夢なら良いのに

夢なら良いのに……と思うことがあります。もしかして本当はそんなことがなかったんじゃないかと思うのです。どこかで見ていた夢の中の出来事だったんじゃないかと。そう思っていたときに不意に現実であることを突きつけられると多少のショックが戻ってきます。そして思うのです。

「夢なら良かったのに……」

と。

先日、たまたま夫の「パンドラの箱」を開けてしまいました。もちろん夫には開けてしまったことを言っていません。そこにあったひとつの証拠。それを見ると「あぁ、やっぱり夢ではなかったんだなぁ…」と。そして夫は夫でやっぱり辛いんだろうなぁと思いました。

傍らにいる夫はそんな素振りは微塵も見えないんですけど、私が寝てしまった後など私の見えないところではどんな表情でどんなことを考えているのだろうかと思ってしまいます。私に心配をかけまいとしているのか、単に自分自身が向き合えるようになるまで逃げているのか、私に見せている夫の態度からは見えてきません。…私の見る目がないんでしょうかね?(-_-;

突きつけられた「証拠」に対してショックではありましたが、だからといって夫に対してどうこう…といったことは出てきていません。ある意味、自分の中で「終わったこと」と納得してしまっているのでしょうか。でもやっぱり思ってしまいます。「これが夢であれば良かったのに……」と。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です