SIMフリー端末にてSPモードメールからドコモメールへ移行する

先日、夫のスマートフォンが壊れてしまいました。電源も入るし、物理スイッチはすべて反応するんですが、タッチパネルが完全に反応しなくなったという…。おかげで電源は入っているのに設定もアプリも電話もできないという機器に成り下がってしまいました。壊れた端末というのがdocomoのFOMA回線で、SPモードメールにしか対応していない、Xperia SO-01Bという端末です。

壊れた端末の代わりの端末ですが、いろいろな選択肢からFOMA回線である3G回線専用のSIMフリー格安スマホにすることに。キャリアに縛られることなく端末が選べる時代になるとは!

そこで困ったことが。SIMフリー端末でdocomoのメールを利用するにはドコモメールにする必要があるんですが、壊れた端末はSPモードメールにしか対応していなかったためSPモードメールのまま。FOMA契約のままSIMフリー端末を利用してSPモードメールからドコモメールへ移行する方法を調べたのですが、ぐーぐる先生によるとFOMA回線で使えるドコモメールに対応した端末を用意するか、ブラウザ情報をiPhoneに偽装してdocomoのお客様サポートへアクセスするか、という方法ばかりが出てきて…。

それでもめげずに検索すると、SIMフリー端末から特殊な設定をすることなくドコモメールが使えるように設定できると言うことが判明。これもSPモード回線がSIMフリー端末でも利用できるようになったおかげ。ありがたや、ありがたや!

SIMフリー端末からドコモメールが使えるように設定するには次の前提条件が必要です。いずれもSIMフリー端末は今や店頭やネット通販で手に入りますし、それ以外もドコモショップやdocomoのサイトに行けば手元に揃うはず。

  • docomo 回線に接続できるSIMフリー端末
  • SPモード回線で接続できるようにdocomoと契約しているSIMカード
  • SPモードパスワード
  • dアカウントの発行
    (発行は dアカウント から。ネットワーク暗証番号が必要です)
  • ネットワーク暗証番号 (設定時に聞かれることもあるので念のため)

そしてSIMフリー端末からドコモメールが使えるように設定する手順は次の通り。

  1. SIMフリー端末にSPモードのAPNを設定する
  2. SIMフリー端末にてSPモード回線へ接続する
  3. ドコモメールを利用できるように設定
  4. dアカウント利用設定を有効にする

ただし、この方法はドコモメールアプリを使用しないので、SPモードメールアプリからドコモメールアプリへアップデートした時のように、SPモードメールアプリに保存されているメールをドコモメールのクラウド上へ簡単にコピーすることはできません。(コピーしたい場合はパソコンとIMAPに対応したメールソフトが必要になります)

続きを読む SIMフリー端末にてSPモードメールからドコモメールへ移行する

android用ウィジットアプリ・Fancy Widgetのスキン変更

私のXperiaのホーム画面では現在Fancy Widgetというアプリのウィジットをおいています。Fancy Widgetはandroid用ホームに設置する時刻・時計表示ウィジットアプリで、ネットワークまたはGPSから位置情報を取得して天気予報を取得してくれるので大変重宝して使っています。このFancy Widgetと似た機能を持ったアプリもあるのですが、有料だったり自動で位置情報を取得してくれなかったりと私の目に適ってくれなかったんですよ。

そのFancy Widgetは無料で提供されているものの、無料故の制約があります。その制約というのがウィジットとして表示させるデザイン、つまりスキンの変更についてで、無料版の場合は自分でスキンを作るか探すかした後で特定のフォルダーに入れてやるという手間が必要になります。

なお同じ作者さんが提供してくださっている有料版のFancy Widget Proは手間をかけることなく、アプリのメニューからスキンを取得できるようになっているようです(インストールして試していないので実際はどうなのか不明なのであしからず… :oops:)。

そしてこの記事の本題。Fancy Widgetのスキンはどうやって変更するのか?ということですが、次のような手順で進めます。

  1. Fancy Widget用のスキンを探すか作る。
    • 自作する場合はFancyWidget Skin Developer’s Guide (英語)を参考に作成。
    • 時刻表示用スキンならFancy Widgetの作者さんのサイトのうちFancy Widgetに関する記事にいくつか載っています。
  2. SDカード内に次に示した階層と同様になるようにフォルダを作成し、テーマごとでフォルダにまとめたFancy Widget用スキンをフォルダごと設置。
    • 時刻表示スキン用フォルダ設置場所: sdcard/android/data/fancywidget/clockskins/
    • 天気表示スキン用フォルダ設置場所: sdcard/android/data/fancywidget/weatherkins/
  3. Fancy Widgetのメニューから希望のスキンを選択する。

ここで残念なお知らせが。ここで投入したテーマですが、メニューにて表示できるスキン一覧には5つ分のテーマしか表示されません。あらかじめ使うであろうスキンを厳選してフォルダに保存することをお勧めします 😀

なお、ここに記載したスキンの変更はFancy Widget FAQにて詳細に載ってます(作者さんのサイトなので英語です)。より詳細に知りたい方はこちらでご確認ください 😉

Xperiaでb-mobileを1ヶ月使用してみて

Xperiaにb-mobileSIMを適応してから1ヶ月以上経ちました。結論から言うとXperiaとD905iの2台持ちになったことが面倒だということ以外は特別問題なく使用することができています。

ただ1つ、強いて不便といえばandroidのスマートフォンでiモードメールの受信ができるアプリ・IMoNiの機能の1つ、『WAP PUSHによる追加チェック』という機能が使えないということ。どうもSIMに登録されている携帯番号が関係しているようで、docomoで契約した携帯番号が登録されているSIMを使用しなければWAP PUSHによる追加チェック機能は使えないようです(当たり前っていえば当たり前でしょうが)。…まぁ、D905iも使っている限りはD905iの方へプッシュでiモードメールが届く訳ですから別段不便という訳ではないですが 😛

また他のb-mobileSIM使用者の方もいわれているように、Google Mapなどの地図表示は少々遅いですが使用上で不便に感じることはありません。ついでに文字がメインのサイト表示やTwitterなど文字を中心とした通信では転送速度の遅さは気になりません。画像が多かったりするとさすがに表示が遅かったりしますが、そこは自宅などでWi-Fiを使って通信すれば良いだけの話ですし。

そしてb-mobileにして良かったのは比較的安価で気兼ねなく外でモバイル通信ができるということでしょうか。Xperiaで撮った写真をアップしたりfoursquareでcheck-inしたりメールの送受信したりと、どんなにデータ通信をしても通信費は1ヶ月2,980円固定ですから。金額を考えずにデータ通信ができるのはやっぱり気が楽ですね。

で、FOMAとb-mobileを使っての1ヶ月の全体の通信費は合計で4,500円ほど。簡単な内訳はこんな感じになりました。

  • タイプ・シンプル バリュー&パケ・ホーダイ シンプル(FOMA) : 1,550円ほど
  • b-mobileSIM(日本通信 b-mobile) : 2,980円

電話は受けることがほとんどという方や、かけてもファミリー割引の範囲内の人にしかかけない方にはもってこいのプランだと思います。iモードメールについては送受信先にかかわらず通信費無料ですし。ただし通話&iモードメールを使用するのにiモード専用機を使用する必要がありますけどね 😉

という訳で、XperiaのOSがバージョンアップしてb-mobileSIMが使えないということにならない限り、Xperia+b-mobileSIMとD905i+FOMAの2台持ちで運用していくことにしようと思います。できる限り通信費は抑えたいですからね。

今回のb-mobileSIMを使用してみて、できればdocomoさんに転送速度は低くて良いから安価なパケット通信費のプランも用意して欲しいなぁと思いました。…まぁ、パケット通信費として稼がないと利益がないでしょうから無理なお願いだとは思いますが…。

Xperiaをb-mobileで運用してみてます

この2ヶ月、Wi-Fiが使えない野外でXperiaを使いました。というのもfoursquareというSNSを利用するようになったから。

foursquareとはなんぞやと言いますと…。

  • GPSを使った位置情報を利用したSNSで、店や駅、公園というような訪れた場所にてcheck-inすることが大きな目的。
  • そのcheck-inの回数やcheck-inした場所に応じて様々なバッジが与えられる。
  • check-inした回数によってその場所の管理者(あくまでfoursquare上の)となることができる。
  • さらには友人登録した人とcheck-inしたという情報を共有したり、check-inした時間帯に他の誰がcheck-inしたかを知ることができる(こちらは設定で共有・通知しないようにすることも可能)。
  • ただしすべて英語で提供されている。

さらにはfoursquareでcheck-inしたことをTwitter上へもツイートすることができるそうで、おもしろそうだし早速始めてみようと。

…が、外に出て使うということは3Gによるデータ通信回線を使用するということになる訳で。それまではほとんど家に設置している無線LAN経由で使用していたこともあってパケット代・通話料も含めて通信費がが3,000円前後だったのですが、foursquareもするようになって3G回線も使うようになった途端7,000円超えの通信費となってしまったのでした 😥

この倍以上に跳ね上がってしまう通信費を何とかしたい…とネットの波に乗りながら模索していると発見してしまった訳です。b-mobileというものを。

続きを読む Xperiaをb-mobileで運用してみてます

携帯からの連絡フォームの利用で文字化けしてました…

今日の14時前ぐらいに私のブログの連絡フォームを通じて携帯から連絡をくださった方がおられました。アドレスからソフトバンクを利用してお送りいただいたようなのですが、残念なことにタイトルと本文が完全に文字化けしてました。

で、「もしかして携帯から送るとそうなるのか?」と、自分の携帯から送るとビンゴ! 携帯から送るとどうも文字化けしてしまうようでした。

そこで早速グーグル先生に質問。連絡フォーム用のプラグインとして『Contact Form 7』をしようしているのですが、これだけでは携帯から連絡フォームを利用して連絡してもらうと文字化けが発生してしまう模様で、プラグインのソースで携帯使用時は文字コードを変換して送るようにを改変してあげなければならないとのこと。面倒だなぁ…と思ってたところ、それに対応したモジュールを公開してくださってる方が居ました。そのリンク先はこちら。

icoro : Contact Form 7 2.0用の携帯対応モジュール ? その2

ちなみにこのモジュールを使用する場合はContact Form 7だけでなく、『Ktai Style』というブログを携帯に合わせて最適化して表示してくれるプラグインも必要です。反映方法は意外に簡単。モジュールのzipファイルを解凍して、Contact Form 7のフォルダの中にあるmoduleフォルダに放り込むだけ。反映させて自分の携帯からテストをして問題なく送信できていることを確認してます。

…そんな訳で携帯からの連絡フォームを利用した連絡も可能になってます。安心して携帯からお送りくださいね。

#連絡をくださった E a さん、もしよろしければコメント欄や連絡フォームを通じてご連絡くださいますようお願いいたします m(_ _)m