メーラー 「Shuriken」 の終了時に出るエラーを解決したお話

夫は普段 Justsystem の Shuriken 2014 というメーラーを使っています。

先日、ちょっとしたアクシデントでメーラーを以前のバックアップからリストアしたのですが、その後からメーラーの終了時に次のようなエラーを示すが出るようになりました。

フォルダ一覧のツリーの状態を保存することができませんでした

何でこのエラーが出るのか分からず、グーグル先生にお聞きしたら答えてくれた情報はたった1つ。某大型掲示板の過去ログのたった1つのスレッドに書き込まれた情報。

その情報によると、バックアップを取って CD-R など読み取り専用の媒体に保存した後、それをリストアする際に読み取り専用の媒体から直接リストアすると出るエラーとのこと。さらには別の人の書き込みにて、ファイルサーバーに保存したバックアップに直接アクセスしてリストアしたことでエラーが出るようになったという情報も。

それを回避するにはバックアップデータを読み取り専用媒体から HDD にコピーして、読み取り専用状態を解除してからリストアする必要があるそうです。

…そういえば今回メーラーのデーターをリストアするとき、 NAS に保存したバックアップデータから直接リストアしたなぁと。

そんなわけで改めてバックアップデータをリストアするパソコンの HDD にコピーして、そのコピーからリストアしたところ上に示した内容のダイアログが出ることなく終了しました。

エラーが出る状態になってから解決法が分かるまでの間にはすでに受信したメールがあったため、その受信メールデータを消したくないが為にエラーが出る状態でバックアップした後にそのデータでリストアしたら解決するかと思ったのですが、残念ながら1度エラーが出る状態になってしまうとその状態でバックアップとリストアを実施してもエラーは解消しませんでした。

幸いなことに、別のパソコンでも Shuriken 2014 を使ってメール管理をしていて、そのパソコンでは上記のエラーは出ていなかったので、そのパソコンでバックアップを取り、バックアップデータをリストアするパソコンへコピーしてからリストアしたところエラーを示すダイアログが出ることなく終了するようになりました。

この結果から、どうやらエラーになる状態のデータまでもバックアップされるようです。

ということで、このエラーを出さないようにするには以下の4つの条件をすべて満たしておかないといけないようです。

  • エラーが出ていない状態で作成したバックアップデータを使用する
  • リストアしたいバックアップデータを予めリストアするパソコンの内蔵 HDD か SSD に保存しておく
  • リストアする前に内蔵 HDD か SSD に保存したバックアップデータの読み取り専用状態を解除しておく
  • リストアするときは内蔵 HDD か SSD に保存したバックアップデータからリストアする

ちなみに参考にした某掲示板の過去ログは Shuriken Pro に関する書き込みで、今回解決したソフトのバージョンは Shuriken 2014 なので、他のバージョンの Shuriken でも同様に解決できるかと思います。もし同様の問題で悩んでおられるなら参考にしてみてくださいませ 😉

FirefoxでSSLプロトコルサイトが表示できなくなったら in Windows8

2012年10月末に発売されたWindows8ですが、2013年1月31日で優待価格での販売を終了するということで駆け込みで購入しました。そしてその勢いのまま、SSDに換装してWindows7で使っていたHP Compaq nc2400に個人設定ファイルだけ保持する形でインストール。

nc2400はWindows7の時点ですでにHPからのサポートは切られているのでドライバに不安がありましたが、Windows Updateのおかげで一通りのドライバはインストールされました。一部それでも解消しないドライバもありましたが、こちらもWindows Vistaのドライバで事足りました。

Windows8の使い勝手としては初めて触るWindowsと考えれば何のことはない感じです。巷では操作方法において批判的な評価が多いOSですが、Windows7よりスムーズに動いている感じがしますし、操作に慣れてしまえばWindows8も悪くないOSだと思います。

そして早速セキュリティーソフトとしてESET Smart Securityをインストールし、さらにいつも使っていたブラウザであるFirefoxをインストールしました。

…が、ここで問題が発生。Windows8にあらかじめ付属しているInternet Explorer (以後IE) なら問題なく表示されるサイトが、Firefoxでは表示されずに「接続の安全性を確認できません」というセキュリティーに関するエラーが出ることに。さらにはFirefoxの機能を拡張するアドオンをインストールしようとしても同様にエラーが出てしまいどうすることもできず…。

SSL_error-firefox.png

表示ができてるIEと何が違うのかと調べてみると、どうやらSSLプロトコルによるサイトが軒並み表示ができないようで、ESET Smart SecurityによるSSL証明書がFirefoxに入ってないせいでサイトの表示ができないと言うことがわかりました。(ちなみにFirefoxの公式サイトでもセキュリティーソフトの設定を疑ってみろとアナウンスされてます)

ということで、早速その対処法を備忘録的に記しておこうと思います。

続きを読む FirefoxでSSLプロトコルサイトが表示できなくなったら in Windows8

android用ウィジットアプリ・Fancy Widgetのスキン変更

私のXperiaのホーム画面では現在Fancy Widgetというアプリのウィジットをおいています。Fancy Widgetはandroid用ホームに設置する時刻・時計表示ウィジットアプリで、ネットワークまたはGPSから位置情報を取得して天気予報を取得してくれるので大変重宝して使っています。このFancy Widgetと似た機能を持ったアプリもあるのですが、有料だったり自動で位置情報を取得してくれなかったりと私の目に適ってくれなかったんですよ。

そのFancy Widgetは無料で提供されているものの、無料故の制約があります。その制約というのがウィジットとして表示させるデザイン、つまりスキンの変更についてで、無料版の場合は自分でスキンを作るか探すかした後で特定のフォルダーに入れてやるという手間が必要になります。

なお同じ作者さんが提供してくださっている有料版のFancy Widget Proは手間をかけることなく、アプリのメニューからスキンを取得できるようになっているようです(インストールして試していないので実際はどうなのか不明なのであしからず… :oops:)。

そしてこの記事の本題。Fancy Widgetのスキンはどうやって変更するのか?ということですが、次のような手順で進めます。

  1. Fancy Widget用のスキンを探すか作る。
    • 自作する場合はFancyWidget Skin Developer’s Guide (英語)を参考に作成。
    • 時刻表示用スキンならFancy Widgetの作者さんのサイトのうちFancy Widgetに関する記事にいくつか載っています。
  2. SDカード内に次に示した階層と同様になるようにフォルダを作成し、テーマごとでフォルダにまとめたFancy Widget用スキンをフォルダごと設置。
    • 時刻表示スキン用フォルダ設置場所: sdcard/android/data/fancywidget/clockskins/
    • 天気表示スキン用フォルダ設置場所: sdcard/android/data/fancywidget/weatherkins/
  3. Fancy Widgetのメニューから希望のスキンを選択する。

ここで残念なお知らせが。ここで投入したテーマですが、メニューにて表示できるスキン一覧には5つ分のテーマしか表示されません。あらかじめ使うであろうスキンを厳選してフォルダに保存することをお勧めします 😀

なお、ここに記載したスキンの変更はFancy Widget FAQにて詳細に載ってます(作者さんのサイトなので英語です)。より詳細に知りたい方はこちらでご確認ください 😉

PidginでYahoo! JAPANメッセンジャーに接続するための設定方法

Windows 7に移行してからメッセンジャーソフトとしてPidginというオープンソースのメッセンジャー統合ソフトを使っています。理由はそれぞれのメッセンジャーにあわせていくつもツールを常駐させておきたくなかったから。ただでさえ限られたメモリを同じようなツールで食われてしまうのは嫌だったのです。

ところが3月に入ってからネットに繋がるたびにPidginから

『Yahoo!メッセンジャーのバージョンが古いから最新のバージョンに変更してー。じゃないと3月末でメッセンジャーに接続できなくなるよー!』
(ごめんなさい、正確なダイアログメッセージを覚えていないのでニュアンスで… 😛 )

というダイアログメッセージが出るようになってました。そのダイアログがあまりにうっとうしいので解決方法を探してみたのですが見つからず、結局今日まで放置することになってしまっていたのでした。もちろん3月末からYahoo! JAPANのメッセンジャーには繋がっていなかったみたいです。

そんな状態でつい先ほどまで放置した状態だったのですが、「そういえばそんなダイアログが出てたけど、解決方法があるかしら…」とふと思い出してグーグル先生に聞いてみると解決方法をささっと教えてくれました。で、早速試してみたらYahoo! JAPANからはじかれることなく繋がるようになりました。やったー 😀

でもこの設定、どこかに書いておかないと絶対忘れてしまうと思うので、メモがてらに記しておこうと思います。ちなみにPidginのバージョンは現時点で最新の2.6.6Windows用)で、それに日本語周りの不具合を解消するために yaz さんが公開しているパッチを当てたものを使っています。

  1. Pidginを開いて『アカウント』→『アカウント管理』を開く。もしくは常駐しているPidginアイコンを右クリックしてメニューから『アカウント』を選択。
  2. アカウント一覧から『Yahoo! JAPAN』を選択して『変更…(M)』ボタンをクリック。
  3. アカウント編集ダイアログの『Advanced』タブを選択し、下記の部分について変更して保存。
    • ページャのサーバ: cs1.msg.vip.ogk.yahoo.co.jp
    • ページャのポート番号: 80
    • ファイル転送サーバ: filetransfer.msg.vip.ogk.yahoo.co.jp (ファイル転送も利用する場合)

上記の変更で今のところYahoo! JAPANメッセンジャーからはじかれることなく無事接続されています。…ただ、本当に問題なくメッセージのやりとりやファイルの転送ができるかどうかは分かりません。何せYahoo! JAPANメッセンジャーでやりとりする人がいませんので… 😳

解決方法の公開元は次のサイトから情報を得ました。また、このサイトでは yaz さん公開のPidginへの日本語不具合パッチを適応したPidginも公開されています。

Windows/Pidginをビルドしてみる – 電脳のツボ -別館-

Yahoo! JAPANメッセンジャーをPidginで接続したいけど繋がらないよーって人はこの方法を試してみると良いかもしれません。良かったら試してみてください 😉

HOLUX GPSロガーからGoogle MapsのマイマップへGPSログを反映

少し前にGoogle Mapsを見たところ、『マイマップ』というリンクを発見。クリックしてみると独自でマッピングが可能な上、Google Earth形式のファイルをインポートできる様子。HOLUXに付属のGPSログ取得ソフトからGoogle Earth形式ファイルが作れると言うことを思い出し、さっそくGoogle MapにGPSログを反映させてみることにしました。

まずはHOLUX製品に付属のezTourを使ってkmzファイルを作成します。方法としては

  1. GPSロガーからGPSデータを取得します。
    …この辺りはユーザーマニュアルを読めば簡単ですので割愛。
    HOLUXのサイトに日本語版マニュアルもありますから。サイト重いけど)
  2. 取得した位置情報を加工します。
    (たとえばある位置から自宅までの位置情報を消すとか)
  3. 一通り加工が済んだらezTourからGoogle Earth形式であるkmzファイルとして保存。

位置情報の加工が若干うっとうしいのですが、それ以外は手間もかかることなく終わります。

…でもezTourで作成したkmzファイルはGoogle Mapsではインポートしてくれません インポートしようとすると「このファイルじゃインポートは無理よん」ってGoogle Mapsさんにしかられます。

そこでkmzファイルが実はzip形式の圧縮ファイルであることを利用します。方法はこちら

続きを読む HOLUX GPSロガーからGoogle MapsのマイマップへGPSログを反映