メーラー 「Shuriken」 の終了時に出るエラーを解決したお話

夫は普段 Justsystem の Shuriken 2014 というメーラーを使っています。

先日、ちょっとしたアクシデントでメーラーを以前のバックアップからリストアしたのですが、その後からメーラーの終了時に次のようなエラーを示すが出るようになりました。

フォルダ一覧のツリーの状態を保存することができませんでした

何でこのエラーが出るのか分からず、グーグル先生にお聞きしたら答えてくれた情報はたった1つ。某大型掲示板の過去ログのたった1つのスレッドに書き込まれた情報。

その情報によると、バックアップを取って CD-R など読み取り専用の媒体に保存した後、それをリストアする際に読み取り専用の媒体から直接リストアすると出るエラーとのこと。さらには別の人の書き込みにて、ファイルサーバーに保存したバックアップに直接アクセスしてリストアしたことでエラーが出るようになったという情報も。

それを回避するにはバックアップデータを読み取り専用媒体から HDD にコピーして、読み取り専用状態を解除してからリストアする必要があるそうです。

…そういえば今回メーラーのデーターをリストアするとき、 NAS に保存したバックアップデータから直接リストアしたなぁと。

そんなわけで改めてバックアップデータをリストアするパソコンの HDD にコピーして、そのコピーからリストアしたところ上に示した内容のダイアログが出ることなく終了しました。

エラーが出る状態になってから解決法が分かるまでの間にはすでに受信したメールがあったため、その受信メールデータを消したくないが為にエラーが出る状態でバックアップした後にそのデータでリストアしたら解決するかと思ったのですが、残念ながら1度エラーが出る状態になってしまうとその状態でバックアップとリストアを実施してもエラーは解消しませんでした。

幸いなことに、別のパソコンでも Shuriken 2014 を使ってメール管理をしていて、そのパソコンでは上記のエラーは出ていなかったので、そのパソコンでバックアップを取り、バックアップデータをリストアするパソコンへコピーしてからリストアしたところエラーを示すダイアログが出ることなく終了するようになりました。

この結果から、どうやらエラーになる状態のデータまでもバックアップされるようです。

ということで、このエラーを出さないようにするには以下の4つの条件をすべて満たしておかないといけないようです。

  • エラーが出ていない状態で作成したバックアップデータを使用する
  • リストアしたいバックアップデータを予めリストアするパソコンの内蔵 HDD か SSD に保存しておく
  • リストアする前に内蔵 HDD か SSD に保存したバックアップデータの読み取り専用状態を解除しておく
  • リストアするときは内蔵 HDD か SSD に保存したバックアップデータからリストアする

ちなみに参考にした某掲示板の過去ログは Shuriken Pro に関する書き込みで、今回解決したソフトのバージョンは Shuriken 2014 なので、他のバージョンの Shuriken でも同様に解決できるかと思います。もし同様の問題で悩んでおられるなら参考にしてみてくださいませ 😉

Windows RE パーティションのアンマウント

事の発端は夫が外付けHDDの設定やフォーマットをパソコンで実施して電源を落としてから。それまでは何でも無く動いていたものが、その後電源を入れるとWindowsが立ち上がらず、真っ黒な画面に

Boot Device Not Found
Please install an operating system on your hard disk.
Hard Disk (3F0)

という無機質なエラーメッセージが出るように。最初は何が悪いのか分からず、UEFI 設定画面に入るために再起動してショートカットキーで入って設定を一通り確認するも問題になりそうな項目はなし。UEFI 設定画面からエラーチェックができると言うことで実施してみるも、そんなことで改善せず。本当に大いに焦りました…。

幸いなことに Windows10 が動作しているパソコンがもう1台あって、夫はそれで仕事をしつつ、私は私で解決方法を調べてました。状況的にはクリーンインストールやむなしという感じでしたが、できることならサルベージしたいじゃないですか。インストール後のアップデートも使っているソフトの再インストールも時間がかかりますし、何よりパソコンの内蔵HDD内に貯めたデータを取り出せるのなら取り出したい!

…というわけで、問題なく稼働するもう1台のパソコンを利用して Windows10 のインストールメディアを Microsoft からダウンロードするところから始まり、それをDVDに焼いて起動しなくなったパソコンに挿入して再起動…。DVDから起動させた後「今すぐインストール」を選択せず、そのすぐ下の表示される「このコンピューターを修復する」という項目から「スタートアップの修復」を選択することで無事に起動するようになりました。HDD内に残したデータも問題なくアクセス可能! 万々歳!!

…と思ったのですが、その後でエクスプローラからPCの項目を確認すると見覚えのないドライブが2つ確認できるように。そのうちの1つに WINRE という名前がついてました。また、「ディスクの管理」からパーティションを確認してみると表示されているドライブの他に未割り当て領域も確認。いったいどうなってるのかと軽くパニック状態に。

どういうことよとグーグル先生に聞いてみたところ、未割り当て領域は Microsoft 予約パーティション (MSR) のなれの果てのようだということが、また見覚えのないドライブは Windows 回復環境 (Windows RE) が入っているパーティションでパソコンが正常に起動しないときの回復用のデータだと言うことが分かりました。

MSR はUEFI/GPT ベースのハード ドライブ パーティションやグーグル先生の情報を参考に、未割り当て領域を MSR 領域に指定するだけで解決。至極簡単な作業で修復できました。

で、問題となったのは Windows RE パーティション。こちらもグーグル先生に教えを請うたところ…

続きを読む Windows RE パーティションのアンマウント

Windows8 を NJ2100 にインストール

夫の盆休みに合わせて夫の実家にやっかいになりながら、自分の実家へ顔を出したりして過ごしてました。

そのついでに夫の実家の事業で使っているパソコンを買い換えることに。ちょうど5年前に買ったパソコンの OS が Windows XP のため、サポートのことを考えてのことです。パソコンの不具合について自ら解決できるご両親なら良かったのですが、それが難しいので相応のスペックのメーカー製パソコンを買って入れ替える形で Windows 8 を設置してきました。

そうして新しいパソコンに取って代わられる形でお役御免となったパソコンは、私たちの家に引き上げて Windows 8 をインストールして使うことにしました。というのも調べてみると Windows 8 が問題なく動くことが分かりましたし、グラフィック能力を除けば家で最も古いデスクトップパソコンよりは能力は高そうだったので。そしてその計画の下、Windows 8 のキャンペーン価格が終わってしまう直前にあらかじめインストールディスクを買って準備しておりました。

さて、その引き上げてきたパソコンは EPSON NJ2100 という15.4インチのノートパソコン。簡単なスペックは次のような感じです。

  • CPU : intel Core 2 Duo T8300(2.4GHz)
  • メモリ : 2GByte
  • HDD : 80GByte
  • チップセット : SiS M672 + SiS968 Chipset
  • グラフィックス : SiS Mirage 3+ (チップセット内蔵)

続きを読む Windows8 を NJ2100 にインストール

Windows 8 に ATI Radeon Xpress 200 / X800 のドライバを入れました

前回の更新から1ヶ月以上放置した上での更新です… 😳

Windows XP に対するサポートが2014年4月に打ち切られることを前に世の中ではいろいろと対策が練られている昨今ですが、私の実家でも Windows XP 問題は考えねばならない問題となっています。で、以前に Microsoft が実施していた格安販売で手に入れてもらった Windows 8 のアップデート版を実家のパソコンにインストールしてもらいました。

…が、そのパソコン、既に発売元からのサポートが切れているため、自力で問題に立ち向かう必要が出てきました。といっても大半は Windows 8 と Microsoft Update のおかげでほとんど解決してしまいます。昔のように全てのドライバについて探し回る手間はないのがありがたいところ。

ですが、今回のパソコンではグラフィックボードのドライバが Microsoft が提供している汎用ドライバが適応されたため、ワイド版のディスプレイを使っていることも相まってグラフィックが荒い上にアスペクト比に問題が生じてました。…まぁ、ネットを見たり文章の処理をするのなら不具合はないのですが、気になったものをそのまま放置するのは嫌だったのでグーグル先生に聞いてみることに。結果、解決したので、どなたかの役に立てばと記事に起こしておくことにしました。良かったら参考にしてください 😉

今回、 Windows8 をインストールしたパソコンは HP dx5150 MT ベースのパソコン、ハード的に64ビット対応のものだったので Windows 8 も64ビットのものをインストールしました。

このパソコンのチップセットとグラフィックボードはそれぞれ次の通り。

  • チップセット : ATI RADEON XPRESS 200
  • グラフィック : ATI RADEON X800 128MB

この機器に対応したドライバを今回、機器の提供元である AMD から直接ダウンロードしてインストールすることで対応しました。その手順は次の通り。もし「私は64ビット版じゃなく32ビット版をインストールしたわ」という人は「64ビット」のところを「32ビット」に読み替えてもらえれば対応できるかと思います(ただし検証してませんので独自で判断してください)。

続きを読む Windows 8 に ATI Radeon Xpress 200 / X800 のドライバを入れました

EPSON Endeavor Na01-miniをオーバースペックに

以前にEPSON Endeavor Na01-miniへWindows7をインストールしたと報告しましたが、その後の使い勝手としては夫曰く、もっさり感があってしんどいとのこと。まぁ、メーカーが出しているメモリの最大容量が1GByteで、購入時点ですでに上限になってますからね。

そこで夫自らが調べたところ、メーカー公表値以上の値、いわゆるオーバースペックにはなるものの2GByteに増設しても問題なく動くとのこと。有名どころのBuffaloでもI-O DATAでもメモリ対応検索で調べたところ自社で検証して問題なしという記述でしたし。

でもここで素直にBuffaloやI-O DATAのメモリを買うのもお値段がイタいなぁ…と。そこで以前、私のパソコンのメモリを増設する際にお世話になった上海問屋でまたも購入。Windows7販売開始直後は売り切れていたのですが、確認したときには動作保証付きのメモリがちょうど取り扱われていたので即購入。週末に頼んだものが週があけてすぐぐらいに届きました。ちなみに買うべきメモリの型は PC2-5300 DDR2 533MHz SDRAM です。

で実際の取り付けですが、空きスロットはないので今付いているメモリと交換という形で増設することになります。静電気に注意する必要はありますがドライバー1本あれば簡単に交換可能。メモリが収まってる部分のふたを止めているネジをドライバで外してふたを開けてメモリを交換するだけ。もちろん交換したら元通りにふたを閉めて…。

その後は電源を入れてBIOSでメモリが認識しているかを確認。問題なく2GByteになっていて無事に認識完了。

メモリを交換してからはもっさり感もなくなってさくさく動いているそうです。やっぱりWindows7を動かすにはMicrosoftが必要なメモリ容量として公表している1GByteだと厳しいみたいです(32bitの場合)。

…もっと余裕のあるスペックで公表してくれたらいいのにと思うんですけどねぇ。