大波乱の末

前回のお出かけの時、びっくりするような状態になりました。私にもそんな状態になるなんて夢にも思っていませんでした。もうただただ驚きしかありません。でも最終的には落ち着く方向になりそうです……。

結局は当事者だけでなく、当事者の両親を巻き込んだ形になってしまいました。でも私はあくまで遠巻きという形を取りました。それは相手方の気持ちを逆撫ですることになりそうだったから。そして私がその場にいるすべての人の気持ちを一瞬で察してしまって、ただただ涙するしかない状態になってしまうのが分かってしましたから。本来なら当事者として出てもおかしくないと言われはしましたが。当事者として発狂してもおかしくない状態とも言われましたが(-_-;;

でもお互いのご両親が出てきたおかげで泥沼化は回避できる目処は付きました。このまま収束に向かえば、の話ですけれど。
当事者とそのご両親の誰かが何らかの形で蒸し返さなければ。私はもう早く一段落して平穏に暮らしていきたいんですけど、それを許してはくださらないのでしょうか…という気持ちがあります。無論、今回のことを忘れて、ではなく今回のことを糧にして、です。

実は前回ここに綴った気持ちを夫にぶつけました。夫はそのまま何も言わずに受け止めてくれました。夫も夫が思っていたことをぶつけてくれました。私も夫の気持ちをそのまま受け止めました。夫が気持ちを素直に話してくれたことがとても嬉しかったです。
そして2人で一緒に泣いてました。

これで私たちはまた一緒に人生を歩いていけそうな気がします。自分が人の気持ちを汲もうと努力できる人で、人に対して恨みや妬みを持とうとしないように努力できる人間で本当に良かったと思いました。そんな人間じゃなかったら、いろいろな意味でたぶん崩壊していたと思います。大切な人を無くしてしまっていたと思います。

今はまだつらい状態が続いてますが、それでもまた一歩ずつ前に進んでいこうと思います。大切な人に巡り会わせてくれてありがとうと感謝しながら……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です