普段使いのコップをタンブラーへ買い換えることに…

不慮の事故で欠けたカップ

先日、不慮の事故で大事にしていたカップが大きく欠けてしまいました。夫がカップを棚に直そうとしたときに手を滑らせて、置こうとしていたところの下の段にあった器の縁に落としてしまったとのこと。器同士がけんかした結果、カップの方が負けてしまったようです。…まぁ、厚みのある丼鉢が相手だったので負けても仕方ないかなぁ…と。

欠けてしまったこと自体には諦めることもできるのですが、欠けたカップには思い入れがあるんですよ。結婚に際して衣類などを持ち込むための衣装ケースなど備品を父と買い出していたとき、新居に自分のコップがないと話したら備品と一緒に父が買ってくれたものなんですよ。

そんな思い入れのカップなので欠けたところを補修して食器として再利用しようと考えて調べてみたら、補修箇所と補修材料によっては食器として使うことができないものもあるそうで…。

最もお手軽な方法は陶器用の補修パテを使う方法ですが、パテには有機溶剤が含まれているため食器には使えないとのこと(パテのパッケージにがっちり書かれてました)。じゃぁパテを使わない方法として調べてみたら日本古来からの補修方法である金継ぎという方法を見つけました。金継ぎとは漆と小麦粉などのつなぎと金粉を使って補修する方法なんですが、こちらも使う漆のよっては食器への使用はお勧めしないとのこと。

さら金継ぎについて調べてみたら食器用の漆はホビー用の漆より割高だということが判明。そして漆を固めるために温度と湿度を一定に保った室というものが必要な上に、漆が固まるのには最長10日ほどかかかり、漆を固めて行う行程が複数回あるため完了まで約1ヶ月かかるという…。金銭面と飽き性という性格から金継ぎによる補修も諦めることにしました。

となると、欠けたカップの代わりになる器が必要ということで、前々から気になってたステンレスタンブラーを買うことにしました。そのステンレスタンブラーというのがこれ。

ほかのステンレスタンブラーと違って縁が丸くなっていて飲むときに当たりが柔らかく、内側が光沢のある加工が施されているので入れた飲み物が映えるとの触れ込みの写真がきれいだったんですよ。もし何かで買う機会があるなら買いたいなぁと思ってたので今回のことを気に購入に踏み切ることにしました。

そうして届いたステンレスタンブラー。大きさが把握しにくいと思って、A6サイズの文庫本を横に置いて写真を撮ってみました。実際のところもう少し細身かと思っていたのですが意外と広口でがっちりした印象。でも真空断熱のためか見た目よりも結構軽く感じるので持ったときにふわっとした感じがするかもしれません。

ステンレスタンブラーと文庫本 (the Stainless Tumblar & A5 size Book)

そして普段よく飲んでる紅茶を入れてみたのが次の写真。触れ込み通りに紅茶の色がとてもきれいに見えます。牛乳などの透き通った飲み物を入れるのがもったいない感じですw

ステンレスタンブラーに紅茶を入れて (Tumblar of Tea)

実際に使った見た感想としては、冷たい飲み物は真空断熱のおかげで外側に結露もせず、そのおかげか冷たさも陶器のカップに比べたらしっかり保ってくれます。結露しないのでタンブラーを置いている周りが水で濡れることもないのがありがたい!

熱い飲み物に関してはタンブラーの口が広いためか陶器のカップとそう変わらない保温性能に感じました。蓋があれば熱い飲み物の保温性能は上がると思います。コーヒーチェーン店の紙コップについてくるような飲み口についた蓋がいいんでしょうけど、あれは飲み物によって火傷する危険性が高いんですよね…。特に紅茶のようなサラッとした熱い飲み物だと口の中が大やけど必至だったり…(すでに数回経験済み)。

使い勝手としては全くもって十分なタンブラーですが、残念な点が1つ。それはタンブラーの内側の溶接部分が製品ロットによって段差が顕著に生じてるところでしょうか。この段差のせいでよく洗っても茶渋が溜まってしまったりするんじゃないかと気が気でなく。まぁ、茶渋が溜まったら食器用漂白剤を使ってつけ置きすれば段差部分も苦労することなく除去できますけどね。

こうして新たに私の家の道具となったステンレスタンブラーですが末永く大事に使っていけたらいいなぁと思います。

…ところで欠けたカップはどうするのかってことですが、入手方法に思い入れのあるカップなので陶磁器用のボンドで欠けたところを接着して観葉植物か多肉植物の器にしようかと思ってます。現時点では補修だけして、植える植物の選定にすら至ってないのですが…。底に穴を開けないままでも長く楽に愉しめるものがいいなぁと思っているんですが、「これぞ!」って呼んでくれる植物に出会えなくて。植物個々と私との相性とかもあると思うので、こちらは気長に選定しようと思います 😀

ゆびさきトングという名の道具を使ってみました

先日、クレジットカードに貯まっていたポイントを消費するため、オークス株式会社が販売している ゆびさきトング なる商品と交換しました。主婦目線で作られた、手を汚さずに食材がつかめるという触れ込みの。朝のお弁当作りで下ごしらえや調理で肉や魚を触った後、手を洗う時間が勿体ないときがあるんですよ。特に油や粉で汚れた手だと洗うのに時間をとられてしまうので、それが何とかなればなぁ…と思っていたのです。

でも身銭を切って試すには少々勇気のいるところで、気にはなる物の買うにはちょっと…と思っていたんです。そんなときにクレジットカードの獲得ポイントがちょうど交換できるポイントに達していることを知り、そして何よりポイントの有効期限が迫っていたので物は試しと交換することにしたのですよ。

実際に何度か使ってみた感想はというと、確かに触れ込み通りに手を汚さずに食材をつかめます。想定通り、粉をつけた肉や魚を鍋に投入するときなんかは手に粉がつかずにすむので結構重宝します。またトングの先もそれなりに薄いので、ハムやベーコンなどの薄切りのものを1枚ずつつかむのもさほどストレスなく使えます。パンの上にハムやベーコンをのせてトーストするのには手を洗わずに次の作業に移れるのでありがたいです。

…が、先が尖ってはいないものの鋭角に加工されているので崩れやすい食材では神経を使います。たとえば鯖の切り身など身のほぐれやすい魚など。またつかむ場所が面ではなく点に近いので、鶏のもも肉などの大きく重たい食材になるとつかんで移動させるのも少し工夫がいります。感じとしては箸の細い面でつかむよりは多少マシなのかなぁといったところでしょうか。

そして「指の代わり」という紹介ですが、私の感覚としては指の代わりというのは言いすぎかなぁと。指先でつかむことに比べたら、このトングでつかむために効率よくつかむには…と少々頭を使います。思ったようにつかめなかったときなんか、ちょっとイラッとしてしまったり。自分の指なら食材の触感もあって、ほぼ直感で食材をつかめますからねぇ 😆

でもまぁ、当初の目的である 手を極力汚さずに次の作業に移れる ということは達成できる代物ですから、私としては充分な機能を持っているかなぁ…といったところです。この満足感はもしかするとクレジットカードのポイント交換で得た道具だからかもしれませんけどね…。

スノーモトに挑戦してきました

先週末に夫が職場の人とスノーボードに行くことになり、リフトに乗るための人数合わせという口実の下、なぜか私も誘われてしまう形でゲレンデへ繰り出すことになりました。

以前に夫とゲレンデに行った際にはスノースクートに挑戦しましたが散々な経験となり、今度こそとスノーモトがレンタルできるところなら…と言ってたところ、何とか私を連れ出したい夫は該当するゲレンデを探してきました。そこまでされてしまったのなら断る理由がなくなるというわけでついて行くことになったのです。

そうなったのならスノースクートのような思いをするのは嫌なので、もう一度きちんと乗り方を勉強しようと Youbue の動画で勉強…。この動画が私にとって分かりやすくて助かりました。

そうして挑んだスノーモトですが、私個人の感想としてはスノースクートより断然扱いやすく感じました。

まずはスノーモトを借りたレストハウスの近くの緩斜面で上記で紹介した動画を思い出しながら基本の乗り方に挑戦。以前に挑戦したスノースクートに比べたら、ブレーキやターンに必要なリアボードのスライドが思い通りに操作できました。変にハンドルをこじることもなく、無理矢理リアボードをスライドさせようと力む必要もなく。もうこれだけで「もっと滑ってみよう」と思わせてくれるわけですよ。

そうして力量に合う緩斜面で経験をコツコツ積み、自信がついたところでコースを下まで滑ってみたのですが結果は撃沈 😆
コース内には思った以上の急斜面が存在する上にコース上には様々なレベルのボーダーやスキーヤーがいて、初心者の私には急斜面でのスピードの制御も人々の間を自由自在に縫って滑る技量もまだまだ。コースに出た以上は下まで行かざるを得ませんから横滑りでぼちぼち滑っていくことになりました。

それならと言うことで初心者コースへ繰り出したのですが、細めのコース上の真ん中ででじゃれながら立ち往生してるボーダーさんがいたり、明らかに初心者ではないボーダーさんが猛スピードですり抜けてきたり。それも力量ぎりぎりの傾斜の斜面で。思い通りに滑ることがかなわないままコースを終了することになり、時間の都合もあったせいで消化不良のままスノーモト体験は終了となりました。

以前に体験したスノースクートの状態が悪くスノーモトの状態がよくて滑りやすかったのか、元々スノースクートとスノーモトとの間にある違いのせいなのかは分かりませんが、私が経験した結果としてはスノーモトの方が思い通りに操作ができて楽しかったです。もし次回があるなら次もスノーモトで経験を積みたいと思ってます。

最終的には夫のスノーボードについて行けたら良いなぁと思います 😀

…あ、ちなみにスノースクートの乗り方も上記の動画を公開してる方が同様に公開されています。よかったらこちらもどうぞ 🙂

室内物干しを買いました

車のウィンドーガラスの表面が凍りようになり、今日は初雪も観測されたということで、京都北部も本格的な冬が到来しようとしています。日本海に面していることもあり雪が積もる地域の1つであり、冬場は洗濯物の干し場に困ることが多々あります。

これまでは脱衣場にあるカーテンレールを利用して洗濯物を干していたんですが、脱衣場が狭いこともあって洗濯物が多いと結構大変なことになるんです。で、あまりに我慢ができなくなって、ついに室内物干しを買ってしまいました。

実は今住んでるところに越してくる前に1度室内物干しを買ったことがあって、その室内物干しがあまりにひどかったのです。購入元は当時住んでた地域にあるホームセンターで、購入者が部品を組み立てる形のもの。部品はアルミのポールにプラスチックの部品をネジで留めていって組み立てていくものでした。自分ではしっかり作ったつもりだったのですが、2年ほどでガタガタになってしまって引っ越しの時に捨てることになってしまいました。

それからしばらくは室内物干しのお世話になることもなかったのですが、冬になって外に干せない時期になって改めて室内物干しが必要だと思いました。が、1度失敗していることから買うのを躊躇っていたんです。ところがある日の通販番組でたまたま見つけたんですよ、良さそうな室内物干しを。

それがこの、大木製作所の室内物干しです。

続きを読む 室内物干しを買いました

スノースクートに挑戦してきました

昨日、夫のスノーボードにつきあう形でスキー場に行ってきました。夫はスノーボードの用具一式を持っているのですが、仕事の都合もあってなかなか行けていない状態でした。そんな夫にもようやく暇ができたと言うことで行ってくることにしたのでした。

…が、私はあんまり乗り気ではないのです。というのも、スキーもスノーボードもほとんど滑れないから。スキーならまだ中学の頃に学校から行ったスキー教室のおかげで敷居は低いのですが、スノーボードは全くしたいという気にはなりません。その理由は1枚の板に両足ががっちり固定されているという状態が正気の沙汰に思えないから。どう見ても危険回避ができそうな気がしないのです 😛

それでも夫につきあってスキー場に行く以上、何もしないわけにはいきません。そこで見つけたのがスノーモトというもの。何でも雪上自転車とも呼ばれることがあるそうで、バイク乗りなら取っつきやすいとの情報を得ました。そこでスノーモトのレンタルを取り扱っている、最も近いスキー場・ハイパーボウル東鉢に行くことにしたのでした。

実は前日まで行くかどうか迷っていたので、スノーモトのレンタルの予約をすることなくスキー場に行ったのですが、休日ということもあってスノーモトのレンタルは到着時にはすべて出払ってしまってました。仕方なしにスノーモトによく似たスノースクートというものを借りることに。ウェアも何も持っていないので、一式を借りてゲレンデに繰り出しました。

続きを読む スノースクートに挑戦してきました