WordPress 2.3における記事ごとのタグ一覧表示

今回、サーバーを引っ越すのとほぼ同時にWordPressをME 2.2から本家の2.3に替えました。これに伴って新しい機能『タグ』が使えるようになりました。早速使ってみることにしたんです。ウィジットを使ってサイドバーにタグの一覧はすぐに出せるようになりました。テーマのソースをいじって出す…なんてことをしなくてすむところはとても楽ちんです。

で、折角のタグを記事ごとでも出したくなったんです。でも使っているテーマには入っていないようでデフォルトでは表示されませんでした。そこで早速ソースを追加して表示させてみることにしたんです。

WordPress 2.3ではタグが標準で使えるということはタグを表示するための関数もあるはずと思い早速検索をかけてみました。
そうして見つかったサイトは『WordPressでタグのリンクを表示するthe_tags() | WordPress & Business メモ』です。

その関数は <?php the_tags(); ?> です。引数を設定せずに使用するとデフォルトでは『Tags:』が表示された後、記事に付けたタグの一覧が並びます。タグを設定しなかった記事では表示されません。

本来はthe_tags( 'A', 'B', ’C')で、それぞれそれぞれの引数は次のようになります。

  • A: タグ一覧の前に付ける文字列
  • B: タグを区切る文字(たとえば『,』とか『/』とか)
  • C: タグ一覧の最期に付ける文字列

たとえばタグAタグBタグCと設置した記事に対してタグの一覧を表示するため

<span class ="related">Tags : タグA, タグB, タグC.</span><br />

とHTMLソースとして書き出したいときは、テーマのソースの中の書き出したい場所に

< ?php the_tags('<span class ="related">Tags :', ',' ,'.</span><br />'); ?>

というコードを入れてやれば終わりです。もちろんタグの設置した記事のみで書き出されタグを設置していない記事では書き出されません。要するにタグの設置の有無をif()で判別して…という手間のかかることはしなくてすむという訳です。

WordPress 2.3を使っておられる方で記事にタグのリンクを表示させたいと思っておられる方は表示したいところにちょこっと入れてみてください。設置は比較的簡単ですから(^-^)

「WordPress 2.3における記事ごとのタグ一覧表示」への2件のフィードバック

    1. コメントありがとうございます!

      現在公開しているWordPressのバージョンよりも古い内容にもかかわらず、
      お役に立てたこと大変嬉しく思います 😀

      ちょっとしたことでもこうして記しておくと
      知らない間に誰かのお役に立つものなのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です