写真の修正、できそうにありません(T-T)

先日、撮った写真の絞りがまずくて暗すぎる写真ばかり撮ってしまったとお伝えしました。そしてその写真は補正をかければ何とかなるだろうことも。でも実際に手を付けてみるとかなり無理があるような雰囲気が出てきました。理由は異常に暗すぎるからです。

暗い照明の下で絞りを開放したまま撮ったため、ほぼ真っ暗といって良いような写真ばかりを撮ってしまいました。それを修整するためフォトレタッチソフトを使ってガンマ補正だけですむと思っていたんです。そうして実際にやってみると確かに写真は明るくなるんです。と同時に鮮やかな色がすべて飛んでしまってなんだかモノクロの写真のようになるのです。

他の写真も同様の状態なので試してみたのですが、やはり明るくなるにつれて色の鮮やかさはなくなっていきます。ということはとどのつまり、『白飛びするほど明るすぎる写真の補正も無理だけど、全体がほぼ黒というほど暗すぎる写真もまた然り』ということでしょうか。というか、多分そうなんでしょう…。

そんな訳で折角撮った友人の結婚式二次会の写真はほぼ全滅です(T-T)
まぁ、ある程度は予想していましたが、これほどまでとは…という感じでかなりショックです。

もう写真撮影の教訓として

撮る前に 確認しよう カメラ設定(字余り…)

を死ぬほど肝に銘じておかねばと思いました。特に自分の趣味として撮る写真ではなく、人に対して撮ってあげる写真については。

……あまりのショックに寝込んでしまいそうです(-_-)
何のために撮ってたんだか……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です