つゆに卵が美味しかったです(兵庫県豊岡市・出石ツーリング)

出石城

ほぼ1ヶ月ぶりに夫とツーリングに行ってきました。場所は兵庫県豊岡市出石町。皿そばで有名な出石です。でも実は当日になっても行き先が決まってなかったんですよ。家にあるドライブやツーリングを特集した雑誌を眺めたりして、出石で皿そばを食べて豊岡のコウノトリの郷公園近くでカフェによって帰る予定にして出発。朝早く出かける予定が結局10時半を過ぎてからの出発になりました。

続きを読む つゆに卵が美味しかったです(兵庫県豊岡市・出石ツーリング)

調子は良いようです

丹波篠山 田んぼのある風景

昨日、久しぶりにバリオスで遠出をしてきました。出来たら朝早く出かけてかなり遠いところまで行きたかったんですが、お弁当を作ったり洗濯していたりしたら結局10時を回ってしまいました。そこで片道2時間程度で行けるところとして丹波篠山の方へ行くことにしました。…特にこれと行った明確な目的はなかったんですが、ツーリングマップルの最初の方に載っていた追手神社の写真が少し気になったんですよ。そこで持っていったお弁当を食べて戻ってくることを目的にしちゃうことにしました。

経路としては自宅から京都府福知山市に抜けて国道175号と国道176号を経由していくことにしました。というのも追手神社が国道176号から1本外れた道沿いにあったからです。…結論的にはそこに寄ることすら出来なかったんですけどね。

続きを読む 調子は良いようです

買っちゃいました、My箸

携帯用箸 膳 ZEN

とうとう買っちゃいました、My箸。少し前に買いたいなぁ…とは思っていたのですが、なかなか踏ん切りが付かなくて。というのも、お弁当用のお箸をもているから。実家にいるときから愛用しているお箸なのです。が、人より手が大きい私にはお弁当用のお箸は短くて、『My箸』としてはちょっと使いづらいと思ったものでして。

それ以外にはほぼ毎週末には何らかの外食をしているので、そのたびの割り箸を使うのが何となく寂しいというかなんというか。だって割り箸って1度使えばゴミで、使い回しできないじゃないですか。それが勿体ない気がしてしまって。だからといって『割り箸』を洗って使い回しされるのもちょっと…って感じですけど。あぁ、ちゃんとした箸を洗って使っておられる場合は全然OKですよ。そこまで潔癖じゃないですから。

ということで、次の点を考慮しながらネットで探してみました。

  1. オールステンレス製
  2. ある程度の長さ(20cm以上は欲しいところ)
  3. 携帯したいから上下が分離できる
  4. 分離したまま収納するタイプ
  5. ケースはぬのじゃないようが良いかな…
  6. 箸置きがあるならなお良し

これがなかなかないんですよねー。結構いろんなところを探索しました。そうして探し当てたのが 大一アルミニウム製作所携帯用箸 膳 ZEN でした。見つけたのは数ヶ月前なんですけどね。そうして購入したのが今日到着したんです。基本嬉しがりの私ですので早速中身を拝見ー。

続きを読む 買っちゃいました、My箸

ギャラリー喫茶『風音』を求めて

京都府道9号の景色

引っ越してきて1年ちょっと経ちました。家の近所では何があるかはある程度分かるようになってきましたが、買い物先でのお昼ご飯やお散歩ツーリングなど、ちょっとしたお出かけを目的にするととたんに何があるか分からなくなってしまいます。特に雰囲気の良いカフェとか、手軽で美味しいお店とかになるともうお手上げです。

そこでちょっとしたお出かけの際にお世話になっているのが『ヴェステンフルスのお部屋』というブログです。最初は日記として公開していたそうですが、最近は北近畿、特に京都北部を中心に食べ歩いたお店とその感想を写真を交えて紹介しておられます。地方都市となるととたんに情報が出てこないことが多い中、こういうサイトがあるのはとても大助かりです。
(見つけたのはそういう検索に長けている夫なんですけどね)

で、折角の連休だしバイクを全く動かさないのは勿体ないとなり、夫が行きたいと言ったギャラリー喫茶『風音』に行くことにしました。写真では田んぼの中に佇む喫茶店という感じです。でもただまっすぐにこのお店を目指すとすぐに着いてしまうので雰囲気の良い道を通って宮津へ遠回りしてから向かうことにしました。

続きを読む ギャラリー喫茶『風音』を求めて

写真の修正、できそうにありません(T-T)

先日、撮った写真の絞りがまずくて暗すぎる写真ばかり撮ってしまったとお伝えしました。そしてその写真は補正をかければ何とかなるだろうことも。でも実際に手を付けてみるとかなり無理があるような雰囲気が出てきました。理由は異常に暗すぎるからです。

暗い照明の下で絞りを開放したまま撮ったため、ほぼ真っ暗といって良いような写真ばかりを撮ってしまいました。それを修整するためフォトレタッチソフトを使ってガンマ補正だけですむと思っていたんです。そうして実際にやってみると確かに写真は明るくなるんです。と同時に鮮やかな色がすべて飛んでしまってなんだかモノクロの写真のようになるのです。

他の写真も同様の状態なので試してみたのですが、やはり明るくなるにつれて色の鮮やかさはなくなっていきます。ということはとどのつまり、『白飛びするほど明るすぎる写真の補正も無理だけど、全体がほぼ黒というほど暗すぎる写真もまた然り』ということでしょうか。というか、多分そうなんでしょう…。

そんな訳で折角撮った友人の結婚式二次会の写真はほぼ全滅です(T-T)
まぁ、ある程度は予想していましたが、これほどまでとは…という感じでかなりショックです。

もう写真撮影の教訓として

撮る前に 確認しよう カメラ設定(字余り…)

を死ぬほど肝に銘じておかねばと思いました。特に自分の趣味として撮る写真ではなく、人に対して撮ってあげる写真については。

……あまりのショックに寝込んでしまいそうです(-_-)
何のために撮ってたんだか……。