2人で海の見えるおしゃれなカフェへ(兵庫県・久美浜湾ツーリング)

昨日、久しぶりに夫と2人で遠出してきました。今回は車ではなくバイクで。どこへ行こうか思案したあげく、以前に私が1人で行った久美浜にあるおしゃれなカフェレストラン・Reception Gardenにしました。おしゃれで美味しいんですが、その分高い…。

でもどうしても夫と一緒に行きたかったんですよ。どうしてもバイクで遠出したかったので半ば強引にそのカフェに決めて出かけることにしました。

休日となるととたんにお寝坊になる夫を起こし、簡単な朝食を済ませて準備をするとすでに10時半。バイクで出かけるのに最も問題になるのは私のバイク・Balius-IIの始動です。冷え切っているとなかなかエンジンがかからないんです。エンジンオイルを柔らかいものに替えてもらい、プラグをイリジウムプラグに替えてもらいしましたが、若干ましにはなったものの始動の難しさは相変わらず。夫のST250 Etypeのエンジンがすんなりかかるのをうらやましく横目で見ながらいろいろ試します。

最終的にセルスイッチを押してエンジンがかかりそうな気配があるところで徐々にチョークを引くと見事にかかってくれました。これで30分ほど時間を費やし出発は11時過ぎになってしまいました。

久美浜までは片道70kmほどあります。すでにガソリンが半分を切っていたので出発直後に給油。そして時間が時間だったので最短距離で行くことにしました。そこからまずは天橋立の方へ向かいます。由良川の河口付近にあるコンビニで休憩しようと思いましたが、夫もさほど疲れてないとのことで先を急ぐことにしました。

国道178号から国道312号に乗り、久美浜へ。途中の丹後大宮付近の道路沿いを見て地元にはこれほどお店が並んでないとうらやましく思い、山中の景色に癒されながら順調に進んでいきました。日向はさほど思いはしませんでしたが、日陰にはいると夏用グローブをした手にひんやりとした風が当たります。この風を感じたときに冬仕様の服装にしてきて良かったと思いました。ちょっと早いと思いましたが、冬用のジャケットとオーバーパンツを着用したんです。帰りにもし日が落ちて寒いと運転どころでなくなると思ったので。実は1年ほど前に別のところにバイクで行った際、遅くなって日が落ちてしまい寒さに震えながら帰ったんです。あまりに辛くて次の週には早速オーバーパンツを買いに行きましたけど。

そうして目的地のカフェに13時半過ぎに到着。すでにお腹の空き具合がピークに達していましたので早速カフェレストランに向かいました。席は好きなところへということだったので4人席にしました。ヘルメットはあるわ、荷物はあるわ…だったので。お昼も食べたいし、デザートも食べたかったので最も安い組み合わせのパスタの単品とデザートセットをにしました。ミニコース料理も良いのですが、それだけで2,000円弱もするもので……。パスタは夫がサンマのアラビアータ、私がブロッコリーとアサリのペペロンチーノにしました。外で食事をするときに魚介類を食べる機会があるときは可能なら貝類を頼むようにしてます。私は貝類は好きな方なんですが、夫が貝類は全く食べられないんで家では料理しません。貝から出る美味しいダシでさえ夫は顔をしかめてしまうんです。そんなわけで説明に「アサリ」と出たときにはすでにこのパスタにしようと決めてしまっていました。

パスタはアサリのダシとほどよい塩加減でとても美味しかったです。ブロッコリーも良い感じでした。パスタのゆで加減もGoodです。家では絶対作れない絶妙な加減です。夫も「この感じは家では無理」って言ってました。ちなみにサンマのアラビアータの方ですが、サンマをパスタに使うなんて発想は思いつかない夫は言ってました。アラビアータと言うだけあって結構な辛さだったようです。なお、私は辛いものがダメなので試食も遠慮しておきました。

さて、デザートは栗のロールケーキとシフォンケーキを頼みました。栗のロールケーキは私、夫はシフォンケーキです。栗のロールケーキは黄色い普通のスポンジケーキに栗のクリームを載せて巻いたものです。栗のクリームはとても濃厚で思いっきり「栗」を主張していました。だからといってしつこいわけではなく、やたらと甘いものっていうものが無理な私にもさっくり食べられました。
夫の頼んだシフォンケーキはアールグレイのシフォンケーキでした。このシフォンケーキはアールグレイとココアから選ぶことができます。夫はココアが苦手なので必然的にアールグレイに。運ばれてきたシフォンケーキを見て2人で目を丸くしてしまいました。
というのも、その大きさにびっくり。ロールケーキがお皿の真ん中にお行儀よく載っているとしたら、シフォンケーキはお皿に横たわっているといった感じです。シフォンケーキの横にはたっぷりのホイップクリームとストロベリーソースが添えられています。夫に分けてもらって食べましたが、シフォンケーキだけあって見た目以上ににあっさりさっぱりでした。ホイップクリームもソースも甘さ控えめでシフォンケーキの味をつぶしていません。ひとつ失敗したと思ったのはケーキを夫と交換すれば良かったなぁ・・・と思ったこと。私はあっさりが、夫は濃厚なものが好みなので。

そうしてのんびりした時間を過ごすとすでに15時を回ってしまいました。できることなら久美浜まで来たので他にも寄りたいと思っていましたが、時間が時間なので帰路に就くしかない感じです。都心と違って道路に据え付けられている外灯は心許ないですからね。でも来た道をそのまま帰るのは嫌だったので少し遠回りをして帰ることにしました。国道312号から国道428号、国道9号、国道175号と国道ばかりを通って帰ることにしました。というのも、ガソリンがそろそろ危なそうだったので。

秋の日はつるべ落としとはよく言ったもので、日がかげり始めたと思うとどんどん暗くなっていきました。それでも景色を楽しむにはまだ充分でした。山の集落の間を抜けながら山間の景色を楽しみながら帰ります。それでも国道9号に乗る頃にはもうほとんど真っ暗。後はまっすぐお家に向かうだけです。でもやっぱり心許ない外灯の下を走るのはバイクのライトの光量では結構厳しいです。なんと言っても一番怖いのはカーブにはいるとき。何せバイクのライトではカーブの先が全く見えないんですから。安全運転を心がけつつ規制速度相応のスピードで入りましたが、それでも後ろには車の列を作ってしまっていました。だからといってスピードを上げるのも抜かしてもらうのもなかなか危険な気がしたので気にせずに走ることにしました。変なことをして事故を起こすのなんてつまらないですからね。

そうして18時半頃に無事帰宅。冬用装備で出かけたおかげで寒さに震えることなく帰ってきました。今回は2人で行ったと言うことでおみやげはなし。強いて言えば2人で出かけた思い出がおみやげです。夫も久しぶりに遠出して楽しかったっと言ってくれました。

できればもう少し早く出かけていろいろ寄りたかったんですが、それはまた次のお楽しみに取っておきます。でも、まずそれをしたかったら夫のお寝坊を何とかしないとダメかも知れません(^-^;;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です