外出先での初ぜんざい(舞鶴・松尾寺プチツーリンツ)

茶処 流々亭(るるてい)

11月4日に舞鶴市にある松尾寺(まつのおでら)に行ってきました。個人的には仏閣にはほとんど興味がないのでほとんど足が向かないの私。でも松尾寺は別です。というのもそこに向かいたい理由があるから。夫の仕事が忙しい上に夫のバイクがほとんど動いていないので、動かしがてら気晴らしもかねて松尾寺に向かうことにしました。


松尾寺は自宅からバイクなら30分程度で着く距離です。それも見越してお昼にあわせて出かけました。というのも松尾寺の近くのお店でお昼を食べようと考えていたから。そのお店とは……

松尾寺の前にある『流々亭』です。実は去年の夏頃に1人でこのお店を目的に来たのですが、松尾寺の前以外に詳細な位置が分からなくて結局寄ることなく帰った記憶があります。それ以来行きたくても行けないお店の1つだったんですよ。

往路としては国道27号を舞鶴から福井に向かって、JR松尾寺駅を越えてすぐの脇道から松尾寺へ道伝いに山を上がっていきます。ちなみにこの脇道は1.5車線しかないので車通しの離合はなかなか…。私達はバイクだったんでまだ気楽でした。

松尾寺にはいくつかの駐車場があるのですが、最も上の駐車場まで行きました。でも流々亭らしきお店は見受けられず、更にその先の道に入ってみることに。と、道に入ってすぐの建物が流々亭であることが判明。店先ののれんに『流々亭』と書いてある以外に看板がないので見過ごしてもおかしくない感じです。以前来たときも最も上の駐車場まで来たものの、坂道が急なところばかりでバイクを置くのに気が引けて探索することなく帰ったんですよ。今更ながらにもっと探索すれば良かったと思いました。

松尾寺は紅葉の季節と重なりちょうど観光シーズンで、駐車場はほぼ満車。でもバイクということでちょっとしたスペースに止めさせてもらえることになりました。駐車代は1台200円。痛いと思いつつ、きちんと監視してもらえるなら元は取れる金額でしょう。

バイクを止めたら早速お昼を食べに流々亭へ。古民家を利用したお店で土間があり、席は表の縁側と座敷と土間があります。入ったときに開いていたのがちょうど土間の席だったので、そこに通してもらいました。お店のメニューを見ると冬季限定で『お煮そば』とあったので私はそれを注文。夫はおろしそばを頼むことにしました。それ以外にデザートとして私はぜんざいを、夫はケーキセットを頼むことにしました。

お煮そばはそばの上に根菜やキノコの煮物のあんかけをかけたもの。あまり日が差してないこともあって外は少し寒かったのですが、温かくて美味しく体も温まりました。

流々亭のお煮そば

そばの後は頼んでいたデザート。ケーキセットはコーヒーと抹茶のシフォンケーキが付きます。シフォンケーキにはホイップクリームと小豆あんのかかったバニラアイスが添えてありました。ぜんざいは焼き餅が入っていて、もちろん塩昆布も添えてありました。

流々亭のケーキセット流々亭のぜんざい

夫に少し分けてもらいましたが、シフォンケーキは抹茶の風味がきちんとあり、バニラアイスもあっさりで良い感じでした。ぜんざいは甘さもあっさりとした甘さの上、焼き餅の香ばしさが絶妙でとても良い感じでした。本当に満足でしたね。

…でも実は、外出先ではぜんざいは全く頼まないんです。理由は甘ったるいと食べられないから。特に1人で出かけたときなんかは全く冒険はしません。口に合わないからと残して帰るのは嫌なので。本当はぜんざいの代わりにわらび餅を頼もうとしたんです。でもすでになくなったということであきらめざるを得なくて。それでも何かしらのデザートが食べたくて、ぜんざいに挑戦することにしたんです。夫もぜんざいは苦手だそうで、大はずれだったらどうしようか…と思っていたんです。用心のために店員さんに「とても甘いですか?」と聞いてしまったほどですから。その問いに店員さんも困った顔をしておられたんですが(^-^;;
それでも「そんなに甘ったるくないですけど…」という答えからぜんざいを頼むことにしたんですが、おかげで満足できるデザートがいただけることになりました。

お腹も心も満足して流々亭を後にし、折角だからと松尾寺を散策して帰ることにしました。松尾寺は西国三十三カ所のうちのひとつで、馬頭観音がまつられています。お堂の前には馬の銅像もまつられています。お煮そばとぜんざいで満足だった私はサラッと回っただけで終わりましたけど。

山の中腹にある松尾寺から少し歩くと近くの山々を一望できる場所がありました。山々の木々は若干の色づきが見られ、そろそろ紅葉も本番を向かえるんだなぁ…と思いながら眺めていました。

夫の仕事もまだまだ…ということで松尾寺からは自宅へ直帰。散策と往復で3時間ほどのプチツーリング。それでも私にとっては満足のいくツーリングでした。

機会があるならまたぜんざいを食べに行きたいなぁ…なんて思ってます(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です