひとつなんですが。手の込んだことをしようと思うと時間が余りになさ過ぎます…。

その上、最近展開しだしたBIDDERSなんですが、他がパソコン用のサイトがメインなのに対してBIDDERSは携帯用のサイトがメインとなってます。それでもパソコン用もあるのでどちらのサイト用のデータを作ってやらないといけません。こちらも至ってシンプルな作りにしています。が、ここで問題勃発なんです。他の人ならなんでもないかも知れませんが、私にとっては。

それが 絵文字 なんです。

というのも携帯がメインということは20歳前後の人がターゲットになるということ。20歳前後の人に売り込もうとするなら堅い感じよりトモダチ感覚の文章が良いらしいのです。実際BIDDERSのサポーターから構築状況を確認するためにかかってくる電話では必ず絵文字の言葉が出てくるぐらいです。

でもはっきりいって私にとっては難しい。だって普段絵文字入りのメールなんて書きませんから。使っても表情を表す絵文字か、天気を表す絵文字ぐらい。それを20歳前後の人のように文章を軟らかくして端々に絵文字をバシバシ入れるなんて無理です(T-T)

絵文字や画像をバシバシ使わないと売れるサイトにならないのでしょうか…。
…Yahoo!や楽天はシンプルでもそれなりーに売れてはいますけど、このままで良いのか不安です(-_-)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です