温泉でまったり

大阪府民牧場の後、友人達と30分ほど車を走らせた先にある京都・瑠璃渓温泉へ。国道173号から府道に入っていきます。その府道なんですが最初は片側1車線でそこそこ余裕だったのに進むにつれて車のすれ違いに苦労しそうなぐらいの道幅に。途中でそんな状況にも出会ったのですが何とかやり過ごすことができました。…といっても私はそん所での運転に自信がないので夫に任せっきりでしたが。

さて瑠璃渓温泉に着き、早速入浴料を支払います。ベーシックコースは700円。温泉と男女混浴(水着着用)とプールの楽しめるコースです。でもどんな楽しみ方をするか分からなかったのでそれより1ランク上のコース・1,000円にしました。こちらは3種以外にも寝ころびゾーンなども楽しめるようになっています。

早速受付で手続きをすると現在男女混浴・プールを利用するための水着のうち、男性用がすべて貸し出し中で予約が必要とのこと。そんなものがあることすら知らなかった私達ですから、水着なんて持参していないわけで……。でも折角みんなで来ているならと夫は予約することに。他の友人達は女性の友人はすぐに借りられたものの、男性の友人は1人だけ借りられました。彼の借りたものが最後の1枚だったようです。

そうして手続きを済ませた後、友人達とみんなでどうするのか相談。でも結局話がまとまらないまま更衣室に行くことに……。私達のアバウトさが前面に出てます(-_-;;

私達女性陣は温泉は最後にした方が良いねということで、水着に着替えて早速プールへ。友人は子ども連れだったんですが、見てみると少し大きめのレンタル水着を着ています。事情を聞くと誰であろうと水着を着ていないとプールと混浴状を入れないそうなんですが、レンタル水着のサイズがあるサイズからしかなかったとのこと。まぁ、当の本人はさほど気にならないようなので…。

男性陣は水着の予約がまだのようなので早速プールに行ってみることに。暫くプールで楽しんでいましたが、すぐに体が冷えてきて逃げるように出ました。

続いて男女混浴場で体を温めることに。入ってすぐは体が冷えていたこともあり結構熱く感じたんですが、慣れてくるとなかなか良い感じに思えました。暫くすると水着が回ってきた男性の友人達も合流。こちらは露天風呂もあり、いろいろ回ってみんなでそれぞれに楽しんできました。

実は引っ越す前にバイクでここまで夫と来たんですが、そのときはあまりの人の多さに温泉にはいるのを断念。でも水着で混浴場に入れるならあのとき入っていれば良かったねと夫と言っていました。

その後は女性専用の温泉で体を洗い温まって終了。トータル2時間から3時間ほどのんびり過ごしてました。すでに時間は18時前。もし帰るとなると私達と友人達はここから逆方向。ということで折角なのでここで夕飯を食べることにしました。

そうして友人達との会話に花を咲かせること1時間半ほど。19時半頃には瑠璃渓温泉を後にしていました。友人達と遊んだのがあまりに久しぶりだったためか、かなりはしゃいでいたようで帰りの運転は夫に任せてほとんど寝ていました。引っ越してから夫以外の人と遊びに行く事なんて全くないから余計でしょうか(^-^;;

久しぶりに思い切り楽しめた1日になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です